欅坂46が紅白で内村光良とコラボで過呼吸を起こして失神!?原因は何?実は想定内?

欅坂46は2017年末の紅白歌合戦にて、不協和音を披露。総合司会の内村光良さんとコラボしたことでも話題になりました。ところが、不協和音の後にメンバーが過呼吸にも似たような症状を。倒れ込む人までいて、ファンは騒然としたのでした。しかしそれは想定内とのうわさも。

欅坂46が紅白で過呼吸で倒れる!原因は?内村光良も心配!

不協和音は、ダークなイメージを特徴としていますよね。そのため、メンバーが過呼吸で倒れたのも、そのダークな雰囲気を演出するためのヤラセだったのではないかという声もあります。また平手友梨奈さんのこの曲への思い入れは強く、過呼吸を起こすことも想定されていたのではないかという話も……。

平手友梨奈の髪型と前髪人気ランキング!欅坂46センターはアレンジもスゴイ!

紅白で過呼吸を起こした欅坂46メンバーは誰?

志田愛佳さん、鈴本美愉さん、平手友梨奈さんの3人です。すぐに看護師の手当てを受け、なんとか救急車で運ばれずに済むまでに落ち着いたそうです。鈴本さんは倒れ込む姿がテレビでもはっきりと確認され、平手さんは手が震えるところが確認されていました。

平手友梨奈が欅坂46のセンターに復帰!!ライブでは感動の嵐だった!!

欅坂46の異変に紅白で共演した内村光良も心配?

この時、欅坂46は内村光良さんとコラボしていました。以前から内村光良さんはコラボすることを熱望していて、この度それがかなったというわけですね。しかし一緒に激しく踊っていると、平手さんや鈴本さんがふらつくように。内村光良さんも心配し、声をかけていました。

欅坂46で鈴本美愉と志田愛佳は倒れ平手友梨奈は震える

鈴本さんが倒れるところはテレビにもはっきりと映っていたので、視聴者にもよく知られています。またはっきりとわかりませんでしたが、実は志田さんも倒れていることが判明。平手さんは倒れはしなかったものの、手が震えて最後のポーズが上手く決まらなかったようです。

欅坂46が過呼吸を起こした原因は不協和音の激しさ?

過呼吸が起きた原因は、不協和音への思い入れの強さが原因ではないかと言われています。というのもダンスも歌詞も激しい曲。頭を振り回したりするので、結構負担は大きいと思われます。内村光良さんもダンスの前に、もしかしたら踊れないメンバーが出るかもしれない、というのは聞いていたそうです。

欅坂46の過呼吸は想定内だった?

あらかじめ内村光良さんが聞かされていたように、想定されていた事態ではあるんですね。実際、その内村光良さんとコラボする直前も欅坂46は踊っています。なんといっても紅白歌合戦ですから、緊張もすさまじいものでしょう。

それと体力の消耗が相まって、踊れなくなる可能性は想定されていたと考えられます。しかし本人たちも、かなり覚悟を決めて立っていたそうです。内村光良さんはそのことについてのちに、すごいプロ根性だった、一生忘れないと語っています。

欅坂46が過呼吸で倒れたのはNHKのやらせ?

一方で、欅坂46が倒れたのはNHKのヤラセではないかという疑惑も浮上しているようです。というのも、放送後になってもNHK公式が何も説明しないことです。本番中に倒れるというのは放送事故ともいえるような出来事ですが、それについて何の説明もないということに違和感を感じた視聴者が多いようです。

ただ一方で、欅坂46が連続して激しいパフォーマンスをしていたこと、また年末までほとんどスケジュールが埋まりきっていて疲労がたまっていたという事実もあります。つまり、過呼吸で倒れたとしても不思議じゃないわけです。

また一緒に踊った内村光良さんも本気で心配しているわけですからね。もちろん、ヤラセのグルだったという可能性もなくはないですが……。これらのことからも、ヤラセだと断定できる根拠はありません。真相は本人たちにしか知り得ないですね。

欅坂46の失神に非難の声殺到!?

ヤラセという疑惑のほかに、単純にプロ意識が足りないという声も殺到しています。特に欅坂46のファンではない人から見れば、せっかく紅白歌合戦を楽しんでいるのに若い子が倒れる姿を見せられて非常に不快だという声が相次ぎました。

特にダンスで体力が足りないのは普段の努力が足りないから、プロなら観客の前で倒れるなんて言語道断、そもそも倒れるくらい頑張った自分に酔っているのではないかという声までさまざま。プロなら視聴者に心配をかけるな、不快だ、ということのようです。でもそういう人たちは心配していないのではないでしょうか。

欅坂46を心配そうに見つめる吉岡里帆に称賛!

紅白の時、審査員席にいた吉岡里帆さん。実は欅坂46のファンなんですね。そのため、この時のパフォーマンスでメンバーが過呼吸を起こしたときには、とても心配していました。そしてその姿に、視聴者から称賛の声が上がっています。

ものすごく心配そうに見てくれている吉岡里帆さんが優しい、ということで話題に。単に優しいからではなく、ファンだから心配でたまらなかったのでしょう。そしてこのことからも、ヤラセの可能性は低いような気がします。ヤラセならあらかじめ知らされているでしょうし、それなら称賛を受けるほど心底心配できないでしょうからね。

平手友梨奈は紅白のダンスが原因らしき負傷発覚

さらに、平手友梨奈さんはパフォーマンスの後に上腕三頭筋損傷していることが判明しました。全治1カ月のけがと診断されたそう。そのため、2018年1月の握手会は欠席しています。どうやら、紅白の時の1度目のパフォーマンスの時に負傷したと考えられています。

上腕三頭筋というと、二の腕の筋肉の一つです。この部分が損傷を受けていたとなると、内村光良さんとコラボしたときに手が震えていたことは合点がいきますね。他の二人は過呼吸だと思われますが、平手友梨奈さんに関しては過呼吸よりもこの筋肉の負傷の影響が大きかったのではないでしょうか。

内村光良がのちに舞台裏での出来事を暴露!

先ほども少し触れましたが、内村光良さんは紅白のときに舞台裏で、何人かは踊れないかもしれない、ということを聞かされていたわけですね。その舞台裏での出来事について、3月4日放送の「シブヤノオト」にて明かしています。

なんとスタッフから、「もしかしたら内村さんひとりでセンターに立つかもしれません」とまで言われていたそう。内村光良さんも覚悟を決めていたようですが、実際に欅坂46のメンバーは踊りました。そのことについて、内村光良さんはそのプロ根性をほめたたえています。

内村光良さんがこう語ったことに対して、ファンは称賛。「ウッチャンが優しくてほっとした」などと、安心の声が上がりました。ちなみに内村光良さんは新曲「ガラスを割れ!」を男っぽい曲だと発言。これはもしかして再びコラボの可能性もあるのではないかと言われています。

欅坂46が紅白で過呼吸を起こして倒れた時の情報まとめ!

以上、欅坂46が紅白で過呼吸を起こして倒れたことについてまとめました。症状は軽いようでその時は病院に運ばれませんでしたが、平手友梨奈さんは筋肉の損傷が発見され、全治一か月と診断されました。当初はヤラセとの声も上がりましたが、少なくとも怪我をしていたのは間違いないでしょう。

またスケジュールが埋まりきっていて体力が消耗していたこと、激しい曲の直後のコラボだったこともあり、過呼吸で倒れたのもヤラセではなく本当のことだと思われます。スケジュールを埋められ体力を奪われ、それでも何とかステージに立ってやり切ったものの、最後には倒れて視聴者からプロ根性の欠如だといわれる欅坂46でした。