大迫勇也の高校時代の活躍が伝説と言われる理由!高校はどこ?イケメンだった?

現在はドイツのブンデスリーガ、ヴェルダー・ブレーメンに所属し、かつ日本代表として日の丸を背負う大迫勇也選手。彼を語る上で高校時代の活躍は欠かせません。いったい何をした選手なの?どんな活躍ぶりだったの?相手チームからの評価は?彼のこれまでの活躍を見ていきます!

「大迫半端ないって!」が広まった高校サッカー

皆さんは「大迫半端ないって!あいつ半端ないって!」という言葉を聞いたことありませんか?これは第87回全国高校サッカー選手権準々決勝で滝川第二高校の選手が試合後に大迫選手に対して語った言葉です。何が半端ないのかというと「後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん!」だそうです。

この言葉がテレビで流れたことで有名になり、大迫選手を象徴する言葉になります。さらに面白いことに「大迫半端ないってTシャツ」なるものがとある会社から制作され、人気商品として注文が殺到しました。ちなみに大迫選手自体はこの言葉について「悪い気はしないけど、いい気もしない(笑)」と話しています。

大迫勇也はいつからサッカーを始めた?半端ないプロフィール

そんな半端ない大迫選手のプロフィールを紹介します。誕生日は1990年5月18日で出身は鹿児島県加世田市(現南さつま市)です。身長は182cmで体重は71kgで利き足は右です。3歳の頃から加世田市スポーツ少年団でサッカーを始め、中学前にはもうプロを目指すことを決意したそうです。早いですね…。

大迫勇也の出身高校はどこ?

大迫選手は鹿児島育英館中学校を経て鹿児島城西高校に進学しました。両校は同じ学校法人日章学園に所属しています。後述しますが鹿児島城西高校はプロサッカー選手も多く輩出してます。12歳の頃、母親に「サッカーで勝負したい」と語り体育コースのある私立中学校に進学しました。

大迫勇也は高校時代どんな選手だった?

ではいよいよ大迫選手の高校時代について見ていきましょう。大迫選手は高校1年生からすでにレギュラーとして活躍しました。同時にU-16の日本代表にも選出されるなど当初からその活躍ぶりが際立ったようです。ポジションはフォワードです。

大迫選手の特徴

1対1で勝てれば点は入れられると思っていた大迫選手は、監督やコーチとよく1対1をやっていたようです。そのため体の入れ方、預け方が上手く、また足の振りや反転の速さにも定評があったと言います。そして半端ないと評された後ろ向きトラップと、柔軟性が高く、総合的にレベルの高い選手であると思います。

ちなみにあの発言が生まれる要因となった後ろ向きトラップとは何でしょうか?サッカーでいうトラップとは、飛んできたボールを手以外の部分で止めて、コントロールすることです。つまり前に走りながら後ろから飛んできたボールを止めてコントロールするのが後ろ向きトラップで、想像するとかなり難しい技術であることがわかります。

大迫勇也の高校時代の活躍が半端ないくらいすごい!

大迫選手が高校1年生からレギュラーになったり、U-16の日本代表に選出されたりとの活躍は先ほどにも紹介しました。それだけ高いレベルにいた選手なのは間違いありませんが、そんな大迫選手にも弱点があったそうです。

大迫選手の弱点とは?

それは得点を取ることに貪欲でなかったことです。ゴール前に来ても積極的に狙わず、手数をかけてチャンスをうかがおうとしました。結果として、逆にチャンスをつぶしてしまうということがありました。高校2年生ではU-17の日本代表候補となりながらも落選してしまいました。

伝説となった高校3年生での活躍

しかし自分に足りないものを見つけ、積極的にシュートを打つようになった高校3年生以降はとんでもない活躍を見せます。県総体決勝の鹿児島実業高校戦で5ゴール、JFAプリンスリーグ九州では8試合で10ゴールという活躍で得点王に輝きました。また高円宮杯全日本ユース選手権ではガンバ大阪ユース相手にハットトリックを達成しています。

そして伝説となる第87回全国高校サッカー選手権。1回戦から決勝まで全ての試合でゴール、そのうち準々決勝までは毎試合2得点を記録します。これは史上初となりました。決勝で敗れてしまい準優勝となりましたが、大迫選手は1大会最多得点記録となる10得点をあげました。これは10年近くたった今でも破られておりません。

大迫勇也の高校時代のエピソード

高校時代の活躍ぶりを支えたエピソードなどを簡単に紹介します。まず先ほど落選したと書いたU-17日本代表のことです。実力的には十分代表にふさわしかったと思いますが、当時の城福浩代表監督は「ポジションを奪う闘志が欠けてる」として代表から外しました。この経験は大迫選手の一番の転機だったのかもしれませんね。

また、高校時代の小久保監督からはよく「1試合2点とれ」と言われていたそうです。1点で満足するなと解釈した大迫選手は2点とることが最低ラインくらいの感覚でいました。このような気持ちでいたからこそ最多得点記録をマークできたのだと思います。高校選手権については楽しかったとコメントしています。

大迫勇也と同じ高校の出身者は?

