三島由紀夫と美輪明宏の親密な関係の真相は?!恋人同士だったの?! エンタメ

三島由紀夫と美輪明宏の親密な関係の真相は?!恋人同士だったの?!

歌手の美輪明宏さんと日本を代表する三島由紀夫さん。三島由紀夫さんは生前、美輪明宏さんとの親密な仲でしたが、その本当の関係が気になります。三島由紀夫さんの片思いとも言われていますが、2人の間に恋愛感情はあったのでしょうか?

目次

[表示]

三島由紀夫と美輪明宏の関係親密だった?

美輪明宏さんと三島由紀夫さんの深い交流は三島由紀夫さんが亡くなるまで続くのですが、気になる美輪明宏さんと三島由紀夫さんの出会いとはどんな場面だったのでしょう?美輪明宏さん自身がインタビューで語っています。

三島由紀夫と美輪明宏の出会いは?!

三島さんとの出会いは、64年前の昭和26年だったといいます。美輪さんが音楽学校に通いながら、銀座4丁目でアルバイトをしていたお店に、出版社の方たちがお見えになったのが最初でした。そのお店は1階が喫茶店で、

2階は綺麗な女性がたくさんいるクラブ。その2階のクラブには、ホモセクシャルであることを隠した各界の偉い方、官公庁の方たちが集まり始めたんです。さらにそんな噂を聞きつけたホモセクシャルでもない実業家や文化人なども、

物見遊山でたくさん来るようになっていたといいます。お店のマスターが三島さんから「チップを3倍あげるから、あの子を呼んでこい」と言われ、美輪さんは“チップ3倍”と聞いて「じゃあ、行きます」と。

生前の三島由紀夫との出会いや関係は?

これが三島さんとの最初の出会いだったそうです。三島さんから「何か飲むか?」と言われた美輪さん、「芸者じゃないから結構です」と断ったら、「生意気でかわいくない子だな」と言われたといいます。

すぐさま美輪明宏さんも「綺麗だからかわいくなくてもいいんです!」って。いちいちこんな感じで会話をしていたと美輪明宏さんは三島由紀夫さんとの出会いを語っていました。これが運命の出会いだったのですね。

三島由紀夫と美輪明宏は恋人関係だった?

美輪明宏さんの働いているお店へ通うようになり、美輪明宏さんの好意をよせるようになった三島由紀夫さん。本当の2人の関係はどうなのでしょう?恋愛関係なのでしょうか?同時、男性同士の付き合いは、

現代のようにあまり触れる事が出来なかったようですが、周りからは美輪明宏さんが三島由紀夫さんの愛人と思われる部分もあったそうです。プライベートな話なので確かな事は分かっていませんが、三島由紀夫さんが以前から、

友人関係にあった三輪明宏さんに告白し、振られたとういう話が残っているのです。その前にバーで二人でキスしたりしていたそうです。その当時の雑誌にキスシーンが掲載されたこともあったそうです。

三島由紀夫と美輪明宏の親密さは?

美輪明宏さんは三島由紀夫さんとの関係について以前こう語ったそうです。【私たちのことを“恋愛関係”と書き立てるメディアも多くありましたが、とんでもない話です。昔ある雑誌で文壇の方々と対談する連載をやっていました。

三島由紀夫と美輪明宏の生前の関係

その対談に三島さんにも出ていただきました。そのときこんなことを言われました。「君には95%の長所がある。才能もあるし美貌もある。だけど、5%の短所がある。その5%の短所は、95%の長所を、

いっぺんで吹っ飛ばしてしまうくらいの最悪な短所だ」と。私は「95%の長所を吹っ飛ばしてしまう短所って何?」と聞いたら、「俺にほれないことだ」って(笑)面白いでしょ?私は尊敬する人には恋愛感情を抱きません。

尊敬できる人はあくまでも尊敬している人。恋愛感情になってしまうと何かグレードが落ちるような気がするからです。】と美輪明宏さんは語っていました。美輪明宏さんいわく、二人は恋愛関係ではなかったということになりますね。

