東海オンエアの気になる月収や年収は?メンバーの配分の決め方も! エンタメ

東海オンエアの気になる月収や年収は?メンバーの配分の決め方も!

東海オンエアは今まさに絶頂期を迎えているユーチューバーグループですよね。そして気になるのが、その収入。きっとうなぎのぼりだと思いますが、その月収や年収はどうなっているのでしょうか。またメンバー間での配分についても見ていきましょう。

目次

[表示]

東海オンエアの月収は遊戯王カードパック10万個分!?

以前、テレビ番組で東海オンエアが突撃取材をされたときのこと。なんと、その報酬は遊戯王カード10万に匹敵するといっていたんですね。で、その肝心な遊戯王カード1パック当たりの値段は、およそ150円。つまり10万パックというと、1500万円ということになるのです!

これを6人で分割するわけですよね。もちろんメンバーの間で出演回数や映像の編集などの活躍に応じて配分は異なるわけですが、平均以上の働きをしていれば250万円はもらえることになります。経費も掛かるのでもう少し少ないという可能性もありますが、だいたいこのくらいでしょうね。

しかしこの数値は、2017年の段階のものなんですね。それ以降も東海オンエアは急激に再生回数やチャンネル登録数を伸ばしていっています。つまり、2018年現在は当時よりもずっと多くの額を稼いでいる可能性があるのです。

東海オンエアメンバーの月収・年収の配分は?

まず、出演回数によって大きく異なります。主要メンバーともいえるてつやさん、としみつさん、りょうさん、虫眼鏡さん。この4人はおそらく同じくらいの収入配分ということになるはずです。一方で、脱退まで叫ばれたしばゆーさんや、もともと出演回数の少ないゆめまるさんは少し少なめになるでしょうか。

ユーチューバーの収入源って?東海オンエアの場合は?

ちなみに、ユーチューバーの収入源は動画の広告収入だけにとどまりません。特に東海オンエアの場合は、愛知県岡崎市の観光伝道師に任命されていますから、そちらでの仕事による収入もあるでしょう。そこで、ユーチューバーの収入源となりそうなものについて見ていきます。

ユーチューバーの収入源①広告収入

一番はこれですね。だいたい、1再生につき0.1~0.2円くらいの収入になるといわれています。1億再生なら、1000~2000万円くらいということですね。再生回数がユーチューバーにとって重要なのは、このように報酬に直結するからです。

ユーチューバーの収入源②企業案件

これは雑多な広告を動画に入れるのではなく、特定の企業から直接依頼を受けて、その企業の商品を紹介するといった内容です。ゲームの実況でそのゲーム会社から報酬をもらうのも、これに該当します。他にも女性であれば化粧品などの紹介が多いかもしれませんね。

こちらは、報酬が非常に良いです。0.1円のような額を積み上げて大きくしていくのではなく、動画内で紹介したら○○円、と固まって報酬がもらえます。当然相手の企業次第で金額は大きく変わると思いますが、結構大きい額でしょうね。ただあまりこういった宣伝動画ばかりになると視聴者に辟易されます。

ユーチューバーの収入源③グッズ販売

キーホルダーなどのグッズですね。そう言ったものが作られて売れると、売り上げの一部はユーチューバー本人たちに還元されることになります。こちらは本人たちが権利を貸すだけでいいので、少ない労力で収入につながるかもしれません。

ユーチューバーの収入源④メディア出演

最近ではテレビCMにもユーチューバーが出演していますよね。テレビCMというのは相当お金になるそうです。以前ピコ太郎さんもそう言っていました。そのほかユーチューバーを題材とした雑誌などへの掲載も収入になるようです。

東海オンエアの中で一番月収・年収が良いのはしばゆー?

これはほぼ間違いないと思われます。というのも、しばゆーさんは妻であるあやなんさんとの夫婦チャンネル「しばなんチャンネル」にも出演しているからです。つまり、二つのチャンネルで掛け持ちをしているのです。

そしておそらく、東海オンエアよりもしばなんチャンネルの方が収入が良いのではないかと考えられます。夫婦でやっているのですから、そもそもどんな配分の仕方をしても、同じ家計に入るお金であることは間違いありません。また二人きりでやっているので、6人で分配する東海オンエアより高くなります。

しばなんチャンネルの収入はどのくらい?

東海オンエアに比べるとしばなんチャンネルのチャンネル登録数は半分程度しかありません。しかし東海オンエアの収入ではしばゆーさんに入るのは6分の1以下(出演回数が少ないため)ですが、しばなんチャンネルでは半分(見方によっては全額)が手元に入るわけですからね。かなり割高でしょう。

東海オンエアメンバーの中では編集業務にかかわると高配分?

東海オンエアでは出演回数が多いメンバーほど配分が多くなりますが、それだけではありません。撮影した映像の編集を行うと、その分配分が多くなります。基本的にはリーダーのてつやさんが行うそうですが、サブチャンネルの「東海オンエアの控え室」のほうは虫眼鏡さんが編集しているそうです。

ちなみに2018年に入ってからは、としみつさんもてつやさんから編集業務について教わって、担当するようになったようです。そのため、としみつさんの配分は増えたかもしれませんね。その分てつやさんの配分割合は減ったかもしれませんが、空いた時間を企画考案などに使ってより収入を増やしているのかもしれません。

ユーチューバーの年収や月収は今後どうなる?

ユーチューバーの収入は軒並み上がっています。徐々に世間での認知度も高まり、そのおかげでテレビの仕事や役所からの仕事が来るようになったわけですからね。無名の先駆者だったユーチューバーは、今や世間の脚光を浴びているわけです。

ところが、2017年末ごろに新たなライバルが登場しました。バーチャルユーチューバーです。市場自体が大きくなれど、ライバルが増えるので競争はより激しくなるかもしれません。ユーチューバー業界に多くのお金が流れるようになる一方で、それを独占できる人とそうでない人の格差は大きくなりそうですね。

大手企業がYouTube広告から撤退?

また認知度が高まったがゆえに、批判の目を向けられることもあります。例えばヘイトスピーチのように悪意のある動画を投稿した人も広告収入を得ています。つまり企業は間接的に、そういった動画を応援していることになります。漫画村の一件も似たようなものですね。

ということで、そういった悪意あるコンテンツに自社の広告を表示させたくないと考えている企業も多いです。結果としてマクドナルドやスターバックス、TOYOTAなどの有名企業がユーチューブの広告から手を引くことを発表しています。そう考えると、ユーチューバーの収入は今後どうなっていくのか、誰にもわかりませんね。

東海オンエアメンバーの家賃は?

  • てつや:20万円
  • しばゆー:7万2000円

この二人だけは判明していますね。てつやさんは牛丼ストーカー事件以降に引越ししているので、その関係で家賃が判明しています。しばゆーさんも結婚して引越ししているので、家賃が分かっているんですね。他のメンバーは明かされていません。

東海オンエアメンバーの月収・年収・配分についてまとめ!

以上、東海オンエアの収入について紹介しました。配分はてつやさんととしみつさん、虫眼鏡さんが一番多いでしょうね。編集もして出演も多いですから。次に出演が多いりょうさん。そしてしばゆーさんとゆめまるさん。でもしばゆーさんはしばなんチャンネルでかなりかせいでそう。これからも活躍し続けてほしいですね。