広島田中広輔、弟は巨人で兄弟対決⁈嫁はいる?父はなんとあの人と⁈ エンタメ

広島田中広輔、弟は巨人で兄弟対決⁈嫁はいる?父はなんとあの人と⁈

今や常勝軍団となった広島東洋カープ。その原動力の一つとなっている内野手の要、田中広輔選手に今回はスポットをあてます!田中広輔選手の弟もなんと同じセリーグのプロ野球選手なんです。兄弟対決はいかに!そして嫁やお父さんの話もまとめてご紹介します!

目次

[表示]

広島カープ田中広輔、弟は入団拒否した巨人に入団⁈

2018シーズン、首位独走中でマジックも点灯中の広島東洋カープ。その守りの要である、田中広輔選手。菊池選手と組む二遊間はバツグンの安定感を持ち、見るものを惹きつけてやみません。プロになった2014年から、コンスタントに試合に出て、いきなり即戦力となった田中広輔には弟さんがいます。

その弟さんの名前は田中俊太さんです。そうです、野球ファンなら、とりわけ巨人ファンにはもうおなじみの名前ですね。読売ジャイアンツの田中俊太選手なのです。弟もまた今年プロデビューにも関わらず、すでに一軍で80試合に出場している、若手有望株なのです。

兄の田中広輔選手は、実は社会人野球の頃に、巨人から入団の誘いを受けています。しかし、田中広輔選手はその誘いを断っているのです。何故かというと「巨人では出場機会がないに等しいから」という理由でした。せっかくプロに進めても出場しなければ意味がないですからね。坂本勇人選手などがいますから、その判断は正しかったと言えます。

田中広輔、弟との兄弟対決はいかに⁈

兄田中広輔選手は広島カープの遊撃手、弟田中俊太選手は巨人の二塁手、同じセリーグなので当然兄弟対決が見られます。これまでも何度も兄弟対決があり、おおいにファンを盛り上げてくれました。同じ内野手で俊足といったプレースタイルも似ている、そんな2人の今年の成績を比べてみましょう。

(2018/9/1現在)まず、兄田中広輔選手の成績は、打率.261、試合数116、本塁打9、打点51、盗塁20、失策7です。続いて、弟田中俊太選手の成績は、打率228、試合数81、本塁打0、打点8、盗塁6、失策4です。すべてにおいて兄の勝ちですね。まぁ、弟田中俊太選手は今年がプロ1年目ですから仕方ないかもしれませんね。

広島田中広輔、弟と日本代表で夢の共演⁈

先述のとおり、兄の田中広輔選手は遊撃手で、弟の田中俊太選手は二塁手です。ですので、2人とも日本代表に選ばれて出場するとなれば、二遊間を兄弟が守るということになります。兄の田中広輔選手は2月の時点ではすでに侍ジャパンに選出されています。さて、弟の田中俊太選手も次の招集で選ばれるでしょうか。

2人は歩んできた野球人生もとても似ているのです。2人とも野球の名門で強豪校の、東海大相模高校出身です。さらにそこから、東海大に進み、社会人野球を経験してから、プロに入っているのです。ただ4歳離れているので、一緒にプレーしたことはないのです。それが、もしかしたら、日本代表で叶うかもしれないのです。楽しみですね!

田中広輔、嫁はいる?

では、田中広輔選手は結婚しているのでしょうか?調べてみたところ、もうすでに結婚しておられます。しかも、入団したその年に結婚を発表していました。プロになったからといって必ず成功するとは限りません。そのタイミングでの結婚はけじめというか、責任感を持つというかある種の覚悟なのかもしれません。

田中広輔、嫁との馴れ初めは?

