梅宮アンナと羽賀研二、写真集を出版後すぐに破局!その破局の理由は?

90年代にワイドショーを騒がせた梅宮アンナさんと羽賀研二さんのカップル。記者会見で誠意を連発した事から誠意大将軍と呼ばれた羽賀研二。仲の良いペアヌード写真集さえ出したふたりでしたが、梅宮アンナさんと羽賀研二さんの破局の真相はいったいなんだったのでしょう?

90年代を代表する梅宮アンナと羽賀研二のカップル、写真集も!

90年代を代表するカップル、梅宮アンナさんと羽賀研二さん。梅宮辰夫の娘であるアンナと初代いいとも青年隊だった羽賀は、共にハーフの美男美女であり、2人の写真集も出版されます。しかし羽賀さんに多額の借金がある事が判明。さらにグラドル・桜庭あつこさんとの怪しい関係などが露呈し、父の梅宮辰夫さんが猛反対も。

そこで羽賀さんは記者会見を開き、真剣交際である事を猛アピール。そこで「誠意」という単語を多用した事から「誠意大将軍」とも揶揄されました。ですが一部報道では、実は、梅宮アンナさんは羽賀さんの借金の肩代わりをしており、破局後も、その借金の返済を続けていた、とも言われています。

悲報!俳優の草刈正雄さんの息子事故死!7階事務所から転落死、その原因は?

多くの借金があった羽賀研二、誠意大将軍と呼ばれた理由は?

羽賀研二さんには多額の負債があったことなどで、梅宮アンナさんと羽賀研二さんの交際は周囲が大反対。特にお父さんの梅宮辰夫さんは、羽賀さんを公然と批判し、交際に強く反対したため、たびたび、マスコミを賑わすこととなったのでした。羽賀さんはそのたびに誠意を振りかざし、「誠意大将軍」と呼ばれるように。

ただ、梅宮アンナさんとしては、実際に自分んが接している羽賀さんは、みんなが思っている羽賀さんと全然違うため、なぜ、みんながそんなに騒ぐのか、まったくわからなかったのだそうです。恋は盲目といいますが、そんな状態だったのかも。また恋愛は、周囲が反対するのに比例して恋心が燃えるので、そういった状態だったのでしょうか?

梅宮アンナの子供は娘一人?現在の様子と元旦那との別居や離婚の真相?!

梅宮アンナと誠意大将軍と呼ばれた羽賀研二の馴れ初めは?

梅宮さんは、街でスカウトされて、19歳の時、ラジオ番組でデビュー、女性ファッション雑誌、「JJ」の専属モデルになられると、「CLASSY」「VERY」などでも、活躍されました。そんな梅宮さんは、1994年頃から、タレントの羽賀研二さんと交際を始められます。

二人の出会いは、梅宮さんが、まだ高校生の時、芸能界に入られる前。初対面の羽賀さんの印象は、「すごい遊び人だ」。しかし、数年後、あるバラエティ番組のデート企画で、羽賀さんと1日中一緒にいた折、梅宮さんの話をすごく聞いてくれることから、「とても親切なんだな」と、印象がガラリと変わったのだそうです。

梅宮アンナと羽賀研二、ヌード写真集で共演!!!

さらに1995年にはアンナと羽賀が共演したヌード写真集『アンナ 愛の日記』(撮影:篠山紀信)を発売し、世間を驚かせました。同作は当時流行っていたヘアヌード写真集ならぬ”ペアヌード”ともよばれることに。「誠意大将軍」と呼ばれて、周囲に誠意をアピールした羽賀研二さんは、それでもまだ多額の借金が。

発売当時は羽賀の借金返済を目的とした企画だともされたが、後に梅宮アンナさん本人は「私一人で考えて、純粋にメモリアルとしてやったもの」とコメントしているそうです。梅宮さんは、羽賀さんから、「お金を貸して」と言われたことは1度もないけれど、ただ、梅宮さんの方から、お金を出してあげたくなる、そういうタイプの人だったとか。

写真集の後、突然別れた破局の理由は、ある芸能人夫婦の結婚式?

1999年、突然、5年の交際が破局を迎えます。梅宮アンナさんの方から別れたそうですが、そのきっかけは、ある芸能人夫婦が、ハワイで結婚式を挙げた時のこと。梅宮さんは、羽賀さんと出席されたのですが、ケーキ入刀の時に、「夫婦そろっての初めての共同作業です」と司会者が言うのを聞いて、ものすごいショックを受けられたのだとか。

というのも、梅宮さんは、普通の人は、結婚が始まりなんだ。じゃあ私、この人と結婚したあと、どんな新鮮なことがあるんだろう?と、急に熱が覚めたというのです。梅宮さんは、仕事のため、先に日本に帰る羽賀さんを、普通に空港まで送られ、それっきり、羽賀さんとは会っていないのがアンナさんの告白です。

梅宮アンナと羽賀研二、破局の本当の理由は、羽賀の借金?

1999年、梅宮アンナさんと羽賀研二さんが別れた真実の理由は、実は梅宮アンナさんが語っているようなきれいごとの話ではなかったようです。その理由は羽賀さんの多額の「借金」だと言われています。そもそも羽賀さんには梅宮アンナさんと付き合う前から、莫大な借金を抱えていました。

しかし。ただ借金があって、梅宮アンナさんが羽賀研二さんにお金を貸していたというだけではなく、ここに今までしぶしぶふたりの交際を認めていた、お父さんの梅宮辰夫さんが、その借金にからんできて、二人は別れることになったのです。

破局が決定的になった、羽賀研二の借金による梅宮辰夫の被害は?

