光genji・山本淳一の現在は転落人生!?妻が暴露したダメ男ぶり。 エンタメ

光genji・山本淳一の現在は転落人生!?妻が暴露したダメ男ぶり。

ジャニーズのアイドルグループで、伝説とも称されるほどの人気を誇った光GENJIのメンバー・山本淳一さん。しかし栄光はすでに昔の話。現在までに結婚詐欺や借金問題などを起こし、その人生は転落人生ともよばれています。一体、彼の身に何があったのでしょうか。

目次

[表示]

光genji山本淳一さんの転落人生?妻がいても悲惨な現在

山本淳一さんの若い頃は日本でもトップクラスのスーパースター・光genjiのメンバー。大相撲の横綱と同じで、もうそれ以上はないというくらいの頂点にいたことと思います。それ故に、その現在はかつての栄華は見る影もないほどの転落ぶりだそう。

山本淳一さんは1995年の光genji解散後は、結婚詐欺や借金を抱えるなど、芸能人の命でもあるイメージを自ら地の底まで落とします。そして現在は46歳でプロレスラー。プロレスラーというのは、華やかで自らの立ち位置が分かる方は長く続けていられますが、山本さんはというと、どうでしょうか…。

光genji・山本淳一さんのプロフィール

1972年2月8日生まれで今年46歳。出身は東京都八王子市。学歴は、八王子市立陵南中学校、東京都立墨田工業高等学校卒業。光genji時代のニックネームはチンパンジー(猿)のように身体能力に優れていたことから「バンジー」、「淳くん」。所属事務所はWING RUN。

1986年1月19日に、日本テレビ『アイドル花組おとこ組』の出演者オーディションに合格し、ジャニーズ事務所に入所します。そして1987年8月19日に、光GENJIのメンバーとして、「STAR LIGHT」でレコードデビュー。ここから10代でトップアイドルになった山本さんの栄光と転落の人生が始まります。

光genjiとはどんなグループ?

1987年6月、既存グループで5人組の「GENJI」と、内海光司さん、大沢樹生さんの2人による「光」の2つのグループが合体して、「光GENJI」が結成されます。1987年8月19日には大物であったチャゲ&飛鳥(現・CHAGE and ASKA)さんが楽曲提供した「STAR LIGHT」でレコードデビュー。

ローラースケートを履いて踊り、バック転などもこなすアクロバティックなパフォーマンスがうけ、デビューしてすぐに人気が上昇、爆発的なブームを生み「最後のスーパーアイドル」と呼ばれ、その人気は経済誌などでも社会現象として取り上げられ、テレビ東京系『あぶない少年』でドラマ初主演を務めます。

1988年12月31日、「パラダイス銀河」で第30回日本レコード大賞を受賞。また、同年のオリコン年間シングル売上第1位~3位を光GENJIが独占し、1978年のピンクレディ以来の快挙を達成した(ベスト10内には4曲ランクイン)。オリコン年間アルバム売上も第1位と第9位を獲得。

1994年1月、バルセロナ夏季五輪に引き続き、リレハンメルオリンピックの応援ソングとして「BRAVO!Nippon〜雪と氷のファンタジー〜」をリリース。同年8月、大沢樹生さん・佐藤寛之さんが脱退し「光GENJI SUPER 5」にグループ名を変更する。1995年9月、「卒業」(解散)。

光genjiの解散の理由。転落人生の始まり。

メンバーの諸星さんは後年、「仲が悪かった」「みんな疲れていた」と語っているほか、2015年11月に出演した番組で当時の状況について山本さんが「当時のアイドルは、20代後半になったら『それぞれの道に行く』みたいなスタイルがあった」と語っています。

つまり山本さんが、独立に進みたがっていたという内情を明かしていることになりますね。余談ですが、韓国では、90年代初頭に光GENJIに影響を受けて結成されたYachaというローラースケートを履いて歌って踊る男性アイドルグループが活動して人気を得たんだとか。

光genji・山本淳一さんの現在はプロレスラー?