三島由紀夫と美輪明宏の秘話

実は、当時美輪さんは日活映画で活躍する赤木圭一郎さん(享年21)と恋人関係にあったことを公表しています。赤木さんは映画の撮影現場で不慮の事故のため逝去しました。当時歌えないほどショックを受けていた美輪さんを、

叱咤激励したのが三島由紀夫さんだったそうです。ちなみに、美輪明宏と三島由紀夫さんの関係は有名ですが、美輪さんは他にも野坂昭如、大江健三郎、遠藤周作、寺山修二、なかにし礼など数々の文化人から支持を得ました。

三島由紀夫の自決

三島由紀夫さんと言えば、割腹自殺に至った伝説の「三島事件」が有名であり、今なお多くの議論の的になるほどですね。そんな三島由紀夫さんが、美輪明宏さんと出会ったのは1950年代でした。

銀座で歌手をしていた美輪を気に入って、交流が始まったとお伝えしましたね。この出会いによって、三島さんの代表作のひとつである戯曲「黒蜥蜴」は、美輪明宏さんが長らく主演を務める伝説の舞台となりました。

三島由紀夫が美輪明宏に惚れた理由は?

三島由紀夫さんは、皇国主義の作家としての思想に注目されがちですが、三島由紀夫さんは優美な日本語表現に代表されるように、美しいものを愛する耽美的思想が強い作家でした。美しいものと言っても風景や女性などだけでなく、

力強いものや妖艶なものも含めて好きだったようです。男女の区別を重視しないひとだったのかもしれません。そう考えると、美輪明宏さんを見て心惹かれたことも頷けますね。昭和の時代とともに歩み、

自決という壮絶な死を選んだ作家・三島由紀夫さん。「金閣寺」「仮面の告白」など、多くの文学作品でも知られていますが、心に響く名言・格言や恋愛観を垣間見られる言葉も多く遺しているのがご存知ですか。

三島由紀夫と美輪明宏の親密な関係や秘話

歌や芝居の才能を評価され、現在では人生案内のような書籍も多く出版している美輪明宏さん。ですが、三島さんの日本語能力を極めた美しい文学に対しては「嫉妬するほど身の程知らずじゃございません」とまで言っています。

三島由紀夫はピュアだった?

さらに、2017年4月にフジテレビ系で放送された「ビートたけしの私が嫉妬したスゴい人」で三島由紀夫さんの人柄に心打たれたと話しています。番組の中で、お金がなく貧しい暮らしをしていた当時、美輪さんはアーティストとして、

大成し作家の三島さんに対等に向き合いたいという思いから、三島さんにだけはお金の無心をしまいと決めていたと語っています。その思いを三島由紀夫本人に話したとき、三島さんはお辞儀をして「そんなに僕のことを買い被ってくれて

どうもありがとう」と言ったそうです。それを見た美輪さんは、三島由紀夫さんはなんてピュアな方なんだろうと感銘を受けたそうです。三島さんのことを「頭の先から足の先まで信頼できる人でした」と語りました。

三島由紀夫と美輪明宏のキスシーン!

三島由紀夫さんの代表作品の一つ、黒蜥蜴。この「黒蜥蜴」の映画には、なんと三島由紀夫本人も出演しています。美輪明宏さん扮する黒蜥蜴が生き人形を披露する場面で、生き人形の役の三島さんにキスをするのです!

実際に映画を見ればわかりますがフリではなく、本当にキスしています。このキスシーンの撮影時に、三島さんが美輪さんに「なぜもっと長くしてくれないの」と言ったという話はもはや伝説ですね。かなりほれ込んでいたのですね。

三島由紀夫と美輪明宏の生前の親密な関係まとめ

深い交流だった美輪明宏さんと三島由紀夫さんの本当の関係を調べてみました。美輪明宏さんは三島由紀夫さんとの関係は恋愛ではないと否定しましたが、三島由紀夫さんの片思いと言われているだけに、

三島由紀夫さんは恋愛感情を抱いていたのかもしれません。自分に惚れない部分が短所だと美輪さんに語っていた三島さん。これは冗談なのか本音なのか三島由紀夫さんにしかわかりません。最後までお読みいただきありがとうございました。