玉置浩二が天才といわれる理由!音楽性と歌唱力は業界でもトップクラス?夫婦生活は? エンタメ

玉置浩二が天才といわれる理由!音楽性と歌唱力は業界でもトップクラス?夫婦生活は?

「もっと勝手に~恋したい~」。甘くささやくような歌声が特徴的な玉置浩二さん。安全地帯からソロになったあともヒット曲をコンスタントにリリースし、俳優としても活躍しています。玉置浩二さんが天才と言われる理由と歌唱力の秘密についてまとめてみました。

玉置浩二はやっぱり天才!業界人も認める音楽性

「安全地帯」のボーカルとしてブレイクした玉置浩二さん。どのヒット曲もメロディラインが印象的で、ふとしたときに思わず口ずさみたくなりますよね。玉置浩二さんが業界内部でも天才と言われるのには一体、どのような理由があるのでしょうか。プロフェッショナルから見た声をまとめてみました。

とにかく歌唱力の天才!何を歌ってもプロの玉置浩二

玉置浩二さんの歌唱力はもちろん、プロとしてファンを感動させるレベルですが、業界内部でもすこぶる評判が高く、誰もが知っている有名アーティストも「玉置浩二には一生かかっても勝てない」と敬意を惜しまないほどです。ラブソングでは甘く切なく、メッセージソングでは激しく訴えかけるように。テクニックの幅広さも玉置さんの凄さですよね。

メロディがとまらない!玉置浩二の天才的な楽曲提供力

セルフプロデュースも天才的な玉置浩二さんですが、長い音楽生活のなかで数多くの楽曲を提供しており、しかもかなりの割合でヒットさせています。楽曲提供をメインにしているアーティストはめずらしくありませんが、自分でもしっかり歌ってファンを感動させられるのは玉置浩二さんぐらいではないでしょうか。

演技も天才的!業界人も認める玉置浩二の俳優力

歌唱力も抜群の玉置浩二さんですが、俳優としての評価も高く、若い頃には歴史上の人物や障害のある青年など幅広い役を演じています。三谷幸喜さんいわく、「古畑任三郎」の主役、つまり古畑警部補は原案では玉置浩二さんにオファーする予定だったそうで、クールに事件を解決する切れ者刑事をイメージしていたとのことです。

枯れない理由は?玉置浩二の新たな挑戦

青田典子さんと結婚して以降は目立った活動がないように思われる玉置浩二さんですが、もちろんアーティストとして枯れたわけではなく、プロフェッショナルとして新たな挑戦をつづけています。最近のライフワークはオーケストラをプロデュースすることだそうで、まったく違う玉置浩二さんが見られる予感がします。

そして、今夏開催される待望の特別公演がついに発表された。指揮は世界の歌劇場で名声を獲得したデヴィッド・ガルフォース。さらに、ウイーン少年合唱団等とともに世界三大少年合唱団と称される、名門モナコ少年合唱団との共演が実現する。東京国際フォーラムの大舞台には、グレース王妃が愛し、地中海と太陽の国に誕生したモナコ少年合唱団が登場。玉置浩二の歌声が導く大きな愛と少年たちの夏が重なる、まさに一夜限りの“真夏の夢”が誕生する。

(引用:ライブドアニュース)

有名歌手のコメントつき?玉置浩二のライバルたち

「プロの中のプロ」として業界内部からも嫉妬される玉置浩二さん。天賦の才ともいうべきその歌唱力と音楽性については若手からベテランまで、幅広い世代のアーティストからリスペクトされています。玉置浩二さんの天才性を認めつつ同じ土俵で勝負するプロフェッショナルについてまとめてみました。

安全地帯とほぼ同期?中島みゆき

「元祖・シンガーソングライター」ともいえる中島みゆきさん。1975年のデビュー以来コンスタントにヒット曲を生み出しつづけ、そのうえ楽曲提供でもきちんと結果を出している中島みゆきさんは間違いなく、玉置浩二さんとならぶ音楽界の天才です。歌っているみゆきさんもセクシーですが、ラジオでのぶっ飛んだ語り口も最高です!

