高井麻巳子は秋元康の嫁!!現在の様子や豪邸や娘の状況も紹介!! エンタメ

高井麻巳子は秋元康の嫁!!現在の様子や豪邸や娘の状況も紹介!!

秋元康さんと言えば今やAKB48の生みの親として有名ですね。そんな秋元康さんの妻は元おニャン子クラブのアイドル。そんな秋元康さんの妻はいったい誰なのでしょうか!?そして奥さんの現在の状況は?昔の画像と共に調べてみました!

目次

[表示]

高井麻巳子の現在は?秋元康の嫁なの?

これまで作詞家として、そしてAKBグループの仕掛け人として数々の作品を世に出してる大忙しの秋元康さん。そんな秋元康さんの妻は元おニャン子クラブのアイドルなんです。こちらが秋元康さんの妻、高井麻巳子さんです。

当時はおニャン子クラブとして大変人気がありました。当時から清楚なイメージが強かった秋元康さんの妻、高井麻巳子さんですが、まさか秋元康さんと結婚するなんて、当時のファンは誰も予想をしていなかったはずです。

秋元康の嫁・高井麻巳子のプロフィール

  • 名前:高井 麻巳子(たかい まみこ)
  • 生年月日:1966年12月28日
  • 出身:福井県小浜市
  • 血液型:O型
  • 身長:157.5cm

1985年4月に「夕やけニャンニャン」内のコーナー「アイドルを探せ」の出場者をスカウトをする企画で、原宿を歩いているときに伊藤克信さんにスカウトされ、同コーナーで「青い珊瑚礁」を歌い、117点を獲得して合格しました。

秋元康の嫁・高井麻巳子の経歴は?

おニャン子クラブ会員番号16番としてデビューします。同年9月、おニャン子クラブから初のソロデビューとなった河合その子さんのキャンペーンに「with おニャン子クラブ」として同行し、岩井由紀子さんと2人でうしろゆびさされ組を結成。

「シンデレラたちへの伝言」でソロデビュー、1987年4月にはおニャン子を卒業し、女優として活動の幅を広げます。しかし秋元康さんと結婚し、芸能界を引退。結婚後は表立った活動はありませんが、小説の挿絵などを手がけています。

秋元康はおニャン子クラブのプロデューサーだった!

1985年、秋元康さんは女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」のプロデューサーとして大成功をおさめました。これにより、業界内にとどまらず世間にも「秋元康」さんの名前が知られるようになりました。

1988年には秋元康さんは、一度渡米して、ニューヨークに1年半ほど滞在、帰国後、美空ひばりさんの遺作となった「川の流れのように」の作詞を担当し、現在の作詞家としての地位を不動のものにしました。

高井麻巳子と秋元康の馴れ初めは?

高井麻巳子さんと秋元康さんの馴れ初めについてみていきましょう。秋元康さんはプロデューサーとして、おニャン子クラブに関わっていました。自分が関わっているアイドルに手を出すのはご法度です。

秋元康さんが自分の立場を利用して、高井麻巳子さんに手を出したとおもっている人が多いことでしょう。しかし、実際には高井麻巳子さんの方が、秋元康さんにアプローチをしていたようなのです。

高井麻巳子と秋元康の電撃結婚!!

秋元康さんは1988年(昭和63年)5月23日、おニャン子クラブのメンバーだった高井麻巳子さんと電撃結婚をしました。高井麻巳子さんは結婚を機に芸能界を引退、その後夫婦で渡米し1年半ほどニューヨークで新婚生活をしていました。

高井麻巳子さんは1985年から女性アイドルグループおニャン子クラブのメンバーで、会員番号は16番として芸能活動を行っていました。秋元康の妻、高井麻巳子さんが当時岩井由紀子(ゆうゆ)と組んでいたユニットうしろぐみさされ組です。

高井麻巳子と秋元康の結婚は衝撃だった!!

秋元康さんと、妻の高井麻巳子さんの出会いはフジテレビ系列で放送された「夕焼けニャンニャン」でした。人気絶頂期である中電撃結婚を発表したようですね。秋元康さんは当時32歳で、妻の高井麻巳子さんは、

当時まだ21歳という若さでした。11歳の年の差は驚きです!!秋元康さんと突然の結婚を発表したことによって当時は相当ショックを受けた人も多いようですね。現在は当時のことを知らない人たちも、

秋元康さんの今の活躍を知っているだけに、玉の輿だったんじゃないの?と何とも悲しい反応が・・その真相は分かりませんが、調べてみると妻の高井麻巳子さんから秋元康さんに猛アタックしたといわれています。

高井麻巳子の父親に結婚の挨拶に行ったときのことが歌になっている?

