BTOBのメンバーの見分け方を人気順にご紹介!※プロフィールや代表曲にも注目 エンタメ

BTOBのメンバーの見分け方を人気順にご紹介!※プロフィールや代表曲にも注目

ご訪問ありがとうございます。今回は、韓国の大人気アイドルグループ、BTOB<ビートゥービー>についての記事となります。グループ内の人気順や、プロフィール等の考察をして行きたいと思います。少しでも皆さまのご参考になれれば幸いです。ぜひご覧ください。

BTOBメンバーを一挙にご紹介!見分け方にも注目!?

2012年にデビューを果たした、韓国の7人組男性アイドルグループ「BTOB」。今回の記事では、BTOBメンバープロフィールを、それぞれの見分け方と共に、ご紹介して行きます。あの子実は〇〇だった!?という発見が見つかるかも知れません!それでは早速、プロフィールのご紹介を始めたいと思います。

BTOBメンバーを人気順にご紹介!プロフィールPART1

最初にご紹介をするのは、BTOBの中でも、圧倒的人気を誇るメンバー、”ソンジェ”さん。歌唱力や、演技力には、かなりの定評があると言われています。そんなソンジェさんは、なんとBTOBメンバーの中で最年少!見分ける際には、「一番若い男性」と覚えてください。

BTOBメンバーを人気順にご紹介!プロフィールPART2

続いては、先ほどご紹介をしたソンジェさんと、BTOB内で人気を二分しているメンバーをご紹介します。ズバリ、”ミニョク”さんという男性です。ミニョクさんは、運動神経抜群の方で、グループ内だけに留まらず、芸能界単位で見ても、かなりのスポーツマンなのだそうです。見分ける際は、「筋肉」を目印にしてください。

BTOBメンバーを人気順にご紹介!プロフィールPART3

BTOBグループ内で、3番目に人気があると言われているメンバーは、”イルン”さんという男性。彼はグループ内でも、群を抜いて愛されキャラなのだとか。イルンさんの担当パートは、メインラップです。彼を見分ける際は、「ラップパート」を多く歌っているかどうかをチェックする事が、ポイントとなってきます。

BTOBメンバーを人気順にご紹介!プロフィールPART4

BTOB4番手の人気と言われているのは、”チャンソプ”さんという男性。チャンソプさんは、元々ミュージシャンを目指していたと言われています。ドラムやピアノを特技とし、ボーカルをもこなしてしまうチャンソプさん。「音楽の才能」が秀でているという部分が、チャンソプさんを見分ける際に、役立つかもしれません。

BTOBメンバーを人気順にご紹介!プロフィールPART5

続いてご紹介をする、BTOBメンバーは”ウングァン”さんという男性です。幼い頃から歌手になるのが夢で、その夢を見事実現させた人物でもあります。ウングァンさんを見分ける際にポイントとなるのは、「リーダー」という部分です。彼は、BTOBのリーダーを務めています。

続いてご紹介をするメンバーは、”ヒョンシク”さんという男性。彼の最終的な目標は、プロデューサーになる事だと言います。見分け方は、「日本語の堪能さ」。ヒョンシクさんは、アイドルとしての才能に加え、語学も堪能と言われています。

最後にご紹介をするメンバーは、アメリカ合衆国シカゴご出身の”プニエル”さん。韓国語がまだ、あまり得意では無い様なのですが、パフォーマンスに定評があります。プニエルさんは、ヘアスタイルを見分け方のポイントとして利用すると分かりやすいです。彼の髪型は殆どの場面において「丸刈り」であるようです。

BTOBを語る上で外せない代表曲といえばコレ!

BTOBファンならまず、この曲を抑えなくてはなりません。『WOW』<ワオ>という楽曲で、2012年9月にリリースされました。『WOW』が収録されているアルバムは、ミニアルバム「Press Play」<プレスプレイ>。この曲は、ダンスにも特徴があるので、ぜひ踊ってみてください。

続いてご紹介をする、彼らの代表曲は、『Thriller』<スリラー>という楽曲。2013年、こちらも9月に発売された作品です。2016年に開催された、BTOB楽曲のファン投票では、見事1位に選ばれるほど人気のある曲となっているようです。一度聞いたら、耳から離れなくなる、印象的な楽曲となっています。

BTOBの経歴・プロフィールをおさらいPART1

ここまでご紹介をしてきた、話題の大人気アイドルグループBTOBについて一体どんなグループなのか、既に詳しくご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、改めてプロフィール等のおさらいをして、記事を締めくくりたいと思います。それではBTOBの一部プロフィールを紐解いて行きましょう。

BTOB(ビートゥービー/비투비/Born to Beat)は韓国・アメリカ出身のCUBEエンターテインメントに所属の7人組男性アイドルグループ。「BTOB」は「Born To Beat」の頭文字を組み合わせたもので、「新しい音楽(ビート)とステージを披露するために生まれた」という意味が込められている。

来歴

2012年3月21日シングル『秘密(Insane)』でデビュー[1]

2014年11月12日シングル『WOW(JPN ver.)』で日本デビュー[1]

2017年「그리워하다(恋しがる/Missing You)」で音楽番組7冠を達成

[2][3]

。12月、4度目となる単独コンサート「2017 BTOB Time~僕たちのコンサート~」を開催[4]

(引用元:Wikipedia)

BTOBの経歴・プロフィールをおさらいPART2

ディスコグラフィ

ベストアルバム(日本盤)

  • BTOB JAPAN BEST ALBUM 2014-2017 〜1096DAYS〜(2018年)[6]

アルバム(日本盤)

  • 24/7 (TWENTY FOUR/SEVEN)(2016年)[6]

シングル (日本盤)

  • WOW(JPN ver.)(2014年)[6]
  • 未来(あした)(2015年)[6]
  • 夏色 MY GIRL(2015年)[6]
  • L.U.V(2016年)[6]
  • MOVIE – JPN ver. -(2017年)[6]
  • bpm82.5(2017年)[6]
  • ‘Brand new days ~どんな未来を~(2017年)[6]

DVD(日本盤)

  • BTOB 2015 1st CONCERT IN JAPAN 〜The Secret Diary〜(2015年)[6]

ミニアルバム (韓国盤)

  • Born TO Beat(2012年)
  • Press Play(2012年)
  • Thriller(2013年)
  • 뛰뛰빵빵(2014年)
  • Move(2014年)
  • The Winter’s Tale(2014年)
  • I Mean(2015年)
  • Remember That(2016年)
  • New Men(2016年)
  • Feel’eM(2017年)

(引用元:Wikipedia)

本記事を終えてのまとめ

今回の記事を通して、BTOBメンバーはどの方も個性的で、それぞれの特技に光るものがあり、誰一人欠けてはならない存在だという事が分かりました。歌も踊りも最高にクールな彼らが、ますます気になる存在となりました。今後もBTOBの活動に、注目して行きたいと思います。

長くなりましたが、今回の記事はこれで終わりとなります。いかがでしたでしょうか?少しでも、読者の皆さまに楽しんでいただけていたら幸いです。最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!またお会いできますように。