野田洋次郎の歴代彼女と歌詞との知られざる関係とは!?その彼女の現在は? エンタメ

野田洋次郎の歴代彼女と歌詞との知られざる関係とは!?その彼女の現在は?

野田洋次郎さんと言えば、人気バンドRADWINPSの作詞作曲を手掛ける現在活躍中のアーティストですが、そんな彼の歴代彼女には彼の手掛けた曲と知られざる関係があると言われています。本記事ではその知られざる関係と歴代彼女について紹介していきます。

野田洋次郎の歴代彼女と歌詞と現在は?

野田洋次郎さんは、自身のバンドRADWIMPSの曲の作詞作曲を手掛けるアーティストとして活動をしており、またプロデューサーとしてもCHARAさんやハナレグミさん、Aimer(エメ)さんらに楽曲を提供するなど幅広く活動をしています。

そんな彼の手掛けたRADWIMPSの曲の歌詞には歴代彼女と関係があると言われています。ファンの間でも人気の高い野田洋次郎さんが彼女とのことを綴った曲ですが、一体どの彼女との曲なのか気になることが多くあります。

野田洋次郎の歴代彼女①:マキ

まず一人目は、マキさんという方ですがこの方は一般人の方のため細かい情報は公開されていないのですが、RADWIMPSのファンの間ではかなり有名な方だそうです。「アサ芸プラス」によると、アルバムのスペシャルサンクスにあるMさんが、マキさんのイニシャルだと言われています。

野田洋次郎の歴代彼女②:臼田あさ美

臼田あさ美さんは、15歳の時にスカウトをされ約3年ほど芸能事務所には所属せずに雑誌モデルとして活動をしていた方で、2003年からは「CanCam」や「AneCan」の専属モデルをする中、女優としてドラマや映画、CMと幅広く現在も活躍しています。

最近ではドラマ「金と銀」、「架空OL日記」や映画「愚行録」や「南瓜とマヨネーズ」に出演しています。そして、2017年にはロックバンド「OKAMOTO’S」のドラーであるオカモトレイジさんと結婚したことで知られています。

熱愛スクープをされたことも

野田洋次郎さんと臼田あさ美さんは、2人が食器等と買いに行き、帰りに韓国料理やで食事をした後に野田洋次郎さんの自宅マンションに2人で帰った様子が、週刊誌「女性セブン」にて画像つきでスクープされたことで有名です。

野田洋次郎の歴代彼女③:吉高由里子

吉高由里子さんと言えば、高校1年生の時にスカウトをされ芸能界デビューを果たし、映画「蛇にピアス」で一躍有名になり、NHK「花子とアン」でヒロインを務め紅白歌合戦の司会を務めるなど現在も様々なドラマや映画で大活躍中の女優さんです。

そんな吉高由里子さんと野田洋次郎さんは2011年にRADWINPSのツアー後に友人の紹介で知り合い、交際に発展したと言われています。2011年のツアーと言えば「絶対延命ツアー」ですので、出会ったのは8月以降ということになります。

大喧嘩がスクープされる!?

2013年に二人の熱愛はテレビにて大きくスクープされ、二人の関係は順調にいくと思われていました。しかし、熱愛報道から半年経った後にフライデーによりスクープされるのですが、そのスクープの内容が二人が大喧嘩をしているところでそれにより破局したと噂されていました。

しかし、2014年にデート現場をスクープされたことで、ファンの間では二人は結婚をすると考えられていました。しかし、2015年に二人が破局したことを週刊誌によって報じられています。その原因は吉高由里子さんのマネージャーが事務所を退社したことによると考えられています。

長澤まさみとも噂に!?

