超特急のコーイチ脱退の真相は!?ブログ更新で理由を語る! エンタメ

超特急のコーイチ脱退の真相は!?ブログ更新で理由を語る!

人気グループ「超特急」のバックボーカルを務めるメンバーのコーイチさんが突如脱退を発表しました。驚きと悲しみの声が上がる中、コーイチさんはブログを更新。ファンへの感謝や脱退理由などを綴りました。果たしてコーイチさんが脱退を決意した理由とは一体何なのでしょうか?

超特急コーイチがブログを更新!脱退理由の真相とは!?

「超特急メンバーのコーイチが、グループを脱退することをご報告をさせていただきます」2018年1月中旬、超特急の公式ホームページにてコーイチさんがグループから脱退することを発表しました。コメント内では「方向性の違い」という理由からとのことでしたが、本人からのコメントではないのでファンも困惑したと思います。

2018年4月発売のシングル以降は6人で活動している超特急。コーイチさんはなぜ脱退を決断したのでしょうか?さらには、一部ファンから「コーイチさんが闇を抱えている」との声もあり、その理由なども含め今回はコーイチさんの脱退劇についてまとめていきたいと思います。

超特急ってどんなグループ?プロフィールを紹介!

  • 1号車 コーイチ 吉野晃一(よしのこういち)バックボーカル、お父さん担当
  • 2号車 カイ 小笠原 海(おがさわら かい)メインダンサー、神秘担当
  • 3号車 リョウガ 船津 稜雅(ふなつ りょうが) メインダンサー、ガリガリ担当でリーダー
  • 4号車 タクヤ 草川 拓弥(くさかわ たくや)メインダンサー、筋肉担当
  • 5号車 ユーキ 村田 祐基(むらた ゆうき)メインダンサー、ドジっ子担当の初代リーダー
  • 6号車 ユースケ 福田 佑亮(ふくだ ゆうすけ)メインダンサー、元気担当
  • 7号車 タカシ 松尾 太陽(まつお たかし) バックボーカル、末っ子担当

2011年12月25日に超特急を結成。ダンサーが前、ボーカルが後ろのポジションでパフォーマンスをするという一風変わったスタイルで人気のグループです。また、楽曲ごとにセンターが変わることも。メンバーそれぞれに担当やイメージカラーがあり、コーイチさんはお父さん担当でイメージカラーは黒でした!

超特急コーイチが脱退を発表!ファンから悲しみの声!

超特急でバックボーカルを務めていて、人気メンバーでもあったコーイチさんですが、順調に活動する中突然の脱退を発表してファンを驚かせました。公式サイトで発表された際には、何度も話し合いを重ねた結果「方向性の違い」により脱退せざるを得ないという内容のコメントでした。

これはあくまで公式での発表ですので、コーイチさん自身の口から理由が語られない限り、ファンは納得できなでしょう。ですが、この公式での脱退発表後にコーイチさんはブログを更新しており、自身の脱退の理由について綴っています。コーイチさんが語った真実とは?

超特急コーイチがブログ更新!?脱退理由について語る!

公式で脱退が発表されて戸惑うファンが続出する中、数日後にコーイチさんはブログを更新しました。その中でコーイチさんはメンバーやスタッフ、これまで支えてくれたファンに対し感謝しかないとの思いを語っており、さらには超特急で過ごした日々を「大事な大事な宝物」とも語っています。

公式で方向性の違いと発表されましたが、コーイチさんは自分の思い描く超特急と現実での超特急にズレが出てきてしまったとの説明をしており、やはり方向性の違いから脱退を決意したようです。最後にはファンに向けて「最後に。ありがとう」と話し、ブログを終えています。

超特急のコーイチ脱退にリーダー・リョウガもコメント!

コーイチさんが脱退を決めた際、他のメンバーはどのような思いだったのでしょうか?超特急のメンバーでありリーダーでもあるリョウガさんはコーイチさんの脱退について、また8号車(ファンの愛称)へ向けたコメントを次のように語っています。

「ずっとこのメンバーで走りたかった」その想いがある中、どうしようもできなかったこと。そしてファンのことを想うと胸が痛くて心が張り裂けそうなどその胸の内を吐露し、コーイチさんの脱退についても「コーイチにとっても自分たちにとってもやむを得ない選択だった」と語っています。

超特急コーイチ「方向性の違い」その想いとは!?

あまり多くは語らなかったコーイチさんですが、方向性の違いはいつから生じたものなのでしょうか?脱退について語った中でも「僕の超特急」と「現実での超特急」との間にズレが生じてしまったとありましたが、コーイチさんにとっての超特急とはどのように思い描いていたのでしょうか?

本当のコーイチさんの想いとは?それは、ある歌詞とあるブログの記事に込められているそうです。コーイチさんは脱退の前にある曲の作詞を行ったそうで、その曲が「The End For Beginning」訳すと始まりに向けての終わりという意味だそうで、まさに脱退を決意したコーイチさんの想いが込められている楽曲となっています。

コーイチ作詞のThe End For Beginning

脱退前に作詞した「The End For Beginning」には「過酷なる生存戦争」「自分の居場所ずっと探してた」など、どことなく孤独感が感じられる歌詞もあり、さらには「予測不能に羽ばたけ」「はじまりの時」など、再スタートを匂わせる歌詞も書かれています。脱退に対しての想いがこの歌詞に反映されていると感じ取れますね。

超特急コーイチのブログに感じる、ある「闇」とは?

コーイチさんの過去のブログに気になる内容がありました。それはまさに「闇」とも取れる内容で、ファンからも心配する声が多く上がったようです。その内容とは、小さい頃に抱いたメディアに対しての憧れ、何のために光りたかったのかというような旨の言葉で、どことなく現在に対する迷いなどが表れているような気がします。

超特急として活動し、人気も成功も手に入れ、小さい頃に憧れた場所に辿り着いたはずのコーイチさん。しかし、その今の自分は何のために頑張っているのかを見いだせなくなってしまったのか・・・そしてこれからどうしていくべきか、迷い悩んでいたのでしょうか?

超特急コーイチの抱える闇に心配するファンの声も!

何だか意味ありげなブログに「コーイチは闇を抱えてるの?」「コーイチが病んでいる」とファンからはかなり心配されていたコーイチさん。ブログの内容から、燃え尽き症候群ではないか?との声もあるようです。コーイチさんは超特急の中でもトップクラスのイケメンですが、実は繊細で傷つきやすい性格の持ち主とも言われています。

超特急の活動に全力を注ぎ、前へ前へ進む一方、ある時から葛藤と闘い続けていたのかもしれませんね。思い描いていた理想と現実との違いのギャップに心が疲れてしまったのでしょうか?そして、かつて憧れた世界で光輝くスターになったものの、自分の居場所を見いだせなかったこともあるかもしれません。

超特急コーイチの脱退理由・最後のまとめ

多くを語らないまま、超特急を脱退してしまったコーイチさんについて今回いろいろ調べてみましたが、方向性の違いや心の闇など脱退に至る様々な理由があるようですね。闇を抱えるコーイチさんに心配の声も多数あったようですが、コーイチさんは超特急を離れたあとも芸能活動はされているようですのでファンも一安心といったところでしょうか?

コーイチさんが脱退前に歌詞を手掛けた「The End For Beginning」の意味「始まりのための終わり」にあるように、お互いのための脱退、新しいスタートを切るための脱退だったと思いますので、これから新たな道を歩き始めるコーイチさんと超特急の今後の活躍に期待しましょう!