高井麻巳子さんの父親に、秋元康さんが結婚の挨拶をしにいった時のことが。歌になっていると話題になっていました。当時、アイドルをしていたまだ21歳の娘の結婚に、父親なら反対をすることもあるでしょう。

ましてや、アイドルとプロデューサーという立場のことだったため、秋元康さんは相当の覚悟をもって、挨拶にいったようです。しかし、高井麻巳子さんの父親の反応は違ったものでした。

そして、この高井麻巳子さんの父親からの言葉こそが、名曲が誕生するきっかけとなったのです。

高井麻巳子の父親からの言葉で誕生したのが「バトンタッチ」

秋元康さんが2008年に作詞した曲で「バトンタッチ」という曲はJULEPSが歌っていましたが、2011年6月に西田敏行さんが歌い発売されました。この曲は父親から嫁ぐ娘へあてた曲となっています。

この「バトンタッチ」が作られた秘話について、秋元康さんが語っていました。秋元康さんが高井麻巳子さんの父親に挨拶しにいったときに、言われた言葉がきっかけとなりこの名曲が誕生したのです。

「娘(こども)は天からの授かりものって言いますが、違うと思う。私は天からの預かりものだと思います。だから、私はあなたが来るのを待っていました」と父親は言ってくれたのだ。「そんなことがバトンタッチしていくのだな」と彼は感じて後に楽曲『バトンタッチ』を書いたのである。

(引用元:livedoorNEWS)

秋元康が作詞した「バトンタッチ」が泣ける

 

父親目線の曲となっており、感動的な歌詞と温かい西田敏行さんの歌声が合わさり、ウエディングソングとしても人気となっています。

幅広い世代から人気の曲となっており、泣ける曲としても有名な一曲となっています。

高井麻巳子・秋元康には娘がいる!?現在は大学生?

秋元康さんと高井麻巳子さんは、結婚から13年後の2001年3月に第一子となる女児が誕生しました。名前は秋元せりさんという名前で、特に芸能活動などはしていないので、情報はそこまで多く出回っていません。

学校は小学校から慶應義塾に通っているおり、慶應義塾女子高校を卒業しています。現在では、大学生になっています。大学は慶應義塾大学の可能性が高いという情報がはいっています。

高井麻巳子と秋元康の娘はAKB48の研究生?

娘さんの画像や詳細な情報は、ネット上には上げられていないものの、おそらくは高井麻巳子さんの子供ですし、美人だろうといわれています。その妄想から、娘さんはAKB48の研究生だという噂なども流れています。

しかし、そのような事実はないようです。娘さんが芸能界にデビューするようなことがあれば、娘さんのお顔をみることができる機会もあると思います。そのため、娘さんの芸能界デビューを心待ちにしている人たちもいらっしゃるようです。

秋元康の過去・現在の年収は?!

秋元康さんの推定の年収を調べてみたところ、推定年収はなんと50億以上と言われているのです。国税庁の調査では、「文筆・作曲・美術家」の区分で平成24年度の所得が50~100億円の人間が1人であることから、

image4you / Pixabay

状況的にこれが秋元氏とみられているといいます。AKB48だけでなくSKE48やNMB48ら関連グループの総売り上げだけで200億円以上となるだけに、この印税だけでも十数億円。さらに同年にはパチンコ台のリリースもあり、

同じく権利料として十数億円が入るのは間違いないといいます。ただ、AKB48などのアイドルグループの運営は儲かっていないそうです。これは自身のツイッターで「CD売れても握手会とかの会場代とかで出てっちゃう」と発言していました。

高井麻巳子の現在の様子は?

高井麻巳子さんはお年を召されてもお美しいようです。他、おニャン子クラブのメンバーの今も凄いですが、高井麻巳子さんの美しさは今現在でも翳ることがないようです。この整った形を保つのは大変だったと思いますが、

見事でありますね。きっと、女優さんたちと変わらない努力をされているのでしょう。美しさを保つのは今も変わらない愛情を注ぐ秋元康さんのためでしょうか?引退してからうん十年たった今でもとっても美しいです。

結婚後はエッセイ本を出版!

