水溜りボンドの炎上とは!動画を子供が真似してレンジでボヤ騒ぎ!?

水溜りボンドといえば大人気Youtuberですが、検証や実験系の動画が人気になっており中にはそんな動画の内容を真似するような子供もいるようで、ある動画の真似をしたことで水溜りボンドが炎上する騒ぎとなりました。本記事ではそんな炎上騒ぎについて紹介します。

水溜りボンドの新居の住所が特定!?家賃がヤバいく以前の家もかなりヤバかった!?

水溜りボンドが炎上!子供のボヤが原因!?

人気YouTuber水溜りボンドのある動画を真似したことで、ボヤ騒ぎに発展しそのことについて水溜りボンドが炎上をし、謝罪動画を出すまでの騒ぎとなったことをご存知でしょうか。ことの発端は水溜りボンドの動画にあるようですが、それだけでもないようです。

YouTuberの収入源や仕組みについて!年収ランキングTOP10

水溜りボンドのノート炎上事件とは

今回のノート炎上事件とは、水溜りボンドが投稿した動画を真似した子供がレンジを炎上させたというものなのですが、その動画の内容を見ていきましょう。消せるボールペンというものを知っている人は多いのではないでしょうか。

炎上から奇跡の復活!?人気YouTuberヒカルの年収や経歴を解明します!

水溜りボンドの噂の動画とは?

今回はその消せるボールペン「フリクションボール」というペンの特性を生かした動画でした。フリクションのインクは熱に弱い性質があるので、熱を加えると文字が消えるためそのノートをレンジで温めれば文字が消え、何度でも使えるのではないかという実験です。

実験は成功!

実際にこの動画では、フリクションで書いたノートをレンジでチンして文字は消えておりページは真っ白になっていました。再び新品のようになり再度ノートを使用することができる状態になっていたので実験は成功となりました。

水溜りボンドの動画を小学生が真似してボヤ騒ぎ

この動画を見ていた小学生が真似をしてボヤ騒ぎを起こしてしまったのです。しかし、実際にはこの小学生のノートはフリクションで書かれてはおらず、鉛筆で書かれれていたためいくらレンジで加熱しても消えるはずはありません。

動画を見ていた小学生としては、消えるはずなのに消えなかったことに疑問を感じ、消えるまで加熱したとのことです。600ワットで3分加熱したと小学生は言っているようですが、実際には何度もやったためにノートが炎上したというわけです。

小学生の父親がブログで水溜りボンドを批判

その小学生の父親はブログをやっており、このノート炎上事件についてブログに詳しく書くとともにYouTuberを批判し問題点を指摘しました。大げさなタイトルや誤解されるようなタイトルを書いたと批判していました。

youtuberを叱責まで

また、YouTuberの問題点について、今回の実験に関する危険性や親と一緒にやるように呼び掛けるなどの配慮がないとし無責任であるとして最後にはYouTuberを叱責するような文章を添えてブログにて公開していました。

水溜りボンドではなく子供の父親が大炎上

今回このように自身のブログで水溜りボンドそしてYouTuberに対してかなりの意見を感情を交えながら書いたわけですが、なんとこの後この父親が大炎上をしてしまうわけです。この父親はブログとツイッターのアカウントを連携していたためネット上ではかなりの荒れ具合となっていました。

それもそのはずで、ツイッターでは水溜りボンドファンからの反対意見に反論を相次いでしていたのですが、実は父親側にもかなりの落ち度があるとして突っ込まれており、一般ユーザーがYouTubeの利用規約を出したことで父親はだんまり状態になってしまいました。

全て自分に返ってくる結果に

この父親は水溜りボンドに対して大人の対応をするようにと求めていましたが、利用規約の話を出されて以降はコメントをすることがなくなり、それに対し水溜りボンドファンがさらにヒートアップする結果となりました。

ツイッターでは水溜りボンドファンに対して謝罪をしていたようですが、当の水溜りボンドに対しては何も謝罪をしていないということであれだけ言っていた大人の対応を自身がしておらず、ここまで荒れたというわけです。

水溜りボンドが謝罪動画を投稿

今回のレンジ炎上事件を受けて水溜りボンドは、サブチャンネルに謝罪動画を投稿しました。動画の中では、注意喚起が足りなかったことや自分たちが子供たちに真似される立場であることに対する自覚が足りなかったこと、そしてどんなペンでもいいわけではないという説明がなかったことを謝罪していました。

子供の監督責任について

今回の事件に関して動画を投稿した水溜りボンド側に全く非がなかったわけではないですが、では子供に対する監督責任は水溜りボンドやYouTuberが負わなければいけないものなのかという疑問が湧いてきます。

注意喚起などの配慮はもちろん必要だとしても、今回の件では電子レンジを子供が一人で使っていたようなので、それに関して親がまず責任を負うべきではないかという声も挙がっています。また、子供がどんな動画を見ていたか全く知らなかったとも父親は語っていました。

子供の教育はまず親がするもの

こういった問題はYouTubeだけでなく過去にもテレビの真似をするからというクレームを入れる親の話などでも話題になっていましたが、まずは親が子供の興味のあるものを把握し、それに関してしっかりと教育をすることが第一ではないかと考えられています。

ツイッターでも書かれていましたが、レンジを使用するのに一人で使わせていたことは親の責任ではないかと考えられます。真似して良いこと悪いことなどはしっかりと親と子供がコミュニケーションを取ることが教育というものではないでしょうか。

YouTubeが下らないと一喝

この父親が炎上した背景にはまず父親としての監督責任などを問われることが第一ですが、それとともにブログの中にあった子供たちが見ているものはくだらないものが多いと思っていたが注意することはなかったという一言です。

子供にも失礼ではないか

水溜りボンドはYouTubeで人気となっていますが、そのファンは当然YouTubeに対してくだらないと思っていません。さらには子供の好きなものに対してくだらないと言ってしまう失礼さが合わさってより水溜りボンドファンを煽る形となっていまいました。

YouTube利用規約について

先ほど水溜りボンドファンから父親が突っ込まれたYouTubeの利用規約ですが、そこには「13歳未満の子供は利用しないでください」としっかりと明記されてあります。また、YouTubeのヘルプにも保護者向けに記載されてあります。

今回の件に関して、父親側が自分の子供がYouTubeを見ていたことは把握をしていましたので、当然利用規約を理解しているとみなされます。その上で子供にYouTubeを利用させているのですから、もし年齢が達していないのであれば、立派な利用規約違反となります。

誰のアカウントなのか

また、13歳未満の子供がアカウントを作る事を禁止しているので、その場合であれば親のアカウントを利用していることになります。利用規約を違反していた上、親が見せていたのであれば、親がしっかりと責任を持って監督するべきことだと考えられます。

水溜りボンドが炎上!子供のボヤが原因!?まとめ

今回の一件に関して、水溜りボンド側に全く非がないわけではないですがあまりにも言われ方が酷いとしてファンとしても黙っていられなかったのかもしれません。また、親としての落ち度も相当なものと思われます。

しかも、この父親がネット上にこのように発信してしまったためにより多く拡散され、自身の落ち度とともに叩かれる結果となりました。今回の件はただの動画の在り方だけでなく、親として子供に対する在り方も考えさせられる事件となりました。