音楽性は玉置浩二と似ている?桑田佳祐

バンドから大ブレイクし、ソロでもヒット曲を連発しているという点では、桑田佳祐さんも玉置浩二さんに近い存在と言えるのかもしれません。桑田佳祐さんの場合コミックソングもたくさんつくっていますが、それも抜群の歌唱力があってこその話であり、バラードだけではつまらない、という桑田さんなりの照れ隠しなのかもしれません。

玉置浩二の後継者?aiko

気づけばもう40代。それぞれの時代でヒット曲を生み出しつづけているという意味ではaikoさんも玉置浩二さんのひとりと言えるのかもしれません。バンドとソロ。男と女。いろいろな意味で正反対のふたりですが、きっとプロフェッショナルにしかわからない、深い共通点があるのでしょう。

ポスト玉置浩二は表れる?業界人も認める音楽の危機

AKBの新曲がヒットチャートの上位をかざるなど、音楽業界は現在も活況であるかのように思えます。ただ、現実を見ると日本の音楽業界はかなり厳しい状況にあり、とくに「新人が育たない」という点ではかなり深刻なピンチをむかえていると言われています。

80年代は、10代の女性歌手が続々とデビューしていた。だがこのところは、すっかり激減してしまっている。いったいなぜなのか。大手レコード会社関係者はこう語る。「現在、女性歌手といえばアイドルグループが全盛。そのため才能のある子たちはまずグループのオーディションに応募し、メンバー入りを目指します。またCDが売れないため、各レコード会社も発掘・育成・プロモーション費用がありません。そのため、ソロの10代女性歌手のデビューはハードルが高くなっているのです」

(引用:ライブドアニュース)

離婚しない理由は?玉置浩二の気になる夫婦生活

玉置浩二さんといえば若い頃から、アーティストきってのプレイボーイとして知られていました。薬師丸ひろ子さんとの離婚劇はあまりにも有名ですが、不思議なことに、青田典子さんと結婚してからは不倫スキャンダルも落ち着き、マスコミの前でも夫婦仲睦まじい姿を見せています。

玉置浩二さん、青田典子さんといえば、お互いに若い頃は遊びまくった「スキャンダルマシーン」ですから、どうせすぐに別れるだろう(失礼!)と見られていましたが、気がつけばもう10年近くも夫婦生活がつづいています。青田典子さんは果たして、気まぐれなプレイボーイの玉置浩二さんをどうやって操縦しているのでしょうか。

長続きの秘訣は、青田が巧みに玉置を手のひらで転がせていることにあった。2013年11月、都内で行われた映画のPRイベントに参加した青田は夫婦円満の秘訣を語った。当時、玉置は連ドラに出演していたが、ときには撮影に行きたくないと自宅のクローゼットに閉じこもることもあったそうだ。だが青田は叱ることなく、あえて無視。玉置から話しかけてくるのを待ったり、朝食を美味しそうに食べて相手の気を引いたりしていたという。また、玉置を指して「新しいものを生み出す芸術家のような人は奔放さも必要なのかな」と余裕すら見せていた。

(引用:ライブドアニュース)

歌唱力が堪能できる!玉置浩二のベスト曲は?

グループ時代から現在まで、数多くのヒット曲を生み出している玉置浩二さん。どの曲も素晴らしすぎるのですが、あえて1曲だけベストを選ぶとすればやっぱり「ワインレッドの心」になるでしょうか。作詞は井上陽水さん。天才同士の感性がぶつかり合った名曲で、安全地帯がブレイクするきっかけになった曲でもあります。

天才に理由なし!玉置浩二の歌唱力はまだまだ進化する

安全地帯のボーカルとしても、ソロアーティストとしてもきっちり結果を残している玉置浩二さん。その音楽性と歌唱力は一流どころの有名アーティストも嫉妬するレベルで、「プロの中でもトップクラスに歌が上手い」とまで言われています。俳優やオーケストラにも挑戦する玉置浩二さんの今後にますます注目です!