Free-Photos / Pixabay

発売されたCD「いとぐち」には高井麻巳子の手書きの歌詞カードや自身が描いたイラストを添付しており、現役時代にも、本人の優れた美術センスが見られていました。

結婚後、高井麻巳子さんは「秋元麻巳子」の名前で絵本やお取り寄せのエッセイ本を手掛けていらっしゃいます。特に「二人暮らしのお取り寄せ」は、お取り寄せブームを起こすきっかけになったとか。

他にも「恋する女たち」で共演経験のある斉藤由貴さんのポエムの挿絵や、小説の挿絵なども手掛けているようです。

テレビ番組で秋元家のVTRが放映される!

2005年、テレビ番組「はなまるマーケット」に秋元康さんが出演した際、秋元家の様子を映したVTRが放映されることとなりました。

そこには妻である高井麻巳子さんの姿も映し出されており、昔と変わらずスレンダーで美しいお姿であることが見て取れます。

当時、秋元康さんも嬉しそうに妻と子供との楽しい生活を語っていたようです。動画の通り、美しい奥さんと可愛い子供に囲まれて幸せな生活を送っていたことでしょう。

2013年、美しい着物姿を披露

2013年6月、親交の深い林真理子さんのブログで高井麻巳子さんの着物姿がアップされていました。お二人は一緒に歌舞伎を見に行かれたようで、その際に撮られた写真のようです。

引退し結婚したあとはなかなか高井麻巳子さんの姿を見られる機会が無かったため、ファンは久々に見る高井麻巳子さんの姿に大きな喜びを見せていました。

故郷・福井県小浜市の和菓子を絶賛!

高井麻巳子さんは福井小浜市出身。地元の名物である「若狭葛ようかん」や「丁稚ようかん」を絶賛しています。

今でも「食後のデザートに」と冷蔵庫に地元の和菓子のストックがある模様。子供の頃は美味しさを感じられなかった和菓子でも、大人になってからその美味しさに気付きリピートしているようです。

高井麻巳子と秋元康の自宅は大豪邸!!

高井麻巳子さんと秋元康さんの家は豪邸だといわれております。しかし、ネットにて探索したものの、その豪邸の画像は見当たらないようです。しかし、高井麻巳子さんの実家といわれている画像はありました。

公開は控えさせて頂きますが、小浜にある自転車屋さんが実家のようです。今は豪邸で、庶民では味わえない生活を満喫されておりますが、実家では一般市民と同じような生活をされていたのでしょう。

実際にどのような豪邸なのかはわかりませんがとても広い家であろうことは予想されます。ちなみにAKB豪邸と呼ばれています。

高井麻巳子と秋元康のパーティーに岡村隆史が出席!

2015年5月28日に岡村隆史さんが自身のラジオで、秋元康さんに自宅でのパーティーに招待されて出席したことを明かしました。岡村隆史さんはパーティーなどの場が苦手なため、本来なら行かないそうです。

しかし、このパーティーに行くことに乗りきになったのが、高井麻巳子さんの存在だったのです。岡村隆史さんはおニャン子クラブの熱烈なファンで、高井麻巳子さんのことが当時好きだったそうです。

そのため、高井麻巳子さんを一目見たくて参加を決めたそうです。この時の様子を語っていました。

麻巳子さんが自ら寄ってきて会話をすることが出来たという。「あの時の、なんていうのかな…青春時代がパァッって舞い上がって…。おニャン子クラブって僕の中でスーパーアイドルやったから、高井麻巳子さん見れただけで…(当時と)全然変わらず、お綺麗でしたよ」と興奮気味に語った。

(引用元:日刊スポーツ)

このパーティーには小室哲也さんや久石譲さん、林真理子さんなどそうそうたる面子が集まっていたそうです。

高井麻巳子と秋元康の過去・現在のまとめ

秋元康さんもこんな妻をもって鼻が高いでしょうね!さて、如何でしたか?秋元康さんって、若い頃から敏腕プロデューサーだったんですね!当時アイドルだけじゃなく、数々の映画やあの大物歌手の美空ひばりさんの、

「川の流れのように」の作詞も秋元康さん、妻になった高井麻巳子さんはそんな多才なところに惚れ込んだんでしょうね!秋元康さんと妻、高井麻巳子さんの夫婦としての不仲説は聞きませんしいつまでも仲の良い素敵な夫婦でいてください。