柏木由紀の決意!AKB48を卒業しない理由と総選挙での戦略に迫る!

AKB48の初期メンバーが続々と卒業を発表するなか、レジェンドクラスになってもグループに残留している柏木由紀さん。柏木さんだったら卒業しても仕事のオファーはありそうなのにどうしてそこまでAKBにこだわるのでしょうか。柏木さんの決意に迫ります!

ババアになっても卒業しない?AKB48柏木由紀の決意

AKB48では渡辺麻友さんと同じ3期生で、グラビアでも活躍している柏木由紀さん。まゆゆの卒業によってAKBの3期生は柏木由紀さんだけになりましたが、それでも卒業の気配はなく、本人も「AKBをこのまま大事にしたい!」と語っています。柏木さんがAKBにこだわりつづける背景にはどのような思いがあるのでしょうか。

山本彩AKB総選挙・立候補辞退!!出馬しない理由ってナニ⁈

年齢は関係ない!指原莉乃、山本彩、柏木由紀の決意!

柏木由紀さんがベテランになってもAKB48を卒業しない理由ははっきりとは明かされていませんが、少なくとも表向きには「AKBが好きだから」というのが大きいようです。3期生が現役だった頃のAKBは確かに今よりも元気があり、どんな新しいことにもチャレンジできそうなエネルギーにあふれていました。今は昔、という感じでしょうか。

指原莉乃に整形疑惑浮上!!顔が変わった!?鼻が高くなってる!?

グループ兼任が理由?実は卒業できない柏木由紀

AKBだけでなく、NGT48のメンバーでもある柏木由紀さん。AKB48の勢いがある程度落ち着いてきたとはいえ、グループをふたつも掛け持ちするというのはやっぱり並大抵の精神力ではありません。もしかしたら、NGTとの同時卒業も考えているのでは?それはそれでちょっと寂しいんですけどね。

卒業しても売れない?柏木由紀残留のシビアな理由

ちょっとシビアな見方ですが、柏木由紀さんはひょっとしたら「卒業しない」のではなく、「卒業できない」のかもしれません。すでに卒業した初期メンバーの苦戦ぶりを柏木さんも見ているはずで、卒業したからといって必ずしも順風満帆にいかないことはとっくに計算ずみのはずです。柏木さんはけっこう打算的なのかな?

卒業への布石?柏木由紀の小説家デビュー

3期生が次々にAKB48を去っていくのを柏木さんも指をくわえて黙って見ているわけではありません。何と、アイドル業の傍ら作家デビューまで果たした柏木由紀さん。処女作「アイドル誕生」はすでに出版されており、ベストセラーになる気配を見せています。ありそうでなかった文芸アイドル。柏木さん、いいポジション見つけましたねぇ。

今年に入って柏木の周辺は騒がしい。小説家デビューだけでなく、NHK大河ドラマ『西郷どん』出演、下着ブランドのアンバサダー就任など、アイドル以外の分野での活躍が目立つ。実際、「AKB48選抜総選挙」は2年連続で辞退し、後輩の雄姿を見守った。やはり卒業が近づいているのだろうか。柏木はこう笑う。「以前は、いつ卒業するんですか?という声が多かったのに、最近は、卒業しないでくださいと言われることが圧倒的に多いんです。まだ必要とされていることがすごく嬉しい。新しいフィールドへのチャレンジは卒業を意識してのものではなく、気がついたらそうなっていた感じ。でも、引き出しが1つずつ増えるたびに、ワクワク感を味わっています」

(引用:NEWSポストセブン)

卒業で失敗?AKB初期メンバーの笑えない現実

大島優子さん、小嶋陽菜さん、板野友美さん……これまでにたくさんのメンバーがAKBを盛り立て、そして卒業していきました。どのメンバーも卒業直後はそれなりに話題になりましたが、やはり現役時代よりは勢いが落ちている印象で、「卒業という名の引退勧告」とまで言われています。

