仮面女子のメンバーの素顔はやっぱり可愛い?人気順のトップは?プロフィールも謎? エンタメ

仮面女子のメンバーの素顔はやっぱり可愛い?人気順のトップは?プロフィールも謎?

「仮面をかぶったまま歌って踊る」という異色の地下アイドルとしてブレイクした仮面女子。最近では仮面の下の素顔を公開し、プロフィールも少しずつ明らかになっているようです。仮面女子の人気ランキングと気になるスキャンダル情報についてまとめてみました。

人気順もわかる?仮面女子メンバーの可愛い素顔とプロフィール

今や仮面を脱ぎ捨て、地下アイドルから完全に脱皮しつつある仮面女子。仮面の下の素顔もやっぱり可愛いと評判で、ちょいエロコスチュームもオタクたちの間で大人気です。仮面女子メンバーの素顔とプロフィールについて簡単にまとめました。禁断の人気順もわかっちゃうかも?


出身校は謎?仮面女子メンバーで断トツ可愛い神谷えりな

生粋のオタクが選ぶ仮面女子メンバーのトップといえばやっぱり、神谷えりなさんでしょう。最近では地下アイドルの枠を軽々と飛び越えて女優業やグラビアなどでも大活躍しています。とくにグラビアは抜群に可愛いと話題騒然で、キュートなロリフェイスもさることながら美乳も見ごたえ充分で、ついつい何度も見返してしまいます。

名前も素顔も可愛い!月野もあのプロフィール

オタクたちの投票では暫定3位に選ばれている月野もあちゃん。仮面の下はキュートな素顔で、清楚系のコスチュームがよく似合う正統派アイドルです。プロフィールもなかなかの充実ぶりで、日本語教師、フルート奏者、軟体女子、大食いなど、アイドルには関係なさそうな趣味や特技をもつ仮面女子のエースです!

仮面女子一の負けず嫌い?猪狩もとか

今年の春、強風で倒れた看板の下敷きになって下半身不随の大けがを負い、車椅子生活を余儀なくされた猪狩もとかさん。突然の不幸にもめげず懸命にリハビリに励む姿がSNSなどでもほぼ毎日配信され、多くのファンからエールが寄せられました。残念ながら完治は望めないとのことですが、車椅子で元気に舞台に立つ姿を見せてほしいものです。

仮面女子の黒歴史!社長にいじめられた月宮かれんの死因

地下アイドルとして順調にブレイクしたかに見える仮面女子にも、やはり黒歴史がありました。2014年、不慮の事故によって逝去したと伝えられている月宮かれんさん。一説には社長のセクハラや洗脳を苦にしての自殺だったと言われており、かれんさんのほかにも犠牲者はたくさんいるとの情報もあります。

「社長はメンバーへの叱咤激励とともに、自分の言うことが正しいと洗脳してきた。それがあのスキャンダルで効力を失った。メンバーの脱退、休養が重なっているのも、そうした背景がある。何より、辞めたメンバーがマスコミに社長の洗脳術や性接待の内幕をペラペラしゃべっている。今は収まっているが、11月のコンサート前に再びスキャンダルが飛び出すかもしれませんよ」。中でも、最もヤバイといわれているのが、昨年7月に17歳で亡くなった「スチームガールズ」月宮かれんさんに関する話だという。「精神的に不安定になり、自殺したという情報もあるが、舞台裏で何があったかは、まだ明らかになっていない。社長の“洗脳”が深く関わっていたようですが……」

(引用:ライブドアニュース)

ポスト仮面女子!素顔も気になる次世代地下アイドル(人気順)

異色の地下アイドルとしてブレイクした仮面女子も、気づけばもう大ベテラン。アイドル界では早くも世代交代のきざしが見えており、活きのいい次世代地下アイドルたちが虎視眈々と「ポスト仮面女子」の座をねらっています。もうすぐ地下から脱皮しそうな人気アイドルについて人気順にまとめました。