では、そんな侍魂を持った田中広輔選手と結婚した方はどんな方なのでしょうか。そして馴れ初めはなんでしょうか。田中広輔選手の結婚相手のお名前は、亜子さんとおっしゃるそうです。なんと東海大相模高の同級生で、当時からお付き合いをされており、交際6〜7年?の末にご結婚されたんだそうです。

田中広輔選手は、野球の名門にずっと在籍していましたが、プロに入れたのは社会人野球を経てからです。社会人野球に行くということは、プロに入れないかもしれないけど、大学卒業後の人生を賭けることになります。そんな田中広輔選手を陰ながら支えてきた、素晴らしい女性なんです。

田中広輔、嫁はブサイク⁈

田中広輔選手の嫁と検索すると、なんとブサイクというワードが出てきます。どういうことでしょうか。田中広輔選手の奥様、亜子さんのお写真はちゃんと公表されています。そのお顔はとても可愛らしいお方です。なんでブサイクなんて出てくるのでしょうか。きっとひがみでしょうか。ブサイクなんて言われる要素がありません。

しかも、田中広輔選手の妻、亜子さんはとてもお料理もお上手なんだそうです。体が資本のプロ野球選手ですから、その食事はとても大切になってまいります。実際に田中広輔選手は広島でもプロデビューはいきなり1軍で果たしており、それ以来レギュラーとして主力を張り続けていますから、奥様の料理が支えていることは言うまでもありませんね。

田中広輔、父はなんとあの巨人の⁈

兄弟をプロ野球選手にしてしまうという、偉業を成し遂げた2人のお父さんはどんな方なのでしょうか。調べてみると、驚くべき事実が出てきました。田中広輔選手のお父さん正行さんもなんと東海大相模高出身なのです。しかも田中広輔選手と同じ遊撃手で活躍していたそうです。運命的なものを感じますね。

さらに驚くことに、その東海大相模高時代の1年上の先輩に元巨人軍監督の原辰徳氏がいたのです。しかも、寮も同室だったんだそうです。父正行さんは当時のことを語ってくださっています。原辰徳氏はとても優しい先輩だったそうで、正行さんがケガをした時には、布団を敷いてくれたりしたそうです。

田中広輔、父もプロを目指すも断念・・・

田中広輔選手の父正行さんは、東海大相模高時代には遊撃手ながら強打が魅力の選手だったそうです。同じく当時の先輩で、プロ入りした津末英明氏(元日本ハム、巨人)にも負けないくらいの実力だったそうです。しかし、ノックを受けている際に、飛び込んでボールをとろうとして左肩を痛めてしまったのです。

それからは全然打てなくなってしまい、プロも断念せざるを得なくなってしまったのです。ですが、もしかしたらプロ入りできたかもしれない実力であったことは確かです。その証拠に卒業後は神奈川県座間市役所に就職しますが、そこでも野球部で大活躍し、全国レベルの大会にまで上り詰めていったそうです。

田中広輔、子供の頃から父に野球を教わる

そんな父を持つ田中広輔選手は、必然的に幼少の頃から父正行さんに野球を教わりました。田中広輔選手は実は男3人兄弟で、プロ入りしたのは長男広輔選手と三男俊太選手です。でも次男もかなりの実力の持ち主で、やはり名門強豪校である日大三高に進学し、レギュラーの捕手として活躍していたのです。

そんな野球三兄弟を育てた、父正行さんは今も少年たちに野球を教えています。最初は小学生チームで監督をし、今はその中学生チームでコーチをされているんだそうです。その教育方針は少し変わっていて、小学生にはバントを教えないんだそうです。大きな夢を持って野球を始めているんだから、ちまちました野球をさせないんだそうです。

練習もフルスイングのロングティーばかりさせるそうです。試合でも、ストライクのいい球は全部思いっきり振っていけと指導するらしく、打てなくても空振り三振なら褒めてあげるんだそうです。こんな指導なら、教わっている子どもたちは楽しく野球ができそうですね。しかも全国ベスト4にまで勝ち上がらせたんだとか。凄いですね!

田中広輔のまとめ

いかがでしたでしょうか。追うものも振り払うほど強くなった広島カープの主力選手、田中広輔選手に注目してまいりました。田中広輔選手まだ29歳で、弟の俊太選手は25歳ですので、これからの日本のプロ野球を背負っていくような兄弟選手になってもらいたいですね!これからの活躍にますます期待します!