ヒロミと松本伊代の息子・小園凌央はイケメン?お説教エピソードも

2014年ころ、芸能界から遠ざかっていたヒロミさんは再ブレイクを果たします。現在では、DIYの腕前や奥さんの天然エピソードなどを楽しそうに語る姿などがおなじみになりました。そんなヒロミさんの息子・小園凌央さんも今回は紹介していきます。

ヒロミさんの息子(長男)は俳優の小園凌央さん

ヒロミさんの長男は小園凌央さんといい、俳優をされているようです。二世タレントということですね。やはり、華やかな業界で活躍する両親の背中を見続けてきたわけですから、憧れもあったのでしょうね。また。母親の松本伊代さんゆずりの天然ぶりで撮影現場を和ませたというエピソードも。

ちなみに小園凌央さんは、親の七光りではなく、両親の名前を伏せて俳優のオーディションに挑み、合格されたそうです。二世タレントの方はよく「親のおかげと言われるのが嫌だった」と語っています。どれだけ結果を出してもそんなことを言われる辛さは、計り知れないものがありますよね。

そんな小園凌央さんですが、ネットなど一部では「ブサイク」との声も上がっているようです。

小園凌央はヒロミの息子だった!ブサイクや嫌いと言われる?学歴や学校まで!

ヒロミさんプロフィール

本名は息子さんの名字からも分かるように小園浩巳(こぞのひろみ)。1965年2月13日生まれの今年53歳。出身は東京都八王子市。お笑い界に入る前には日産自動車の販売会社で1年程セールスマンを経験。営業成績は得意の喋りでトップクラスだったんだとか。

そのころに自動車の事故で生死の境をさまよいますが、長時間の手術の末、一命をとめます。その事がきっかけで、『好きなことをしよう』と以前から思いをはせていた芸能界入りを心に決めました。そんな過去があったとは知りませんでした。

DIYで人気のヒロミがリフォーム術を生かして会社設立?タッキーも入社か?

ヒロミさんといえば、最近はDIYブームを起こすほどの腕前で有名ですが、もともとは大御所にもタメ口をつかう、強烈なツッコミをするなどの豪快さが持ち味ですよね。一時期は、その芸風が時代に合わないからとスッパリ芸能界から遠ざかりますが、現在はこれらの個性を活かして活躍されています。

ヒロミさんの息子は2人!次男は大学生?

ヒロミさんの息子さんは2人いて、長男はさきほど紹介した小園凌央さん。次男は、小園隼輝(こぞのとしき)さんといい、現在は成城大学の学生さんなんだとか。長男の凌央さんが22歳ですから、まだ卒業する年齢ではなさそうですね。野球部に所属されているそうです。

小園凌央さんプロフィール。連ドラ初出演も。

1995年9月9日生まれの22歳。2015年3月に自らの力量を試すため両親の名前を伏せて参加したオーディションに合格して、芸能事務所のエー・チームに所属。 元は芸人の父、アイドルの母と同じ土俵で勝負しても勝ち目がないと悟り、両親とは異なる俳優の道に。同年9月の舞台『Letter2015』で俳優としてデビュー

2016年3月にNOTTVのドラマ『サクラ咲く』にレギュラー出演したのに続き、同年4月にフジテレビ系『僕のヤバイ妻』でテレビドラマ初出演を果たします。また、現在放送中の連ドラ、関西テレビ『健康で文化的な最低限度の生活』にも出演中です。

趣味は服集めなど。また、両親のことはヒロミさんを「ヒロミさん」、松本伊代さんを「伊代さん」「まっつん」と呼んでいるそう。両親を名前で呼ぶの家庭というのは珍しいですね。今でこそ角が取れて丸くなったヒロミさんですが、昔は相当怖かったといいますから、その名残でしょうか。

二世の不祥事でお説教のとばっちりを受けた小園凌央さん

2016年8月23日に同じく二世タレントである高畑裕太さんが性的な不祥事で逮捕され、2016年9月9日に示談が成立して不起訴処分となった事件。この事件に関して、小園凌央は全く関係ないのに二世タレントというだけでヒロミさんからお説教をされる羽目に。

