風間俊介の西郷どんで「橋本佐内」役を名演!異端児の演技力とは

アイドルが演じないような役柄も演じ、トーク力も抜群という風間俊介さん。それ故に「ジャニーズの異端児」と呼ばれているのは有名ですね。今年の大河ドラマ『西郷どん』では若き日の西郷隆盛の盟友・橋本佐内の役を見事に演じ切りました。

西郷どんで大河ドラマ初出演の風間俊介さん!

今年の大河ドラマ『西郷どん』で風間俊介さんは主人公の盟友という重要な役柄で初出演を果たします。若くして命を落とす橋本佐内はすでに劇中では死亡しています。もう回想でしか風間さんをみることはできませんが、壮絶な最期は視聴者の記憶に深く刻まれました。

今回は風間俊介さんと、風間さんが演じた橋本佐内の紹介をしていきたいと思います。26年の短くも太く生きた橋本佐内がどんな人物であったのか、彼が劇中で死亡して数か月が経った今、あらためて彼の人生や人柄を学んでいこうと思います。

西郷どんの風間俊介さん!プロフィールは?

1983年6月17日生まれの今年35歳。出身は東京都墨田区。身長は164㎝。俳優をメインに活動されていますが、アニメ『遊戯王』では主役・武藤遊戯役で声優も務めています。デビューは1997年、中学2年生のときにオーディションに合格してジャニーズ事務所に入所します。

脚光を浴びたのは2011年。10年ぶりにプライムタイムの現代ドラマでレギュラー出演した『それでも、生きてゆく』で日本放送映画芸術大賞助演男優賞やザテレビジョン第70回ドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞すると翌年の連続テレビ小説『純と愛』で知名度が跳ね上がります。

ジャニーズの所属ですが主に俳優として活動をされていて、ジャニーズの演技派として定評があるようです。ドラマ出演が増えたことで21歳の時にはもう踊らなくなり、ジャニーズのオールスターが出演するジャニーズカウントダウンライブのような場にも呼ばれなくなったそうです。

2010年の映画『前橋ヴィジュアル系』に出演した際のインタビューでも「歌を歌うのは6、7年ぶり。ジャニーズ事務所にあるまじきこと」と語っていたんだとか。また、趣味は読書やゲーム、特に大好きなのはディズニーなんだとか。

風間俊介のディズニー愛が止まらない!?リゾート内での目撃情報は?

風間俊介さんの異名「ジャニーズの異端児」

風間俊介さんには「ジャニーズの異端児」という異名があります。その由来はジャニーズの所属タレントが演じないような人物も幅広く演じたことにあるようです。脚光を浴びるきっかけになった2012年のNHK連続テレビ小説『純と愛』では、温厚に見えて内面に狂気を秘めた待田愛役を熱演し話題になります。

また、2015年の映画『Zアイランド』ではアイドル事務所のタレントらしからぬ「エロ医者」役を演じた際には、舞台挨拶で役柄と自身の「むっつりスケベなので、大差はないかなあ」と、ジャニーズらしからぬとも言える発言で会場をわかせたんだとか。確かに、異端児の異名も納得の俳優ぶりですね。

風間俊介に再ブーム到来!ジャニーズの異端児の全貌とは?FOUR TOPSって?

風間俊介さんが西郷どん・橋本佐内役で名演

そんな風間俊介さんは今年の大河ドラマでの橋本佐内役が名演だと各所で絶賛されています。橋本佐内は天才と呼ばれ26歳という若さで死亡した男。しかし35歳の風間俊介さんはこの役を見事に演じ切ります。橋本佐内が処刑される回の前の次回予告では史実を知っている方も涙したんだとか。

それだけ、西郷隆盛の盟友である橋本佐内の役が風間俊介さんにハマっていたということですね。筆者も幕末には詳しくはないのですが西郷どんは初回から観ていて、橋本佐内は西郷の晩年までともに時代の荒波に立ち向かう盟友・戦友であり続けると思っていたのでショックでした。

