米津玄師の障害・病気は「自閉症」「うつ病」だった!驚きの両親との関係とは? エンタメ

米津玄師の障害・病気は「自閉症」「うつ病」だった!驚きの両親との関係とは?

若手イケメンアーティストの米津玄師さんですが、彼は高機能自閉症という障害、うつ病という病気をもっていました。またそうした障害や病気は、彼の独特な音楽性や音楽作りに密接に関係しており、大きな影響を与えていることも分かりました。

目次

[表示]

米津玄師の障害・病気は自閉症、うつ病!両親との関係とは?

独特な雰囲気を持ち、独自の音楽性を発揮している若手イケメンアーティストの米津玄師さん、ネット上での楽曲投稿では多大な視聴回数を記録し、CDのリリースや自身のライブ活動など、幅広く活動しています。米津玄師さんの創造する音楽や彼の音楽性に共感し、盛り上がるファンも少なくありません。

そんなイケメンアーティストの米津玄師さん、実は障害や病気をかかえていたことをご存知でしょうか?もちろん一風変わった独特なオーラをもつ米津玄師さんの雰囲気に驚かれた方もいるでしょう。彼のこの人生の中には「障害」と「病気」の文字が関わっていたのです。

米津玄師の簡単なプロフィール

米津玄師 (よねづけんし)。1991年3月10日に徳島県で生まれました。この米津玄師 (よねづけんし)という名前は本名で、別名は「ハチ」と呼ばれています。身長は非常に高い188cm、血液型はO型、残念ながら体重は公表されていません。

現在はミュージシャン、シンガーソングライター、イラストレーター、ビデオグラファーといった多岐にわたる活動をしています。また所属している事務所は、ソニー・ミュージックレコーズです。第57回日本レコード大賞にて優秀アルバム賞を受賞するなど、実力もある若手アーティストの一人です。

中学3年生の頃にはオリジナルの楽曲を製作するなど、子供時代からその才能は表出していました。高校卒業後は、主にベースとボーカルを担当してバンド活動をし、紆余曲折しながら成長を続けています。今までにシングルを8枚、アルバムを4枚リリースし、ワンマンツアーも行うなど、精力的に活動しています。

(引用:Career Find)

実は音楽活動以外にも天才的な才能を発揮しており、特に、米津玄師の絵やイラストがすごいと話題になっています。

↓↓↓↓↓米津玄師の話題の天才的な絵・イラスト全集はこちら↓↓↓↓↓

米津玄師は「自閉症」という障害をかかえていた!

米津玄師さん、実は自閉症という障害を持っているのです。彼がこの自閉症であると分かったのは20歳を過ぎてからでした。この自閉症という障害をかかえている方は、意外におられます。米津玄師さんの何とも言えない独特なオーラの要因の一つかもしれません。この自閉症という障害はどのような障害なのでしょうか。

この自閉症という障害は発達障害の一つで、特定のものにこだわりを強く持ったり、その特定の知識、能力が著しく高いなどの特徴があります。現在は自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群などを総称して自閉症スペクトラム障害といっています。米津玄師さんの場合は知的発達の遅れを伴わない高機能自閉症です。

この自閉症の特徴としては、他にコミュニケーション能力の低さがあります。「うまく人と話せない、接することができない、コミュニケーションをとれない」といったこともこの自閉症の大きな特徴です。

米津玄師は「うつ病」という病気にもなっている!症状は?

現代病ともいうべきうつ病、米津玄師さんはこのうつ病にかかっていました。これは以前彼自身がブログで公言して発覚しました。うつ病には2種類あります。1つ目は「定型うつ病(基本的にずっと気持ちが落ち込んでいて、何か嬉しいことがあっても気持ちが上がりにくい)」です。

そして2つ目は「非定型うつ病(気持ちは落ち込んでいるものの、何か嬉しいことがあると気持ちの上がり辛さが一時的にでも薄まる)」、おそらく米津玄師さんは「非定型うつ病」ではないかと思われます。しかし、米津玄師さんのうつ病にはその種類以外にも可能性があるのです。

彼が持つ高機能自閉症の影響から「うまく人とコミュニケーションがとれない」という苦難を感じて発症する「二次障害」としてのうつ病、もしくは20時間寝て20時間作業するというエネルギーの高低差から、双極性障害型のうつ病(通称:躁うつ病)という可能性もあります。

米津玄師、HSPとの話もある!

