宮市亮の怪我歴が酷い!怪我に苦しむサッカー人生が悲惨、手術回避はしたものの? エンタメ

宮市亮の怪我歴が酷い!怪我に苦しむサッカー人生が悲惨、手術回避はしたものの?

宮市亮選手とといえば宇佐美貴史選手、柴咲岳選手、杉本健勇選手などプラチナ世代と呼ばれ、将来を期待されていた選手でした。ですが現在宮市選手の状況は悲惨なのだそうです。今回はそんな宮市選手の怪我についてまとめていこうと思います。

目次

[表示]

宮市亮の怪我歴が酷い!移籍2年目で2度の前十字靭帯断裂

宮市亮選手のサッカー人生は怪我と共にあるといっても過言ではありません。期待の選手と言われながらも、活躍の機会が少ないのは怪我による戦線離脱が多い体と言われています。そんな宮市亮選手の怪我として、2015年の午前練習で行われた練習試合で右ひざを負傷し、前十字靭帯断裂という大怪我を負ってしまいます。

この怪我もあり、宮一選手はほとんど試合に出場することはできませんでした。2度の前十字靭帯断裂から復帰を果たすも、やっとの思いで出場を果たした2軍の公式戦にも、わずか13分で不詳高麗をしてしまいます。3度目の前十字靭帯断裂の可能性もあり、この靭帯の怪我はかなりの重症の用だと報じられました。

宮市の怪我、4回目の怪我は手術回避でサッカー人生に影響なし!

そんな宮市選手はなんと2018年の4月の下旬にもけがをしてしまいます。その怪我で再び前十字靭帯の断裂が危惧されましたが、この怪我では大事には至らず、復帰に向けてトレーニングを開始しているのだそうです。手術も回避することができ、サッカー人生に対して影響ということはありませんでした。

宮一選手は自身のブログで日本での精密検査の結果、幸いなことに前十字靭帯は切れておらず、再建された靭帯の周りに少し炎症が起きているだけだったそうです。良かったですね!これまで何度となく怪我に悩まされてきた宮一選手だっただけに、子の怪我も心配されましたが、大事に至らずに本当に良かったです!

宮市亮の怪我歴が酷い!膝の靭帯はどんな役割を持っているのか?

ではそんな膝の靭帯について、どのような役割があるのか、見ていこうかと思います。膝には4つの靭帯があり、内側、外側、前十字、後十字とあり、宮市選手はこの前十字を断裂したのです。そしてこの前十字が損傷すると、歩いているときにガクッと膝崩れを起こすような状態になってしまい、私生活にも影響するのです。

十字靭帯を損傷するというのはアスリートにとってかなり深刻なダメージなのですが、アスリートでない人物でならば膝の周りの筋肉を鍛えることで多少はよくなるそうなのですが、競技をやらない一般人での場合の話なので、一般的には手術を行わなければアスリートとして復帰をすることは非常に難しい怪我となっています。

宮市亮の怪我の歴史、靭帯損傷は損傷の有無の発見が難しい怪我!

この前十字靭帯の損傷に関してですが、非常に判別が困難であることもあり、専門家の精密検査によるものが必要となります。前十字靭帯の場合はレントゲンやMRIなどを駆使して精密検査を行うことである程度の判断を行うことはできるそうなのですが、それだけでは確実な判断材料にはならないのだそうです。

靭帯の損傷を確実に判断するためには、上腿、下腿を持ち、動かしてその揺れ、ずれ具合を見て最終的な判断を下すのだそうです。このような専門家の腕による判断によって宮市選手の足のけがを発見し、最悪の状態になる前に治していったのですね。ではこの靭帯断裂によってサッカー人生はどうなってしまうのでしょうか?

宮市亮の怪我歴が酷い!靭帯断裂でサッカー人生は終わるのか?

宮市選手の怪我についてですが、靭帯断裂によってサッカー人生は終わってしまうのかということですが、選手としてはまだやっていけるとは思います。昔はよく選手は膝をやったら選手生命は終わってしまうということをよく言われていましたが、現在のスポーツ医学の発展は目覚ましいものがあります。

現在のスポーツ医学からすれば靭帯断裂は決して完治しない怪我ではありません。また、まだまだ若いといっても宮市選手はもう24歳です。サッカー選手としてはここからだんだんと中堅選手と言われる年代になっていきます。この怪我を乗り越えて、ぜひともまた一段と強く、早い宮内選手に戻ってほしいと感じますね!

宮市亮の怪我が多いのはなぜなのか?理由は受け身が下手?

宮一選手が怪我が多い原因として、タックルなどをされた時にとる受け身などが下手というのがあるのではないかと思います。受け身をしっかりと取ることによって膝への負担をできるだけ減らすことが出来、その後のプレーにも影響することなく続行することが出来るのです。宮市選手はこのテクニックが下手だと感じます。

このような怪我をしないようなプレー以外にも、しっかりとプレー後のケアをするということも大切だと思います。宮市選手は人一倍責任感が強いだけに、焦りから怪我を誘発してしまうような危険なプレーをしてしまっていたのかもしれません。焦ってしまうのは分かりますが、まずは足を治すことから始めてほしいですね。

宮市亮のプレースタイル、天性のスピードが凄かった!

では宮市選手の怪我ばかりではなく、そのプレースタイルにも迫っていこうかと思います。宮市選手の持ち味はなんといってもそのスピードにあるのではないかと思います。陸上系の家系に育ったということもあり、先天的にスピードには才能があったのだと思います。そのスピードから出るドリブルは圧巻ですね!

また、宮一選手のスピードに関しては非常に武器になあると思います。というのもスピードというのは教えられて身につくものではないので、一線級のスピードというのはそれだけでサッカーでは脅威となるのです。このように、宮一選手は潜在能力に関しては非常に素晴らしいものを持っているということが分かりますね。

宮市亮のプレースタイル、シザーズも得意!

宮市選手のドリブルの能力に関して、得意とするフェイントはあのクリスチアーノ・ロナウド選手も得意とするシザーズなのだそうです。天性の足から繰り出されるシザーズは、逆に行くふりをして相手の足を止めるだけで相手を振り切ることが出来るほどなのだそうです。やはりすごい才能を持っていますね!

また、カットインドリブルも持っていますので、チャンスを演出することもできます。このことから、宮一選手のプレースタイルは天性のスピード、そしてドリブルが武器のサイドアタッカーということになりますね。これだけのものを持っているのですから、まずは足の完治を目指していって欲しいと切に願っています。

宮坂亮の気になる年棒は?怪我の影響でダウンしている?

宮一選手の年棒についてですが、現在の詳細な年棒についてはみつけることはできませんでした。ですが2012年には5年契約で5億円ということだったので、現在の宮一選手の現状を考えると、その当時よりは確実に年棒はダウンしていると思います。それでも億越えのプレーヤーなのではないかとは感じますね。

ですが年棒にかんして調べてみたところ、J1の平均年棒とブンデスリーガ2部の平均年棒はあまり変わらないそうなので、J1の平均年棒である3000万円程度が宮市選手の平均年棒なのではないかと思います。これが本当なのだとしたら、かなりの年棒ダウンですね。正直なところかなりきついところまで来ていると思います。

まとめ

宮市選手の怪我について、前十字断裂について見ていきましたが、やはり怪我というのはアスリートにとって非常に重たい、深刻なものだというのが分かります。宮内選手はその潜在能力はとてつもないものを秘めているので、ぜひ完治をして、またあの輝きを見せてほしいと感じました!