欅坂46の歴代シングルフォーメーションまとめ!気になる決め方も? エンタメ

欅坂46の歴代シングルフォーメーションまとめ!気になる決め方も?

欅坂46の7th「アンビバレント」が2018年7月23日に発表されましたね。今回も例にもれず、平手友梨奈さんがセンターです。そこで、この記事では歴代のシングルのフォーメーションを振り返ってみます。また、どうやってセンターを決めているのかについても……?

欅坂46の歴代シングルのフォーメーションまとめ!

欅坂46のシングル曲の選抜フォーメーションを1stから7thまで完全網羅!順番に見ていくと、ちゃんとそこには意図があるのかも?全員がフロントを経験しているわけですからね、ちゃんとメンバーのことを考えて決めているようです。では1stから振り返ってみましょう。

欅坂46の歴代フォーメーション①サイレントマジョリティー

  • 3列目:齋藤冬優花、織田奈那、上村莉菜、長沢菜々香、小池美波、佐藤詩織、原田葵、米谷奈々未、石森虹花
  • 2列目:土生瑞穂、尾関梨香、守屋茜、菅井友香、志田愛佳、渡邉理佐
  • 1列目:渡辺梨加、鈴本美愉、平手友梨奈、今泉佑唯、小林由依

サイレントマジョリティーは2016年2月28日発表の曲ですね。まだこの段階ではメンバーの人気もはっきりと決まっていません。そのため、ダンスや歌の実力などに合わせてフォーメーションを決めているようですね。当時から平手友梨奈さんはセンターでした。

https://career-find.jp/archives/954

欅坂46の歴代フォーメーション②世界には愛しかない

  • 3列目:織田奈那、齋藤冬優花、原田葵、上村莉菜、長沢菜々香、小池美波、尾関梨香、米谷奈々未、佐藤詩織、石森虹花
  • 2列目:土生瑞穂、長濱ねる、菅井友香、守屋茜、鈴本美愉、小林由依
  • 1列目:志田愛佳、渡辺梨加、平手友梨奈、渡邉理佐、今泉佑唯

2016年6月26日発表。2作目となる「世界には愛しかない」ですが、前作とおおむね同じです。ただ、ひらがなけやきから長濱ねるさんが入り、21名となりました。またメンバーの人気も考慮してか、一部フロントと2列目が変わっています。

欅坂46の歴代フォーメーション③二人セゾン

  • 3列目:織田奈那、尾関梨香、長沢菜々香、上村莉菜、米谷奈々未、石森虹花、土生瑞穂
  • 2列目:今泉佑唯、菅井友香、渡辺梨加、長濱ねる、渡邉理佐、志田愛佳、小林由衣
  • 1列目:齋藤冬優花、佐藤詩織、小池美波、平手友梨奈、原田葵、鈴本美愉、守屋茜

2016年10月16日発表。フォーメーション自体ががらっと変わります。今回は、すべての列で7人。とはいえ、平手友梨奈さんのセンターは変わりません。そのほかのフロントメンバーは、これまでセンターを経験していない人も含めています。

欅坂46の歴代フォーメーション④不協和音

  • 3列目:土生瑞穂、石森虹花、尾関梨香、原田葵、齋藤冬優花、小池美波、佐藤詩織
  • 2列目:鈴本美愉、今泉佑唯、渡辺梨加、守屋茜、渡邉理佐、小林由衣、志田愛佳
  • 1列目:長沢菜々香、上村莉菜、長濱ねる、平手友梨奈、菅井友香、織田奈那、米谷奈々未

2017年2月26日発表。平手友梨奈さん以外のフロントメンバーは、この曲で初めてフロントを経験することになりました。この方針については多くの人が予想していたようですね。この時点でフロントになっていないのは土生瑞穂さん、尾関梨香さん、石森虹花さんの3人。やはり人気も考慮された結果となっているようです。

欅坂46の歴代フォーメーション⑤風に吹かれても

  • 3列目:斎藤冬優花、上村莉菜、織田奈那、今泉佑唯、佐藤詩織、長沢奈々香、米谷奈々未
  • 2列目:志田愛佳、渡邉理佐、原田葵、長濱ねる、小池美波、渡辺梨加、守屋茜
  • 1列目:土生瑞穂、菅井友香、小林由依、平手友梨奈、鈴本美愉、尾関梨香、石森虹花

2017年9月24日発表。ほとんどの人の予想通り、土生瑞穂さん、尾関梨香さん、石森虹花さんの3人がフロントへ。この段階で全員がフロント経験者となります。おそらくこれからも、バランスよくフロントは後退しつつ、平手友梨奈さん以外は経験回数に大きな差が出ない者と思われます。

欅坂46の歴代フォーメーション⑥ガラスを割れ!

