東野圭吾のおすすめの小説作品を読書好きのためにランキング形式で紹介します!!

様々な作品が映画やドラマになり、大ヒット作品が多いことで有名な人気小説家・東野圭吾さん!!今回はそんな東野圭吾さんの小説の作品にスポットを当てて、現在までに世に出している作品の中から厳選しておすすめの作品をランキング形式で紹介していきたいと思います!!

東野圭吾のおすすめのミステリー小説を人気ランキング形式で紹介!!

現在までに様々なヒット作品を生みだし、映画やドラマでも実写化する作品が多い人気小説家・東野圭吾さん。今回はそんな東野圭吾さんの現在までに出版した小説の作品たちの中から厳選し、ランキングを作成!!

東野圭吾さんが出版したミステリー作品の詳細やあらすじなどを交えて、ランキング形式でいくつかに分けて紹介していきたいと思います!!紹介の前に、まずは東野圭吾さんのプロフィールをのぞいてみましょう!!!

ttps://career-find.jp/archives/114413

おすすめする小説作品の一位は何?東野圭吾のプロフィール!!

名前:東野圭吾 生年月日:1958年2月4日(60歳)最終学歴:大阪府立大学工学部 出身地:大阪府大阪市生野区 身長:180cm 血液型:B型 職業:小説家 事務所:フリーランス です!!

東野圭吾のおすすめ小説人気ランキング!第4位:秘密

まず東野圭吾のおすすめ小説ランキングの第4位にランクインしたのは、1998年9月10日に発売された小説『秘密』です!!東野圭吾さんはこの作品を短編「さよなら『お父さん』」として書きましたが、出来が気に入らなかったようで長編として書き直したそうです!!

没になった短編をみた担当編集者が、これはこれで面白いのではないかという意見を出したことがキッカケで短編集「あの頃の誰か」に収録したという経緯があります。また、もともとは「笑える小説」として書いたつもりが、結果として「泣ける話になった」などと話していたそうです!!

東野圭吾の小説「秘密」のあらすじは!?

杉田平介は自動車部品メーカーで働く39歳。妻・直子と11歳の娘・藻奈美との3人暮らしをしていました。1985年冬、直子の実家に行くために、直子と藻奈美の二人が乗ったスキーバスが崖から転落してしまいます。直子と藻奈美は病院に運ばれたものの、直子は死亡してしまします。

藻奈美は一時は回復不能と言われていたのにもかかわらず、奇跡的に助かります。ですがそれは、仮死状態になった娘・藻奈美の身体に死んでしまった妻・直子の魂が宿っていたのです。藻奈美の身体に宿った直子に、平介は戸惑いながらも周囲には決してばれないように生活していきます。

東野圭吾のおすすめ小説人気ランキング!第3位:ナミヤ雑貨店の奇蹟

次に東野圭吾のおすすめ小説ランキングの第3位にランクインしたのは、2012年3月28日に発売された小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』です!!この作品は東野圭吾さんの長編小説で、2011年4月号から2011年12月号まで角川書店の月刊誌「小説・野生時代」に連載されました。

そしてその後、角川書店により単行本が出版されました!!この作品は「第7回中央公論文芸賞」を受賞し、2013年と2016年、2017年に舞台化されて日本と中国でそれぞれ映画化されました!!

東野圭吾の小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のあらすじは!?

東野圭吾さんの小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、養護施設で育った幼馴染の翔太・幸平・敦也の3人はそれぞれに仕事に恵まれずに思い余った挙げくに空き巣に入った後に元雑貨店に逃げ込みました。これからの事を相談しようとしていた3人は、この廃屋で信じられないような出来事に遭遇します。

しかし元雑貨店の彼らの元には、いつしか冗談だけではなく深刻な悩みの相談までくるようになり、シャッターに付いている郵便受けと裏の住居の玄関にある牛乳箱を通して悩みと回答の書かれた手紙が行き来するようになっていったのです!!

東野圭吾のおすすめ小説人気ランキング!第2位:流星の絆

次に東野圭吾のおすすめ小説ランキングの第2位にランクインしたのは、2008年3月5日に発売された小説『流星の絆』です!!この作品は幼少期、両親を惨殺されるという過酷な運命を背負った三兄妹が詐欺を働きながら時効が迫る14年後に真犯人を追い詰める復讐劇です。

犯人の推理を軸に復讐・コンゲーム・禁じられた恋などの要素が描かれた作品で、東野圭吾本人は本作品の制作を苦痛に感ぜず、特にイラストは自分ではなく登場人物が書かせたと各種インタビューで語っていました!!この作品は2008年、「第43回書店新風賞受賞」を記録しています。

東野圭吾の小説「流星の絆」のあらすじは!?

東野圭吾さんの小説「流星の絆」は、神奈川県横須賀市にある洋食店「アリアケ」の三兄妹である功一・泰輔・静奈が夜中に家を抜け出して流星群を観に出掛けている間に、両親が何者かにより刃物で惨殺されます。三兄妹は身よりが無く養護施設で幼少期を過ごした後に相次いで詐欺などに襲われます。

強く生きるためいつしか彼等自身も、裕福な男性を詐欺で騙していきます。事件から14年経過して時効を迎えようとしていた時期に、洋食チェーン御曹司の戸神行成をターゲットにした3人は店の名物のハヤシライスの味から3人は政行が両親を殺害し、レシピを盗んだ犯人だと確信します。そして3人は・・・続きは作品を見ましょう!!

東野圭吾のおすすめ小説人気ランキング!第1位:白夜行

そして東野圭吾のおすすめ小説ランキングの栄えある第1位にランクインしたのは、東野圭吾さんが集英社「小説すばる」1997年1月号から1999年1月号に連載され、1999年8月に刊行されてベストセラーになったミステリー長篇作品『白夜行』です!!2005年には舞台化、2006年にテレビドラマ化もされました!!

連作短篇として連載されましたが、単行本では長篇に構成しなおして肝行されました!!発行部数は2005年11月の時点で55万部程度だったが、ドラマ第1話放送前後に売れ行きが伸びて2006年1月に100万部を突破。2010年12月時点で200万部を超えた作品となりました!!

東野圭吾の小説「白夜行」のあらすじは!?

東野圭吾さんの小説「白夜行」は、物語の19年前の1973年。大阪で起きた質屋殺しで何人もの容疑者が捜査線上に浮かびますが、決定的な証拠がないまま事件は迷宮入りになります。被害者の息子・桐原亮司と容疑者の娘・西本雪穂は、その後別々の人生を歩んでいくかに見えました。

連作短篇として連載されましたが、単行本では長篇に構成しなおして肝行されました!!発行部数は2005年11月の時点で55万部程度だったが、ドラマ第1話放送前後に売れ行きが伸びて2006年1月に100万部を突破。2010年12月時点で200万部を超えた作品となりました!!また韓国と日本で映画化もされているようです!

最後に

最後までご覧頂きありがとうございました!!いかがだったでしょうか?楽しく読まれて頂けたでしょうか!?あくまでも全てが真実ではなく、噂もありますので全てが事実ではりません!その辺りはご了承ください!!

東野圭吾さんのおすすめの小説作品のランキングに関して、また新しい小説の作品につきましても情報が入りましたら是非ともまた記事を追加していこうと思います!!またその時は読まれていただければ幸いです!!本当に最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!