長澤まさみさんと言えば、第5回東宝シンデレラオーディションでグランプリに選ばれ、2000年に映画「クロスファイア」で女優デビューし、その後も映画「タッチ」や「海街diary」そしてドラマでは「セーラー服と機関銃」や「ラスト・フレンズ」などで主演を務めるなど活躍をしている女優さんです。

長澤まさみさんは野田洋次郎さんと噂になる前からRADWIMPS大ファンとして、ライブにも行っていたようです。そして、長澤まさみさんは映画「君の名は。」の声優を務め、野田洋次郎さんらとともに「第70回毎日映画コンクール」の表彰式に出席するなど多くの接点がありました。

スクープはされたが

野田洋次郎さんと長澤まさみさんは女性セブンにより熱愛が報じられましたが、この時二人きりではなかったもののこの食事会をきっかけに急接近したと考えられています。しかし、これ以降続報はないのですが、今後熱愛に発展する可能性は考えられます。

RADWIMPSの曲の歌詞と彼女との関係は?

RADWIMPSの歌詞は、比喩的な表現が多く様々な想像が抱けるとして人気が高いのですが、有名な曲の中には野田洋次郎さんの過去の彼女とのことを思わせるフレーズが多く含まれています。どの曲とどの彼女が関係しているのか気になるところではあります。

野田洋次郎がマキへ向けた曲

野田洋次郎さんの手掛けた曲の中で一番多く出てくると言われているマキさんですが、RADWIMPSの曲の中でもマキさんが関係している曲はかなり多いです。「もしも」「あいラブユー」「4645」「ふたりごと」「有心論」「me me she」「05410-(ん)」「オーダーメイド」「七ノ歌」「メルヘンとグレーテル」などです。

ファンの間でも歌詞の内容について分析が行われているのですが、その中でも細かく分析されている曲が、「25個目の染色体」と「05410-(ん)」の2曲です。「25個目の染色体」は曲名に意味があると言われており、「05410-(ん)」には歌詞に意味があると言われています。

その意味とは?

「25個目の染色体」について、人間の染色体は46個あり2つで1対ですが23対はマキさんと野田洋次郎さんを現し、そこに「ハッピー運」と「ラッキー運」の2つを足して25個の染色体として表現されているのではないかと考えられています。

「05410-(ん)」の歌詞には、5度目の別れ話をされても自分は待っているという意味が歌詞に含まれていると考えられており、歌詞の内容からマキさんと別れている間は寝ているようなものだから、ヨリを戻すことで起こして欲しいと言っているとのことです。ちなみに「05410-(ん)」は語呂合わせで「オコシテ」です。

野田洋次郎が語った4つのRADWIMPS

野田洋次郎さんはインタビューでアルバムについて語っており、4つのアルバムはマキさんのために作ったとのことですがそのアルバムは「RADWIMPSS」「RADWIMPS2~発展途上~」「RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~」「RADWIMPS4~おかずのごはん~」です。

破局したことでタイトルが変わった!?

これらのアルバムは、マキさんと交際している最中に制作されたものですべてのアルバムのタイトルに「RADWINPS」が入っています。そして次のアルバムのタイトルは「アルトコロニーの定理」で「RADWIMPS」が入っていないためマキさんと破局したとみられています。

マキの現在は?死因が歌詞に!?

2006年にリリースした「有心論」は野田洋次郎さんがマキさんと破局した際に作った曲であると言われています。野田洋次郎自身もこの曲を聴くと辛いことを思い出すため、アルバムを聴く際にはこの曲を飛ばして聴くこともあるそうです。

破局だけとは考えにくい?

「有心論」の歌詞を読み解いていくと「マキさんが亡くなっている」のではないかと思わせるフレーズが出てきます。中でも「今日も生きて」や「この心臓にきみがいるんだよ」などはマキさんと破局しただけではないような表現とも考えられます。

野田洋次郎の歴代彼女と歌詞と現在は?まとめ

野田洋次郎さんの手掛けたRADWIMPSの曲はどれも人気が高く、感情移入ができますがそれもそのはずです。作った本人のリアルは感情が入っているため、その歌詞にはリアリティがあり聴く人の心にも届くと思われます。そんなことを考えながら曲を聴くさらに聴く楽しみが増えます。