  • 3列目:齋藤冬優花、長沢奈々香、原田葵、織田奈那、米谷奈々未、佐藤詩織、石森虹花
  • 2列目:志田愛佳、上村莉菜、菅井友香、長濱ねる、守屋茜、尾関梨香、渡辺梨加
  • 1列目:土生瑞穂、鈴本美愉、小林由依、平手友梨奈、今泉佑唯、小池美波、渡邉理佐

2018年2月4日発表。全員がフロントを経験したということもあって、フォーメーションとしては一周したという感じでしょうか。初期のフォーメーションに戻ったような印象です。それに伴ってセンターもついに平手友梨奈さんから変わるかと予想されましたが、それは変わりませんでした。

欅坂46の歴代フォーメーション⑦アンビバレント

  • 3作目:織田奈那、齋藤冬優花、守屋茜、渡辺梨加、尾関梨香、米谷奈々未、石森虹花、佐藤詩織
  • 2作目:上村莉菜、菅井友香、長濱ねる、小池美波、長沢菜々香
  • 1作目:土生瑞穂、鈴本美愉、平手友梨奈、渡邊理佐、小林由依

2018年7月23日発表。学業に専念するために休業している原田葵さんや体調不良で休んでいる志田愛佳さん、また2018年8月7日に卒業が発表された今泉佑唯さんが入っていないため、いつもと違って18人です。そういった事情もあってかフォーメーションはこれまでの方針とはやや異なります。

フロントは全員、前作「ガラスを割れ!」でもフロントを経験した人です。2列目と3列目の間でもあまり大きな変更はなく、固定化されてしまった印象です。もしかしたら、これまでのフォーメーションはひとまず一度は全員に経験させるというものであって、回数に差を付けないということではないのかもしれません。

欅坂46のシングルのセンター・フォーメーションの決め方は?

やはり気になるのが、どのようにしてフォーメーションをきめているか、ですよね。基本的にはダンスや歌のクオリティ、ビジュアル、そして何より人気の高さによって決まると考えられています。しかし欅坂46の場合はそれ以上に全員にフロントを経験させるという目標があったので、必ずしも人気に比例するとは限りません。

とはいえ一度フロントを経験させたら、あとは人気が色濃く反映されることになるでしょう。握手会での人気は分かりやすい指標になるかもしれませんね。また人気であっても、休業して復帰した直後であれば、すぐにフロントに戻るというのは難しくなるはずです。

今泉佑唯が卒業する理由は?

人気メンバーであり、6thでもフロントを務めた今泉さん。7thでは選抜されなかったことから、気が気ではなかったファンも多いはず。そして結局2018年8月7日、卒業することが発表されたのです。その理由は何なのでしょうか。

はっきりとしたことは分かりませんが、本人は以前、欅坂46の中に居場所がないと述べています。もしかしたらぎすぎすている間柄の人もいたのかも知れません。また平手友梨奈さんのことをライバル視しており、平手友梨奈さんがいないと欅坂46が成立しないといわれるのが悔しいと述べています。

さらに、平手友梨奈さんが目指しているものと自分が目指しているものは違う、とも。つまりそれは、欅坂46が目指しているものと自分が目指しているものも違うということ。だからこそ袂を分かち、新しい道を歩もうとしているのかもしれません。

欅坂46の歴代シングルフォーメーションまとめ!

以上、欅坂46の歴代フォーメーションを紹介しました。全員にフロントを経験させているあたりは、明確な意図が読み取れますね。しかし一度全員が経験した今となっては、今後どうなるのかわかりません。もしかしたら、このまま固定化されてしまうかもしれませんね。