宮市亮の現在が悲惨!?大きな怪我に苦しみ消えたとの噂も? エンタメ

宮市亮の現在が悲惨!?大きな怪我に苦しみ消えたとの噂も?

宮市亮選手とといえば宇佐美貴史選手、柴咲岳選手、杉本健勇選手などプラチナ世代と呼ばれ、将来を期待されていた選手でした。ですが現在宮市選手の状況は悲惨なのだそうです。今回はそんな宮市選手の現在について、迫っていこうかと思います!

目次

[表示]

宮市亮の現在が悲惨?アーセナル期待の逸材は怪我で消えた?

宮市亮選手についてですが、Jリーグを経ずにプレミアリーグ、アーセナルへ移籍を果たし、日本サッカー界を経験せずに世界へ挑戦したとして、有名でしたよね。そんな宮市亮選手は日本サッカー界を背負う期待の逸材として、非常にその期待は大きかったかと思います。非常に話題になりましたよね。

ですがそんな宮市亮選手、アーセナルで輝かしいプレーを披露するのかと思いきや、遠い日本にその活躍ぶりが届くことはなく、その現在は悲惨だということだけが届いているという状況です。なぜそんなに悲惨な状況になっているのかというと、どうやら怪我が原因なのだそうなので、次からまとめていこうと思います。

宮市亮の現在が悲惨?前十字靭帯断裂によって消えたとの声?

宮市選手の怪我についてですが、宮一選手は2015年にアーセナルからドイツブンデスリーガ2部ザンクトパウリに移籍するのですが、移籍したこのチームでなんと2度目の前十字靭帯断裂を負ってしまうのです。靭帯の怪我はスポーツ選手にとって非常に致命的で、なんとこの大怪我を治すのに8か月かかってしまうのです。

この怪我もあり、宮一選手はほとんど試合に出場することは在りませんでした。2度の前十字靭帯断裂から復帰を果たすも、やっとの思いで出場を果たした2軍の公式戦にも、わずか13分で不詳高麗をしてしまいます。3度目の前十字靭帯断裂の可能性もあり、この靭帯の怪我はかなりの重症の用だと報じられました。

宮市亮の現在が悲惨?消えた?ドイツ紙ではキャリア終了の声も

そんな度重なる怪我によって戦線離脱を余儀なくされてしまった宮市亮選手ですが、この怪我からドイツ紙ではキャリア終了と報じられてしまうことになってしまいました。確かに立て続けの重症ということで、近年は宮一選手は全くプレーすることが出来ていませんし、サッカー選手としてはかなり厳しいものがありますね。

ドイツザンクトパウリでの契約は2019年まで残っていますが、その後m、ヨーロッパの舞台で活躍をするのはこの状況ですとかなり厳しいのではないかなと感じます。なので一度Jリーグにもどり、怪我の多い自分と向き合って、体を一から再び作り直してから再出発する方が良いのではないかなと思います。

宮市亮の現在が悲惨?怪我が多い理由はなぜなのか?

宮一選手が怪我が多い原因として、タックルなどをされた時にとる受け身などが下手というのがあるのではないかと思います。受け身をしっかりと取ることによって膝への負担をできるだけ減らすことが出来、その後のプレーにも影響することなく続行することが出来るのです。宮市選手はこのテクニックが下手だと感じます。

このような怪我をしないようなプレー以外にも、しっかりとプレー後のケアをするということも大切だと思います。宮市選手は人一倍責任感が強いだけに、焦りから怪我を誘発してしまうような危険なプレーをしてしまっていたのかもしれません。焦ってしまうのは分かりますが、まずは足を治すことから始めてほしいですね。

宮市亮のプレースタイルはどんなもの?スピードが凄い!

では宮市選手の怪我ばかりではなく、そのプレースタイルにも迫っていこうかと思います。宮市選手の持ち味はなんといってもそのスピードにあるのではないかと思います。陸上系の家系に育ったということもあり、先天的にスピードには才能があったのだと思います。そのスピードから出るドリブルは圧巻ですね!

また、宮一選手のスピードに関しては非常に武器になあると思います。というのもスピードというのは教えられて身につくものではないので、一線級のスピードというのはそれだけでサッカーでは脅威となるのです。このように、宮一選手は潜在能力に関しては非常に素晴らしいものを持っているということが分かりますね。

宮市亮のプレースタイル、シザーズが得意!

宮市選手のドリブルの能力に関して、得意とするフェイントはあのクリスチアーノ・ロナウド選手も得意とするシザーズなのだそうです。天性の足から繰り出されるシザーズは、逆に行くふりをして相手の足を止めるだけで相手を振り切ることが出来るほどなのだそうです。やはりすごい才能を持っていますね!

また、カットインドリブルも持っていますので、チャンスを演出することもできます。このことから、宮一選手のプレースタイルは天性のスピード、そしてドリブルが武器のサイドアタッカーということになりますね。これだけのものを持っているのですから、まずは足の完治を目指していって欲しいと切に願っています。

宮市亮の年棒はどうなのか?怪我で確実にダウンしている?

宮一選手の年棒についてですが、現在の詳細な年棒についてはみつけることはできませんでした。ですが2012年には5年契約で5億円ということだったので、現在の宮一選手の現状を考えると、その当時よりは確実に年棒はダウンしていると思います。それでも億越えのプレーヤーなのではないかとは感じますね。

ですが年棒にかんして調べてみたところ、J1の平均年棒とブンデスリーガ2部の平均年棒はあまり変わらないそうなので、J1の平均年棒である3000万円程度が宮市選手の平均年棒なのではないかと思います。これが本当なのだとしたら、かなりの年棒ダウンですね。正直なところかなりきついところまで来ていると思います。

宮市亮は結婚しているか?結婚相手の名前はゆか?

宮一選手はどうやら結婚していたようで、2015年の5月に中京大中京の高校時代の同級生と結婚されていました。高校時代の関係はなんとサッカー部のマネージャーで、中京大中京高校時代から付き合っていたそうです。ちなみになのですが、現在お二人の間にお子さんはいないようで、お二人で暮らしているようです。

そんな宮市選手の奥さんの情報について調べてみたのですが、本名がゆかなのではないかということがあるそうなのです。しかしながら実際のところ宮市選手の結婚されたお相手の女性の名前は公表されておらず、ゆかというのが本名なのかどうかわかっていません。なぜゆかという名前が浮上したのかも不明なのだそうです。

宮市亮の現在、怪我からの日本代表復帰はあり得るのか?

では宮市選手の日本代表復帰はあり得るのでしょうか。結果としてはかなり厳しいのではないかと思います。もともとは爆発的なスピードが最大の武器であった宮市選手にとって、両膝の前十字靭帯断裂は深刻なダメージで、かつてのようなスピードも、キレも失われてしまったということがあります。厳しいですね。

このことと、宮一選手はスピード以外特別な技術などは持っていないため、最大の特徴、スピードが失われてしまった宮市選手に日本代表から声がかかるほどの魅力があるかということに関してみると、なかなか難しいと言わざるをえません。このことから、日本代表入りというのはかなり絶望的だと考えられます。

まとめ

宮一選手の現在、そして怪我についてみていきましたが、怪我というのはスポーツ選手にとって非常にきついダメージだということがこれでわかるかと思います。宮市選手には頑張ってほしいですが、まずは怪我の完治を目指して頑張っていって欲しいですね!