石野真子は石原さとみよりもかわいい!?その美の秘訣や習慣を大公開! エンタメ

石野真子は石原さとみよりもかわいい!?その美の秘訣や習慣を大公開!

石野真子さんと言えば1978年のデビューから現在まで衰えることのない美しさや可愛さで高い人気を誇る女優さんですが、実は最近では意外な才能も開花させているようです。本記事ではそんな石野真子さんの美の秘訣や意外な才能について紹介していきます。

石野真子は垂れ目がかわいい!美の秘訣と習慣とは?

石野真子さんと言えば、デビューをした当初はタレ目と八重歯がチャームポイントで大人気になったアイドルですが、現在ではなんとアラカンということなのですが全くそのような感じに見えないほど可愛らしい方です。

芸能界にも多くのファンがいる石野真子さんですが、一体どのようにすればこんなに可愛く歳を重ねることができるのでしょうか。石野真子さんは日々習慣にしていることがいくつかあるそうですので、それらを真似すると石野真子さんのように可愛く歳を重ねることができるかもしれません。

↓↓↓石原さとみさんの整形に関する最新の情報は、こちらの記事の方でまとめています!↓↓↓

石原さとみを抑えタレ目がかわいい女性有名人2位!

2015年にウェブサイトgooのランキング編集部が、「タレ目がかわいい!女性有名人ランキング」というテーマでアンケートを行っていたのですが、その結果でなんと女性有名人の中で2位になったとのことです。その時の一位はトリンドル玲奈さんです。

一位のトリンドル玲奈さんとの差はわずか3票でかなり僅差でした。石野真子さんと言えば、デビュー当時のキャッチフレーズが「100万ドルの微笑」で優し気なタレ目とかわいい八重歯がチャームポイントで今でもそのタレ目は健在です。

石原さとみを抑えた

なんとこのランキングで3位になったのは、現在大人気の石原さとみさんです。石原さとみさんと言えば、そのタレ目と魅力的な唇で男性のみならず女性からも人気が高く、ドラマや映画でも大活躍中の女優さんですが、そんな彼女を抑えて2位になりました。

多くの有名人がかわいいと大絶賛!

石野真子さんは、芸能界の中でも人気が高く、ダウンタウンの浜田雅功さんが自身の番組「ごぶごぶ」で、石野真子さんの熱狂的なファンであると語っています。「ごぶごぶ」に石野真子さんが電話出演した際には、頻繁にメールのやり取りをしていることも語っていました。

また、個性派俳優として人気の高い木下ほうかさんも、出演した番組内で、石野真子さんの親衛隊の副会長を務めていたとカミングアウトしており、嶋大輔さんも石野真子さんの親衛隊に入っており、現在でも石野真子さんのことを姫と呼んでいるそうです。

まだまだいる芸能人のファン

沢村一樹さんは「スター誕生」からデビューしたアイドルの中で石野真子さんが一番好きだったと告白しています。そして、爆笑問題の太田さんもファンの一人ですが、太田さんは石野真子さんのファンになったきっかけを語っていました。

過去に石野真子さんのラジオ番組に、石野真子さんのファンか松田聖子さんのファンに鞍替えするという失礼極まりないハガキを送ったところ、石野真子さんはそのハガキを笑いながら読んだそうで、そんなおおらかさに惹かれたと語っていました。

石野真子の美の秘訣!日々の習慣①:リンパマッサージ

石野真子さんは、毎朝の洗顔の後にクリームを塗り、「流れてね」と言いながらリンパマッサージを行っているそうで、手足や鎖骨などは時間に空きがあると「解毒棒」を使ってマッサージを行っているそうです。

石野真子の美の秘訣!日々の習慣②:睡眠と食事

石野真子さんは、美の秘訣として食事と睡眠を挙げています。食事に関しては白米に「押し麦」を入れているようで、スティックタイプのものを白米3合に対して2袋入れてお米を炊いてるそうです。また、1キロ増えたら翌日から食事調整をするとのことです。

睡眠に関しては、良い睡眠は美の根源ということで、睡眠をしっかりとりそのために難しい本をベッドに持ち込むそうです。なんでも石野真子さん曰く難しい本を読むとすぐに眠くなるので寝る前に読んですぐに寝るそうです。

石野真子の美の秘訣!日々の習慣③:お風呂

石野真子さんは美の秘訣として、お風呂であることをすることを語っていました。そのある事とは日替わりでお風呂を楽しむことだそうです。実際には読書やアロマバスなど毎日違うことをすることで長風呂をしているというのです。

石野真子の美の秘訣!日々の習慣④:鏡とはいいお付き合い

石野真子さんは鏡についても語っていました。鏡と言えば女性であれば毎日必ず化粧をする時や洋服を選ぶ時に見ると思いますが、石野真子さんは鏡の中に映る自分に心の中で「ありがとう」といつも言っているそうです。また、拡大鏡はあえて使わないそうです。

美の秘訣は恋をしているから?

石野真子さんが可愛いのはやはり恋をしているからでしょうか。これに対し石野真子さんはときめきが大事だとは思っているが、ときめくことがあまりないと言っています。さらに人間の脳はそうゆう風にできていることを本で読んだと言っていました。

一目惚れしやすかった?

しかし、過去にはすぐに好きになって困ることもあったそうです。荷物を網棚に上げてくれた人や、植木鉢のナメクジを取ってくれた人などに一目惚れをしたこともあるそうで、それだけを聞くとかなり一目惚れしやすい体質だったと思いますが、それが可愛さの秘訣だったのかもしれません。

一番大切なことは自分にあったもの

石野真子さんが語った美の秘訣は、毎日をあるがままに受け入れ、笑って過ごすことだそうです。睡眠をしっかり取ったり、好きな物をたくさん食べたりと自分にとっていいことをやることだと言われていました。

日々無理なくコツコツと

また、腹式呼吸やストレッチ、かかと上げなど日常生活の合間にちょっとでできることを、情報に振り回されることなく自分にあったものを選択し無理なく続けるようにしているとも語っていました。自分らしくいるということが一番の秘訣かもしれません。

石野真子の意外な絵画の才能

石野真子さんは絵を描くことが好きで、昔からずっと続けていたそうですがなんと驚きの金額で落札されたとの情報があります。石野真子さんは、顔彩という日本画用絵具で水彩画を描いており、お花をいただいたときなど素敵だと思ったものを描いているようです。

チャリティーオークションで落札されたその金額とは

公益財団法人を通じて、収益金を被災地の女性の支援にあてるチャリティーオークション「Seven Treasures~七人のアーティストの宝物アート~」という、東日本大震災の際が支援として行われたこのオークションに、石野真子さんも出展しました。

石野真子さんが出展した6号サイズの絵画ですが、仁科展に入選した新人画家の作品でさえ3万円が通常の相場と言われているのですが、なんと石野真子さんの絵画は131万円という金額で落札されたのです。知名度は確かに高いですが、知名度だけではここまで高い評価は付かないと言われています。

石野真子は垂れ目がかわいい!美の秘訣と習慣とは?まとめ

石野真子さんの可愛さの秘訣についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。無理なダイエットや変にお金をかけているわけでもなく、日々コツコツとできる自分にとって良いことを習慣とすることで自分らしく生きていけると語っていました。

そして、自分らしく生きていくことで可愛さや若さを保っているのだと思われます。そんな中趣味である絵画でも意外な才能を開花されるなど、自分が好きなことをしてそれがまた自分に帰ってくることで生き生きと生きていける、それが一番の秘訣なのかもしれません。