米津玄師さん本人が公言していることではないのでこれは推測になりますが、彼は「HSP」ではないかとの意見もあります。この「HSP」とは「Highly Sensitive Person」の略で、心や神経がとても敏感になる心の気質のことをいいます。普段あまり耳にしな言葉ではないでしょうか。

特徴としては、自然と空気を読んで行動してしまう、人の感情を読み取ってしまう、物音などに敏感などがあげられます。前項までのコミュニケーション能力の低さも重なって、この「HSP」の可能性も全くないとは言い切れません。ただこれは、実際に米津玄師さんと話した人でないと分からないでしょう。

米津玄師、両親との関係が壮絶!!

米津玄師さんというと、両親との関係が壮絶だという話題がたくさん出てきます。調べたところ、米津玄師さんはお父さんと何かがあったようです。なんと米津玄師さん、お父さんとはほとんど話したことがないとのことです。これは普通ではないですよね。

「何か」ということは残念ながら発見することはできませんでしたが、親子の歪みがあったのかもしれません。しかしながら、お母さんとの関係は良いそうです。また兄弟としてお姉さんがおり、お姉さんとの仲も良いそうですよ。ここはほっとしますね!!

米津玄師さんだから、米津玄師さんの家族だから特別、というわけではなく、同様に家族の問題で悩んでいるご家庭はたくさんあるでしょう。同じように米津玄師さんも悩んでいたのかもしれません。両親との関係、気になりますね!

米津玄師の特質が音楽に与える影響とは?

米津玄師さんの上記の障害や病気が彼の音楽性に影響を与えていることは間違いありません。特に歌詞については影響大です。自分自身の存在、責め、他人から認められたい、愛されたいという気持ちが表れています。最近では自分と同じような人への励ましのような感じも受けます。

米津玄師のトコトン作り込む楽曲製作!

音の選択にもこだわりがあります。ノイズ音やラジオボイス的な声の途切らせ方、不協和音の使用などがあげられるでしょう。さらに1stアルバム「花束と水葬」の楽曲に含まれる逆再生や追っかけボーカルなどの手法も彼の独特さを感じます。歌詞、音素材ともにこだわっている米津玄師さんです。

米津玄師の生い立ち

米津玄師さんが音楽に対する意識を変えたのは小学5年生の時でした。きっかけとなったのは、当時インターネットを利用してWEB上で流行していたFLASHアニメーションでした。その後、中学3年生の終わり頃からMTRを使用してオリジナル曲を製作するようになりました。

「late rabbit edda」というバンドを結成し、2008年にはDTMの製作をスタートし、時には「ハチ」という名前でオリジナル曲をニコニコ動画などに投稿もしていたそうです。徳島県立徳島商業高等学校を卒業し、大阪の美術専門学校に通いながらバンド活動(彼は主にベースとボーカル)を行っていました。

その後、初音ミクやGUMIを用いてニコニコ動画へのオリジナル楽曲の投稿をスタートし、多くのヒット曲を生み出しました。2012年には1stアルバム『diorama』をリリース、さらに翌年には1stシングル『サンタマリア』をリリース、メジャーソロデビューを果たしました。

2015年の3rdアルバム『Bremen』では、オリコンなどのヒットチャートのアルバム部門で初登場1位を獲得するなど勢いに乗っています。CDのリリースとも合わせてライブツアーも行い、2018年には日本武道館にてワンマンライブ「米津玄師 2018 LIVE / Fogbound」を開催しました。

(引用:Career Find)

米津玄師の障害・病気は自閉症、うつ病!両親との関係のまとめ

いかがだったでしょうか、今回は米津玄師さんの障害である自閉症と、病気であるうつ病について、彼の音楽作りとも重ねてお送りしてきました。米津玄師さんは高機能自閉症とうつ病をもっていること、またそうしたものが彼の音楽性に大きな影響を与えていることも分かりました。

ミュージシャン、シンガーソングライター、イラストレーター、ビデオグラファーと本当に多岐にわたる活動に取り組んでいる米津玄師さんです。彼の奥深い魅力が、今後もファンをより一層盛り上げることでしょう。米津玄師さんの今後の活躍も楽しみですね!!今注目すべき若手アーティストの一人、米津玄師さんでした。

↓↓↓↓↓米津玄師の話題の天才的な絵・イラスト全集はこちら↓↓↓↓↓