大迫選手の母校である、鹿児島城西高校は他にもプロサッカー選手を何人も輩出していると先ほど少し述べました。どんな選手がいるか、またサッカー以外では有名人はいるのかもここで見ていきます。

サッカー選手は誰がいる?

プロサッカー選手となったのは、まず大迫勇也選手と同期である藤枝MYFCに所属する大迫希選手です。名字が同じですが血縁関係ではありません。他には愛媛FCの西田剛選手や、鹿児島城西高校初の全国高校サッカー選手権大会出場に貢献した米田兼一郎選手などがいます。

サッカー選手以外の有名人は?

サッカー選手以外に目を向けますと、シドニー五輪に出場した陸上短距離の川畑伸吾さんやプロ野球横浜DeNAベイスターズ、福岡ソフトバンクホークスでプレーした細山田武史さん、演歌歌手の西田あいさんなどがいます。

大迫勇也のプロサッカー選手としてのキャリア

大迫選手の高校時代を中心に見てきましたが、せっかくなのでプロ入り後のキャリアも追ってみたいと思います。Jリーグでは鹿島アントラーズに所属しました。この時6クラブによる争奪戦が繰り広げられたそうです。鹿島に決めた理由は「雰囲気が成長につながる」と判断したからだそうです。

Jリーグ時代の活躍

開幕戦となったFUJI XEROX SUPER CUPのガンバ大阪戦後半44分から出場し、公式戦デビューを果たしました。その後AFCチャンピオンズリーグの上海申花戦で初先発初得点を記録します。2年目には背番号が9に変わりました。2013年にはハットトリックも達成しています。

ドイツ、ブンデスリーガへの移籍

2014年1月にドイツのプロサッカーリーグ、ブンデスリーガ所属のTSV1860ミュンヘンに移籍し、同年6月には1.FCケルンへ移籍し、2トップの一角として活躍します。そして2018-19シーズンからは移籍金約8億でヴェルダー・ブレーメンに移籍することになりました。

サッカー日本代表としての大迫勇也

日本代表初出場は2013年の東アジアカップでの中国戦です。オーストラリア戦で初ゴールをマークしました。その翌年の2014 FIFA World Cup Brazilでも代表として選出されました。そして今年、2018 FIFA World Cup Russiaでも本メンバーとして臨みます。

大迫勇也の理想のサッカー選手は?

大迫選手が理想のサッカー選手として挙げたのはティエリ・ダニエル・アンリさんと高原直泰さんです。どちらもフォワードとして活躍されました。「アンリのようななんでも出来るフォワード」や「高原さんのような決定力のあるフォワード」が大迫選手の目標とするところですね。

大迫勇也の妻はモデルの三輪麻未!

大迫選手は2014年3月に結婚いたしました。お相手はモデルの三輪麻未さんです。さらに同年10月にお子さんが誕生したようですね。妻となった三輪麻未さんとはどのような人物か気になる方もいると思いますので簡単に紹介します。

大迫選手の妻、三輪麻未ってどんな人?

三輪麻未さんは3歳で子役デビューします。大迫選手がサッカーを始めたのも3歳でしたね。ファッション雑誌『ピチレモン』や『Popteen』、『EDGE STYLE』のモデルとして活動し、ドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」や「お日柄もよろしく」(どちらも2010年)などに出演しました。

誕生日は1988年11月29日(大迫選手の2歳上ですね)で3歳下の弟さんがいるようです。2011年に大妻女子大学を卒業しました。その翌年に2人は知人の紹介で出会ったそうです。入籍日は3月5日で大迫選手のニックネームである「サコ」からこの日にしたそうです。

大迫勇也の年俸はやはり半端ない?

海外でも活躍する大迫選手の年俸もやはり半端ないのでしょうか。具体的な数字はわかりませんがFCケルン時代は推定2億円くらいであるとのことです。一説では1億8千万という話もあります。大体2億円とみてよさそうですね。日本人選手の中でも比較的高いほうだそうですが、あくまで推定ですので…

 

大迫勇也の海外からの評価は?

前述したように、2014年からドイツでプレーする大迫選手、海外での評価はどうなのでしょうか。2015-16シーズンは出場機会も減少し、25試合1得点に終わる不本意なシーズンで「ホームシックになり、ケルンから移籍従っている」との報道もされました。それだけ厳しい見方をしていたのでしょう。

しかし翌2016-17シーズンではファン投票による9月クラブ月間MVPに選ばれるなど活躍します。これ以降の海外の反応では「大迫はマジで最高の選手だ!」というものや「なんてぶっ飛んだゴールだ!」など高評価なものが多いです。新しく移籍するブレーメンのサポーター、ファンの方も楽しみにしているでしょう。

大迫勇也のワールドカップでの半端ない活躍に期待!

今年のロシアワールドカップの最終メンバーが発表され、大迫選手も見事選出されました。今回のメンバーは平均年齢が高いようで、経験豊富な選手が多いだけにより結果が求められるでしょう。そんなプレッシャーがかかる状況ですが、日本代表のフォワード、大迫勇也選手はきっと「半端ない」活躍をしてくれるでしょう!がんばれ日本!!

関連する記事

本田圭佑さんの目がおかしい?病気になっていた?病名が判明!?