実はハーフじゃない!ドラマーシシドカフカ本名の由来や身長・体重は?父親が芸能人? エンタメ

実はハーフじゃない!ドラマーシシドカフカ本名の由来や身長・体重は?父親が芸能人?

ご訪問ありがとうございます。今回は、本名が話題となった、女優でドラマーのシシド・カフカさんについての記事となります。彼女の生い立ちやプロフィールを考察をして行きたいと思います。少しでも皆さまのご参考になれれば幸いです。ぜひご覧ください。

目次

[表示]

ドラマーシシドカフカの本名は?ハーフ説は海外出身も影響!

昨今、本業のドラマーのほか、女優業やモデル業等マルチにご活躍をされている注目の女性、”シシド・カフカ”さん。沢尻エリカさん主演のドラマ『ファーストクラス』ご出演以来、その高い演技力が話題となり、すっかり演技力にも定評のある方として、有名になりました。

そんなシシド・カフカさんですが、みなさんお気付きのように、お名前にかなり特徴がありますよね?この特徴あるお名前ゆえに、彼女はハーフであると、度々誤解されるようです。”シシド・カフカ”さんと言うお名前は、本名なのでしょうか?それとも芸名?とても気になったので調査してみました。

”シシド・カフカ”さんのお名前は、何やら芸名のようです。彼女の本名は、意外や意外。漢字表記で、いたって普通の日本名であるということが、判明いたしました。気になるシシドカフカさんの本名は、”宍戸佑名”<シシド・ユウナ>さんであると言われています。また、ご出身はなんとメキシコであるようです。

シシドカフカは肩書き多し!ハーフじゃ無いけど海外住み?

シシド・カフカさんは、帰国子女であり、ドラマーであり、シンガーであり、女優であり、モデルであり……。と、とにかく肩書きの多い、マルチな才能をお持ちの女性です。また、シシド・カフカさんは、ハーフでは無いようなのですが、幼少期をアルゼンチンで過ごしたという、経歴の持ち主です。

ドラマーシシドカフカにハーフ疑惑?理由は父親が海外勤務だから

ドラマーとしての腕にも定評のあるシシド・カフカさん。彼女は頻繁に、ハーフと間違われる事があるようです。その原因として、ハーフを思わせる特徴的なお名前と、美しすぎるお顔立ちの持ち主という点があります。

しかし、理由はそれだけに留まらず、彼女のお父様が転勤族であり、彼女自身もお父様に付いて海外を転々としていた事が、大きな要因と言えるようです。シシドカフカさんがどこか、異国の雰囲気を出せるのは、彼女の幼少期の海外経験によるものだったのですね。

ドラマーシシドカフカのルーツは父親からのプレゼント?

シシド・カフカさんがドラマーを目指すきっかけとなったのは、彼女のお父様からもらった、お誕生日のプレゼントであると言います。14歳のお誕生日に、シシドさんは、お父様より”サイレントドラム”をプレゼントされたそうです。そこから、ひたすらドラムに夢中になった彼女。練習に励み、現在プロとして成功成功しています。

シシドカフカの父親は芸能人って本当?ヴェルサイユ宮殿て?

シシド・カフカさんを、インターネット上で検索すると、彼女のお父様が芸能人なのでは?というものが出てきます。それに加えて、ヴェルサイユ宮殿の食事会というワードまで。一体どのような繋がりなのでしょうか?調査してみたいと思います。

まず、シシド・カフカさんのお父様は、芸能人では無いようです。しかし、大変な重役を務めていらっしゃると言われているようです。重役故に、ヴェルサイユ宮殿で開催される食事会に、招待されるほどなのだとか。結果として、当時お父様に付いていったシシド・カフカさんも、ヴェルサイユ宮殿での食事会に参加したようです。

シシドカフカの由来はメキシコ?アルゼンチン?

