竹内涼真の歌がうまいのには理由があった?劇中でも歌唱力を披露 エンタメ

竹内涼真の歌がうまいのには理由があった?劇中でも歌唱力を披露

仮面ライダードライブとして2014年、日本中のヒーローを演じた竹内涼真さん。ドラマ内の挿入歌を歌われており、知名度と一緒に歌唱力の高さも有名になっていきました。しかし素でうまいのではなく、歌唱力にはしっかりした理由があるんだとか。

目次

[表示]

竹内涼真さんの歌がうまいと話題に!

竹内涼真さんは仮面ライダードライブで挿入歌を歌いました。仮面ライダー作品では歌唱力の高い俳優さんが自らのキャラソンを歌うということはよくあり、竹内さんもその1人でした、演技力やサッカーの上手さに定評があり、歌が上手いというイメージはありませんでしたが、歌も上手なんだとか。

minaカレグランプリ?時をかける少女にも出演

1993年4月26日生まれの25歳。出身は東京都。また、本名は竹内崚(たけうちりょう)。テレビでは分かりにくいですが身長185㎝の長身。2013年4月、知人の勧めで応募した女性ファッション誌『mina』初の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」にて2457人の中からグランプリを獲得。

その後、ホリプロ所属となり、現芸名で芸能活動を開始。デビュー以前より仮面ライダー役を演じることを目標に掲げていたそう。同年8月、「車家の人々」が実施した「次男は君だ!!オーディション」にてグランプリに選ばれ、10月より放送のミニドラマ『車家の人々』で俳優デビュー。

そして2014年10月より、『仮面ライダードライブ』の主演・泊進ノ介 / 仮面ライダードライブ役を務めます。デビューから1年と数か月で夢が叶った竹内さん。日本が誇る平成仮面ライダーの16代目として1年間仮面ライダーを演じ切ります。また、オーディションに合格した際はとても喜んだようです。

また、竹内さんは「時をかける少女」に出演し、イケメンぶりを披露。成程、モテるわけですね。また、竹内さんはもともとサッカー選手を目指しており、大学時代に挫折するまではプロも視野に入れていたそう。しかし現在の俳優業も軌道に乗って、良かったですね。

竹内涼真さんの歌がうまい理由1

竹内涼真さんは2014年の『仮面ライダードライブ』の放送前後に、「筋トレをしたい」とツイッターでつぶやいていました。現在もツイッターでトレーナーさんとやりとりしている姿を見ることができます。サッカーをしていたのであれば筋肉はすでについているはずですが、肉体改造の話でしょうか?

この頃から筋トレを始め、以前はツイッターでも「もっと筋肉があった方がいい」という話もありましたが、最近では写真集を出したり「かっこいい」という声も。歌を上手く歌う際にはお腹の支えも重要ですから、そういった筋力がトレーニングの中でついてきたことも歌が上手くなった要因と言えます。

竹内涼真さんの歌がうまい理由2

以前出演した番組で大声で歌うクセがあることを告白している竹内さん。大声で歌うクセがあるということは普段から歌を歌わない人に比べて、歌を歌う為に必要な筋肉を鍛えることにも繋がりますし、自分にとって気持ちいい歌い方を研究することになります。

頻繁に歌を歌っていれば、それだけ歌が上手くなります。しかしこれは私たちに真似できるでしょうか…?竹内さんは無意識にされているとのことでしたが、これは相当歌唱力アップに役立つと思います。カラオケなど、大声で歌っても恥ずかしくない環境でなら真似できそうですね。

竹内涼真さんの歌がうまい理由3

5歳の頃からサッカーをやっていた竹内さん。サッカーなどのスポーツをやっているととにかく体力が必要なので、走りこむと思います。運動をやっていると体力だけでなく肺活量もつきますので、たくさん肺に息を入れることができますよね。肺活量も、歌には重要です。

また、肺に息をたくさん入れることができると、発声するときに息の支えを作ることができます。それによって厚みのある声を作ることができるそうです。竹内さんの声が素人の方の歌声よりもプロの歌手に近いのには、肺活量も要因の1つなのでしょう。

竹内涼真さんの歌がうまい理由4

竹内さんは玉置浩二さんなど直撃世代ではない音楽も聴いているそうです。これは、ご両親の影響もあると思います。そしてそれが、歌にも大きな影響をもたらしていると考えられます。どうやら玉置浩二さんは、プロが選ぶ本当に上手い歌手で他の有名シンガーを抑えてダントツの1位を獲得したことがあるそう。

幼い頃から優れた音楽を聴いていることが現在の歌唱力に繋がっているのでしょう。CDやYoutubeのPVなどを見て、歌手の方に合わせて歌うとき、その方の歌い方を真似たりしませんか?歌の上手な方の歌い方を真似すれば、それはおのずと自分の力になっていくということでしょう。

竹内涼真さんの歌がうまい理由5

竹内涼真さんは『仮面ライダー ドライブ』の放送中、インタビューで、撮影などで疲れたときのリラックス方法として歌を歌うことををあげています。そして、歌は小さいころから眠たくなる前に歌いたくなるクセがあり、自分が歌っているとなぜか眠くなることを明かしています。

小さい頃から歌う習慣があったからこそ、発声に必要で普段鍛えられない筋肉も鍛えられていたり、上手く歌うための発声方法も自然と工夫したり、気づくことができたのでしょうね。やはり、何事も一番の武器は継続ということですね。無意識に継続したため、想像以上の力が身についているのでしょう。

また、ご両親が音楽好きだったのか、竹内さんは色々な音楽に触れる機会が日常的にあったのでしょう。これまでの理由を総合すると、幼いころから歌が上手くなる生活を知らず知らずのうちに行っていたことになります。無論、意識したこともあるでしょうが、ご自身も気づかない要因はあったと思います。

仮面ライダードライブでも歌唱力を披露

竹内さんが俳優デビューして一番最初に歌唱力を披露したのは、おそらく仮面ライダードライブの挿入歌「Spinninng Wheel」だと思われます。竹内さんは仮面ライダーマッハ役の稲葉友さん、仮面ライダーチェイサー役の上遠野太洸さんと共にこの楽曲を歌っています。

竹内さんだけでなく稲葉さんと上遠野さんも凄く歌がお上手で、出演陣だけで歌った曲とは思えないほどのクオリティです。きっと、3人とも高い歌唱力を持っていたからこそ、この曲を仮面ライダーたちが自ら歌うことができたのでしょう。

映画やバラエティ番組などでも

映画『orange』ではヒロイン役の土屋太鳳さんのために、主題歌になっているコブクロの『未来』を歌う竹内涼真さんを見ることができます。言うまでもなくお上手です。どうやら、竹内さんは度々、劇中で歌うことなどもあるようですね。

また、Youtubeでは日本テレビ『メレンゲの気持ち』で木山裕策さんの『home』を披露したときの竹内さんの歌声を聴くこともできます。スタジオにいた、同じく高い歌唱力で知られるトレエンの斎藤さんも歌い出しを聴いた瞬間に驚いています。

ちなみに、そのときの英語の発音がきれいなのにも注目ですね。歌が上手いといっても本業ではありませんし、普段あまり大声を出すイメージのない竹内さんですから、いとうあさこさんも「想像以上」と、感動と驚愕の入り混じった感想を述べており、必見です。

竹内涼真さんのまとめ

今回は竹内涼真さんの歌唱力について紹介しました。まだ歌声を聴いたことがないという方は動画サイトなどで探して是非きいてみてください。綺麗な歌声というのは聴いていて気持ちの良いものがあります。また、歌が上手くなりたいという方も、参考になるかもしれませんね。