立場が同じ2世タレントであるのでヒロミさんから「お前、最近調子に乗ってんのか!」とお説教をされ、責任ある行動を取れと1時間にわたってお説教をされてしまったんだとか。凌央さんは、どんな気持ちでお説教を聞いていたのでしょうか…。

また、ヒロミさんはもし小園凌央さんが事件をおこしたら情状酌量を求めないという立場を明かしています。もし妻の松本伊代さんが情状酌量を求めたとしてもヒロミさんはそういうことはしないほうが良いと思う、と語っています。

松本伊代さんプロフィール。結婚は1993年。

1965年6月21日生まれの今年53歳。出身は東京都大田区。中学3年生の時に原宿でスカウトされる。翌1981年に第5回長崎歌謡祭でグランプリを受賞。同年、TBS系『たのきん全力投球!』の田原俊彦の妹役オーディションに合格しデビュー。この時代のアイドルは、よく兄妹でくくられますよね。

同年10月21日、「センチメンタル・ジャーニー」でアイドル歌手としてもデビューした。当時のキャッチコピーは「瞳そらすな僕の妹」「田原俊彦の妹」。ヒロミさんとの結婚は1993年。売れっ子同士の結婚は、テレビが最大の娯楽だった当時は相当盛り上がったことでしょう。

結婚後もずっとラブラブ、ヒロミさんと松本伊代さんの馴れ初め

ヒロミさんと松本伊代さんといえばラブラブ夫婦として知られています。結婚から20年以上経った今でも新婚のような仲の良さというのは凄いですよね。そんな2人が、どんなきっかけで知り合ったのか、気になったので調べてみました。

アタックしたのは意外にも松本伊代さんの方からだったそうです。B21スペシャルというコントユニットで真ん中のポジションだったヒロミさんをみて、「真ん中の人かっこいいなあ」と思い、目を付けたんだとか。

当時、深夜番組に出演していた際にはスタッフとゴルフによく行っており、そのうちに、ヒロミさんも深夜番組に出るように。そんな中、テレビ局に行ったときにヒロミさんを見つけ、「あ!いた!ゴルフに誘わなきゃ!」と思って、初対面なのに「ゴルフに行きましょうよ」と強引に誘ったそうです。

人気者同士ですから、週刊誌対策には気を張っていたのかと思いきや、ふたりで映画など外のデートに行ったことはなく、デートはもっぱら家か、もしくは大勢の仲間と集まるか、ドライブデートだったそうです。つまり2人の結婚は電撃だったということですね。

ヒロミさんの奥さん・松本伊代さんの天然エピソード1

子どもが壁に落書きをしたとき、ヒロミさんが伊代さんに「ママも注意しなきゃダメ」と言ったら、伊代さんが壁に直接「ここに書いちゃダメ」と書いた。というのをエピソードは有名かと思います。ヒロミさんは、よく伊代さんの天然エピソードを語りますよね。

しかし、伊代さん曰くヒロミさんが語る自身の天然エピソードは後半が盛られていることが多く、実際はちゃんと紙に「ここに書いちゃダメ」と書いて貼ったと、ヒロミが話したことは違うと釈明されています。それにしても一緒に住んでいれば、エピソードには事欠かないでしょうね。

ヒロミさんの奥さん・松本伊代さんの天然エピソード2

自身が書いた本のPRで出演した番組で、伊代さんがうっかり漏らしてしまった言葉。「まだ読んでないんですけど、面白いので読んでください」。自分で書いた本ということになっていたのですが、この一言でゴーストライターの存在が発覚してしまいました。

また、TSUTAYAで借りたDVDをゲオに返す、海外で牛乳を手に取り「豚の乳じゃないよね?」と聞くなど、20年以上一緒にいるヒロミさんの口からは無限に伊代さんの天然エピソードが飛び出します。それを語るヒロミさんは幸せそうで、夫婦仲がうかがえますね。

ヒロミさんまとめ 結婚後もラブラブ。息子さんとの共演も?

今回はヒロミさんや小園凌央さんについて紹介しました。芸能一家で、奥さんと息子さんは天然。ヒロミさんは天然な伊代さんが好きなんですね。ヒロミさんは常識人としてキレのあるツッコミをされていることでしょう。いつか、バラエティで漫才さながらの親子の会話が見れたら良いですね。