シシド・カフカさんという、芸名の由来には、何やら外国語が密に関わっているようです。彼女が幼少期に過ごした、メキシコやアルゼンチンの言葉では?と思われがちなのだとか。しかし、彼女の芸名は、チェコ語から来ているという事実がわかりました。

メキシコやアルゼンチンの公用語は、スペイン語。なので、シシド・カフカさんの由来に、おそらく直接は関わっていなという事が伺えます。”シシド”というのは、彼女の本名である”宍戸”から来ています。また、”カフカ”という部分がチェコ語のようで、意味は”コクマルガラス”というものなのだとか。ネーミングが斬新ですよね。

シシドカフカの身長や体重は?とにかく手足が長い!

シシド・カフカさんは、とにかく手足の長い、スタイル抜群の女性です。そんな彼女の身長や体重は、一体どのくらいなのでしょうか?調べてみました。彼女の身長は、175cmであるようです。体重は公式なものが無く、大まかな情報なのですが、51キロくらいでは?と言われているようです。

さいごに経歴プロフィールをおさらい

ここまでご紹介をしてきた、女優にドラマーとマルチにご活躍をされている、シシド・カフカさんについて一体どんな人物なのか、既に詳しくご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、改めてプロフィール等のおさらいをして、記事を締めくくりたいと思います。それではシシドさんの一部プロフィールを紐解いて行きましょう。

シシド・カフカの経歴、プロフィールをおさらいPART1

シシド・カフカ(1985年6月23日 – )は、日本の歌手、ドラマー、女優、モデル。公称身長175cm。avex trax「cutting edge」所属。デビュー時の所属レーベルは、テイチクエンタテインメントJ-POPレーベルであるインペリアルレコード。

経歴

メキシコで生まれ、小学校時代まで日本で過ごす。

5歳からピアノやバイオリンを習うが、いずれも長くは続かなかった[2]

12歳の時、父の仕事の関係でアルゼンチンに移住し、中学時代を過ごす。しかし言葉がまったく理解できず、学校では辛い思いを経験した[3]

14歳の時に、両親からサイレントドラムをプレゼントされたことがきっかけでドラムを始める

[4]。両親がドラムのトレーナーとして呼んだのは、バンドネオン奏者アストル・ピアソラの孫であり、自身も人気ジャズ・バンドのプロドラマーであるダニエル・ピピ・ピアソラだった。週に1回、ピアソラがドラムを教えに来てくれるようになり、スティックの握り方を始め一から伝授された。アルゼンチン人らしく、最初に教えられたのはタンゴだったという[5]

(引用元:Wikipedia)

シシド・カフカの経歴、プロフィールをおさらいPART2

経歴

19歳の時にTHE NEWSに3代目ドラマーとして加入し

[7]、プロドラマーとして活動を開始する。THE NEWSでは4年間ドラマーとして活動した。その後、青木裕子[8]

、パンタ、ダイアモンド☆ユカイなどのサポートドラマーを経験する[9]。同時に、生まれ持った長身と抜群のルックスを活かしてモデル活動も開始する。

2005年、20歳の時に大島賢治(ドラマー)、平出悟(音楽プロデューサー)と出会い、「一緒に音楽をやらないか」と誘われる

[6]。きっかけは、2人の開いたロック・ボーカリストのオーディションに、友達の付き添いで来ていた本人が勢いで参加したことであった[10]

。2人のプロデュースの下、ドラマーではなくボーカリストとして、デビューを目指して精力的にライブを行うようになった。

2011年、2人の「ドラムを叩きながら歌ってみれば?」というアドバイスを受け、実際に試したところしっくりきたため、「これで私は大丈夫だ。いける」と実感し、現在の歌いながらドラムを叩くスタイルとなった。このスタイルが評判を呼び、業界の目に留まりデビューが決まった[13]

(引用元:Wikipedia)

今回の記事を終えてのまとめ

今回の記事を通して、シシド・カフカさんは並外れた経歴の持ち主という事が分かりました。只ならぬ、あのオーラは、彼女の海外での経験から培われた物であるという印象を受けました。今後もシシド・カフカさんの動向に、注目して行きたいと思います。

長くなりましたが、今回の記事はこれで終わりとなります。いかがでしたでしょうか?少しでも、読者の皆さまに楽しんでいただけていたら幸いです。最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!またお会いできますように。