メンバーは仮面女子より可愛い?まねきケチャ

中川美優、藤川千愛、宮内凛、松下玲緒菜、深瀬美桜からなる5人組のアイドルユニット。キャッチフレーズは「顔面偏差値のお化け」。デビューシングル、セカンドシングルともにオリコンのデイリーランキングで1位を獲得するほどの注目度をキープしています。

人気順でも上位!わーすた

坂元葉月、廣川奈々聖、松田美里、小玉梨々華、三品瑠香の5人で結成されたユニット。エキセントリックなサウンドと透明感のあるツインボーカルがトレードマーク。歌詞の世界観も独特で、地下アイドル初心者でも一度聞けばクセになる摩訶不思議な「わーすたワールド」で人気、実力ともに急上昇中です!

仮面女子のオマージュ?26時のマスカレイド

来栖りん、大門果琳、吉井美優、森みはる、亜桜しおん、江嶋綾恵梨の6人で結成されたユニット。ロック風のサウンドが妙に耳に残る正統派地下アイドルで、ファンからは「もはや神曲しかない!」とまで絶賛されています。マスカレイド(仮面舞踏会)というユニット名はもしや仮面女子へのオマージュかも?

仮面女子も経験?アイドルの素顔は努力家!

売れてナンボ、売れなきゃ地獄の芸能界。ただでさえ一般の注目度が低い地下アイドルはきびしい現状がつづいていて、仮面女子のように大ブレイクするなんてジャンボ宝くじの1等にあたるよりもずっと奇跡的なレベルだと言われています。地下アイドルの悲しすぎる、けれどどこか楽しそうな現実をご覧いただきましょう。

午後6時、うだるような暑さの中で起床。帰蕾○さんが5年住む家賃2万9000円の風呂なしアパートには、冷房などない。拾ってきた温度計はなんと38℃を示している。寝苦しくないのか?「暑いですけど寝るときは業務用の扇風機があれば大丈夫です」という言葉が表すように、汗だくの取材班を尻目に涼しい顔をしているのには驚きだ。そして慣れた手つきで、濡れタオルで体を拭き始めた。「実はタライ風呂は、流すときに排水管が破裂してしまい、大家さんから禁止令が出ました。現在は数日に一度タオルで拭いて、日雇いで残業したときは自分へのご褒美にネットカフェでシャワーを浴びますね」

(引用:ライブドアニュース)

素顔もプロフィールも公開!仮面女子の新たな挑戦

ブレイクしすぎて、もはや地下アイドルとはよべなくなった仮面女子。さまざまな派生グループが誕生しては注目を浴び、メンバーそれぞれに個性を活かして活動の幅を広げています。このあたりの手法は見事に48グループを踏襲していますが、生のライブを今でも大切にしているところに地下アイドルとしてのプライドが感じられます。

アイドルグループとして決して順風満帆ではなかった仮面女子。猪狩もとかさんの負傷事故や月宮かれんさんの訃報など、ブレイクまでにはいろいろとトラブルがありましたが、これだけのトップグループですからきっとどんなスキャンダルも乗り超えて、新たな挑戦を続けてくれることでしょう。

涼邑は今年1月20日、仮面女子に昇格し「20歳までに昇格」の目標を達成した。最後のあいさつで「声優になりたい」「日本武道館でライブ」「仮面ライダーに出演」と今後の目標を掲げた。小さいころからアニメ好きだった涼邑は「仮面ライダーのヒロインでも悪役でもいいです。自分も変身したい」と猛アピール。「平成ライダーは生身のアクションだけでなく、CGも加わって、戦闘シーンとか街の崩れようとかスケールが大きくなっています」と説明。続けて「変身ベルトはLEDを使っていて、地球にもエコ。私のベルトもできたらいいな」と野望を語った。

(引用:ライブドアニュース)

素顔もやっぱり可愛い仮面女子!プロフィールをもっと知りたい!

仮面女子メンバーの素顔と今後の展望についてまとめてみました。メンバーの訃報や事故など、ネガティブなアクシデントを乗り越えて、正統派地下アイドルとしてさらなる進化を遂げようとしています。次世代地下アイドルにも注目です!