2016年、44歳でプロデスラーデビューした山本淳一さん。しかしこれについては「中途半端に芸能界に食らいついている」という厳しい声も。私はプロレスファンなので分かりますが、プロレスラーの旬というのは30代から40代初期。山本さんの年齢ではスターになるのは難しいと思われます。

また、プロレスはセンスや日々のトレーニングもそうですがやはり最も大事なのはキャリアです。経験を積めば積むだけ、受け身の技量や技のキレが増し、お客さんの反応に合わせたムーブができるようになります。また、20代でデビューした選手はお客さんからも愛着を持たれるため団体の上に行きやすいです。

光genji・山本淳一さんをかつて指導したのはあの鬼軍曹

そんな山本さんですが、ジャニーズ事務所に所属していたころ、それも光genjiの結成前に、日本一のプロレス団体・新日本プロレスのリングで山本小鉄さんから毎日のようにプロレストレーニングを受けていたんだとか。これには驚きました。

山本小鉄さんというのは1980年代から2010年に死去するまでの間、新日本プロレスのコーチを務め「鬼軍曹」と恐れられた方です。プロレス界の伝説的スター・武藤敬司さん、蝶野正洋さん、現在世界一の団体「WWE」で大活躍中の中邑真輔選手なども若手時代は鬼軍曹にしごかれて育ちました。

どんな経緯で新日本プロレスで山本小鉄さんの指導を受けていたのかはわかりませんが、よく耐えられたな…と思います。昔の新日本プロレスのトレーニング風景の一部はYoutubeで閲覧できますが、鉄人を養成する地獄の訓練場といった感じで、脱走者も相次いでいたほど。それを耐え抜くとは凄いですね。

光genji・山本淳一さんの元彼女は遠山景織子さん

山本淳一さんの元彼女が女優の遠山景織子さん。テレビプロデューサーの服部宣之さんも「日本一美しい涙を流す女優」と絶賛するほどの女優さんです。2001年には2人の交際が公表され、その時点で妊娠2か月とも公表されます。しかしいつまでたっても結婚はせず、遠山さんは未婚のまま出産をします。

山本さんは、このことが原因で、2002年、ジャニーズ事務所を退所。2006年には、芸能活動休止を、余儀なくされてしまいます。その後、インターネットのバナー広告の、仕事をされていたようですが、こちらも、2011年には営業活動を終了。今でも転落人生は続いているようです。

妻が暴露?情けないダメ男ぶり

山本さんは2013年に、38歳の一般女性と結婚されているのですが、この女性には10歳と5歳の連れ子がおり、山本さんは結婚と同時に2人の女の子のパパに。しかし、2015年山本さんは、交際時に奥さんからお金をだましとり、そして、風俗で働かせようとしたと告発されます。

光genjiの元メンバーは悲惨?干されたり逮捕者も…

光genjiの元メンバーには山本さん以外にも解散後に悲惨な転落をしている方が。諸星和己さんも、暴走キャラで芸能界を干され、個人事務所を立ち上げるも鳴かず飛ばずで渡米。時折のテレビ出演も「情け」と称されるほどで、共演者の方も過去の栄光にすがる元スターに気を使っている様子が痛々しいです。

また、赤坂晃さんも覚せい剤取締法違反で2度逮捕されており、光genji時代の映像がテレビで流れると赤坂さんの顔にはぼかしが入っていてとても不自然な仕上がりになっています、また、2度の覚せい剤取締法違反は所持と使用、それぞれ別の罪状で捕まっています。

記事のまとめ 妻との現在や転落人生など

今回は光genjiについて紹介しました。山本さんも諸星さんも赤坂さんも、昔が凄すぎたあまりに、現在の転落ぶりが余計悲惨に見えてしまいますね。山本さんも奥さんとは破綻したそうで、再び日の目を見ることはなさそうなのがまた残念です。スポットライトは、ほどほどに、そして浴び続けるのが肝要なんですね。