美乳キャラも限界?小嶋陽菜

柏木由紀さんとならぶ美乳の持ち主として現役時代は話題だった小嶋陽菜さん。卒業後もしばらくはきわどい美乳グラビアで露出していたようですが、最近ではこれといった活動もなく、AKBブランドも薄れつつあります。まあ、IT系社長に御執心のようですからそれはそれでいいのかもしれませんが……。

グラビアでも不発?高橋みなみ

AKBの頼れる初期メンバーであり、総監督まで務め上げた高橋みなみさん。グループ卒業後も決して消えたわけではなく、現在もニッポン放送などでパーソナリティを務めるなど、トーク力を活かして細々と生きのびているようです。

卒業でいちばん損した?板野友美

一時は「AKBでいちばんかわいい」とまで言われ、スキャンダル女優になりかけた板野友美さん。卒業後はグラビアや女優業に挑戦しているみたいですが、失礼ながら目立った活動は見あたらず、CDをリリースしても売れない、ドラマで脱いでもあたらないという八方ふさがりの状況にあると言われています。

今年はタレント・久本雅美とダブル主演を務める映画『イマジネーションゲーム』の公開も控えているが……。「板野は、夫に復讐するブロガー役を演じているとか。しかし、久本と板野という“オワコン”感の漂う2人を起用した同映画に、『ここまでそそらない組み合わせがあっただろうか……』『香ばしい2人』と冷ややかな声も。このままでは、音楽活動のみならず、女優活動も中途半端な印象になりそう」。脱ぎ仕事を復活させたことで、厳しい状況が垣間見える板野。今後は下着に留まらず、さらに露出度を上げるしかないのだろうか?

(引用:ライブドアニュース)

フィナーレは総選挙?柏木由紀の決意とAKB卒業計画

どんなアイドルでも、いつかは引退の時期が訪れます。柏木さんにしても、自分がいつまでもAKB48にしがみついていられるとは思っていないでしょう。ここ数年の総選挙には出ていない柏木さんですが、どこかでは「総選挙を最後の舞台にしたい」という思いがあるのではないでしょうか。柏木由紀、1位……ぜひ聞いてみたいアナウンスですよね。

いよいよ卒業?理由を探している柏木由紀

AKBグループに残留しつづけているメンバーはたくさんいます。指原莉乃さん、峯岸みなみさん、横山由依さん。世代は微妙に違いますが、いずれも発展途上のAKB48を支えたメンバーであり、ひとりひとりが殿堂入りしてもおかしくない逸材です。

今の柏木由紀さんに必要なのは「AKBにこだわる理由」ではなく、「AKBに別れを告げる理由」ではないでしょうか。全盛期の勢いがもう戻ってこないことはおそらく、柏木由紀さん自身がいちばんよくわかっているはずです。「そんなに無理しなくていいんだよ」と言ってあげられるのはファンしかいない?

「前田敦子は月9ドラマに出演するなどマシな方。大島優子は海外留学で戻ったら苦戦しそう。篠田麻里子は女優業がパっとせず、小嶋陽菜は金は持っているのでマイペースで大した仕事もせず。板野友美はCDがまったく売れていない。ハッキリ言ってどの元メンバーもオワコン一歩手前」。そんな元神7メンバーをよそに仕事が好調な元メンバーもいる。「グループ時代は握手会などでの“塩対応”が話題になっていたぱるること島崎遙香と握手会でのファンによる傷害事件を乗り越えた川栄李奈です。2人とも気軽に脇役で起用できるのでオファーを出しやすい。ぱるるは不思議なオーラがあり、川栄はドラマで“乳もみシーン”もこなしたほど。2人の芸能界でのポジションは今や元神7メンバーたちよりも上です」

(引用:ライブドアニュース)

生涯アイドル宣言!まだまだ卒業できない柏木由紀の決意

3期生がほとんど卒業して、一部では「ババア」とまで言われている柏木由紀さん。卒業しない背景にはアイドルならではの複雑な事情があるようですが、卒業するにせよしないにせよ柏木さんがトップクラスのアイドルであることに変わりはありません。作家デビューも果たした柏木さんの今後を温かく見守ってあげましょう。