風間俊介さんの名演、演技の完璧さ

風間俊介の演技力には定評があるようですが、大河ドラマ初出演で演じる清廉な藩士、橋本左内のにじみ出るような誠実さ、言動に豪快さや派手さがなくとも目を引く内なる力を秘めた佇まいは視聴者に橋本佐内という人間の魅力を最大限に伝えてくれたと思います。

ドラマの現在の進行具合では勝海舟や坂本龍馬、岩倉具視など幕末のビッグネームとも出会っており、西郷隆盛は出会いに恵まれた人物であるという印象を受けますが、若き日の西郷に多大なる影響を与えた橋本佐内もその1人であるということですね。

風間俊介さん演じる橋本佐内とはどんな人物?

天保5年(1834年)、福井藩奥外科医・橋本長綱の長男として誕生しました。幼いころから神童で知られた橋本左内は、15才の頃、情けない自分を戒めるために『啓発録』を執筆。子供っぽさを捨て、人付き合いを大切にすることなどを書いています。

西郷との出会いは1855年。そして2年後の1857年、秀才ぶりがすでに有名だった橋本佐内は24歳で福井藩主・春嶽の目にとまり近侍となり江戸に上がりました。そこで左内は中根雪江と協力し、春嶽の手足として条約問題や将軍後継問題に取り組むことになりました。

西郷は7歳も年下で華奢な佐内をはじめは馬鹿にしていましたが、話をしてみると印象が180度変わり、翌日謝罪したそうです。また、佐内の方も自分が訪ねてきたのに気づかず相撲を取っていた西郷に皮肉を言ったんだとか。最高の仲間との出会いは最悪、現実でもフィクションでもよくある話ですね。

橋本佐内は安政の大獄で26歳で命を落とす

そんな橋本佐内は26歳で刑死します。原因は悪名高い「安政の大獄」ですね。井伊直弼は大老に就任したことで、当時の幕府の最重要問題でもあった将軍後継問題を巡って対立していた人物を片っ端から粛清していきます。橋本佐内もその1人でした。

井伊直弼は対立した大名に対しては隠居や謹慎を言い渡して政治の舞台から引きずり降ろし、藩士に対しては処刑を言い渡すこともありました。そして、橋本佐内は将軍後継問題に介入したことを咎められ、尋問の末に捕縛された翌年の1859年に斬首となります。

西郷隆盛は最期まで橋本佐内の手紙を持っていた

西郷は橋本佐内を、「友として最も尊敬する」と評していたそうで、西南戦争で自害した西郷の懐には佐内からの手紙が入っていたんだそうです。西郷の自害は佐内の刑死から18年も後の1877年。西郷にとって忘れたくない存在であり、一緒に過ごした時間が特別だったという何よりの証ですね。

ドラマも残すところ4か月ほど。西郷の西南戦争での自害は年末まで見られないでしょうが、その際に佐内の手紙や回想などのシーンがあれば視聴者たちの感涙は必至ですね。西郷どんという作品の魅力を引き立てるのに大きく貢献した人物なのは間違いありませんね。

風間俊介さんのディズニー愛

風間さんで有名なのが凄まじいほどのディズニー愛。今年5月のTBSの『マツコの知らない世界SP』では、ディズニーランドの専門家として出演。「ディズニーとは一生添い遂げようと思っています」と、マツコさん相手にディズニーランドの魅力を熱弁。

その回ではなんと「台本も僕が作った。写真とかも全部撮って来たんです」と、台本・フリップも全て風間さんが完全監修したほど。「この世界は夢と魔法でできているわけではないと、今日断言したい」など、独自の視点でのディズニーランド愛を語りまくったんだとか。

まとめ 西郷どんでの名演など

今回は風間俊介さんと橋本佐内について紹介しました。2人とも魅力的な人物であることが分かりましたね。西郷どんでの風間さんは、すでに佐内は刑死していますが、もしかしたら西郷の回想でまた見られるかもしれません。楽しみですね。