決定的となった借金のが、1998年7月に羽賀さんが沖縄にレストランを出店した際、4000万円の連帯保証人に梅宮アンナさんが、保証人には梅宮辰夫さんがなってしまったことです。しかし流石は梅宮親子で、この4000万円もほぼ完済仕切ったそうです。

しかし、続いて羽賀さんが連帯保証人になった会社から、3000万円の返済を迫る内容証明郵便が届いたことで、さらに借金が膨れ上がったのです。渋々交際を許していた梅宮辰夫さんも、この頃には羽賀さんに対する叱責や批判を繰り返されていました。そうして1999年にふたりは破局してしまいました。

羽賀研二と破局後、一般男性と結婚してすぐ離婚した梅宮アンナ

梅宮アンナさんは2001年6月にデキ婚し、2年足らずでスピード離婚した元結婚相手は、元飲食店勤務の一般男性・千葉貴史さん。この男性は、青年実業家を自称していましたが、梅宮アンナと結婚後は、しばらく梅宮家に身を置き、定職にはほとんど就くことなくヒモ男と化していました。2002年には長女・百々果が誕生します。

しかし激しい夫婦喧嘩は絶えることはなく、梅宮家では、毎日のように育児と離婚に向けての家族会議が行われていたそうです。「娘がパパの顔を覚える前に」と考えた梅宮アンナは、長女・百々果が満1歳になった2003年2月に元結婚相手と離婚。その翌年、驚くべきことに、元結婚相手は、賭博開帳図利容疑で逮捕されています。

梅宮アンナと破局後結婚した羽賀研二、しかし事件を起こし逮捕!

沖縄県北谷町の美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジにあった「南国食堂」(後に閉店)のオーナーを務めるなど、実業家としても活動していた羽賀研二さん。2006年、数年間に渡って羽賀の身の回りの世話をしていた元テレビ制作会社社員の女性と結婚したされました。

しかし羽賀研二さんお借金は相変わらずだったようで、2007年6月、未公開株を元値を隠して高値で売り付けて債務を逃れようとした容疑で、元プロボクサーの渡辺二郎さんたちとともに羽賀研二さん逮捕され、詐欺・恐喝未遂(二項)の罪で起訴されました。一審は無罪判決だったが、2011年6月の控訴審判決では懲役6年が言い渡されます。

羽賀研二が逮捕された、羽賀研二未公開株詐欺事件とは?

2001年2月、羽賀研二さんは知人の不動産会社社長に医療関連会社の未公開株を売却する契約を交わし、不動産会社社長は2001年7月から10月にかけ4回の分割払いで290株分と仲介料でおよそ3億7000万円分を羽賀さんに支払い。しかし、不動産会社社長が購入した価格は1株120万円で実際の購入価格の1株40万円の3倍。

羽賀さんは2億数千万円の利益を得ていました。また不動産会社社長は2003年に税務署から医療関連会社が株購入していた2001年8月時点で経営破綻していたことを知らされており、羽賀さんは不動産会社社長に経営破綻した事実を知らせないまま未公開株売買の代金を受け取っていたことになります。

まだある、羽賀研二の刑事事件!恐喝未遂事件

羽賀研二さんに対して約4億円(2002年に倒産した医療関連会社未公開株の3億7000万円と別の未返済の融資約3000万円)の返還などを求めた不動産会社社長は、2006年6月上旬に渡辺二郎と吉川銀二と山口組系暴力団幹部2人の計4人が出席する大阪市天王寺区のホテルの一室において、恐喝未遂事件を起こします。

1000万円を支払う以外の賠償請求権を放棄するとの確認書を示されながら「署名せなんだら、渡辺らに連れて行かれるで」「どないするんじゃい」と脅され、債務帳消しを迫られたとのこと。羽賀さんはこの現場にいなかったものの、渡辺から電話で報告を受けるなど共謀したとされています。

有罪と刑が確定した羽賀研二と自殺した山下真司の義理の息子

2010年11月25日大阪地裁は元歯科医を偽証罪で有罪判決。2011年10月20日大阪高裁は控訴を棄却。2012年4月2日最高裁は上告を棄却する決定、懲役1年6か月・執行猶予3年の判決が確定。民事訴訟では不動産会社社長が羽賀に計約3億9700万円の返還を求め、2016年10月27日大阪地裁は全額の支払いを命じました。

この事件の余波で、俳優の山下真司さんの夫人の連れ子で元俳優の森部達也さんが2008年3月に自殺。森部さんはミツミ電機創業者である森部一の四男として莫大な遺産の一部を相続するも羽賀さん勧めていた医療関連会社の未公開株を購入して損害を被り、都内のマンションを買値の半値近い破格の金額で羽賀に売却していたそうです。

結局男を見る目がない?今度は不倫に走った梅宮アンナ

父親である梅宮辰夫さんをも巻き込んだ、羽賀研二さんとの交際と借金地獄。梅宮アンナさんはもう男には懲りただろうと思いきや、元結婚相手は、賭博開帳図利容疑で逮捕されてしまい、ダメ男との結婚・離婚を経験、2005~2008年には、元中日ドラゴンズ・立浪和義との不倫に走ってしまいました。

交際当初こそ2人とも真剣に結婚を考えていたそうですが、立浪和義が、梅宮アンナの浪費ぶりについていけなくなったというのが破局の理由らしいのです。ということは、梅宮辰夫さんが羽賀研二さんとの借金の連帯保証人になったのは、もともとアンナさんの浪費っぷりから慣れていたことなのでしょうか?

実はお金目当てだった?梅宮アンナと羽賀研二の関係

梅宮アンナさんは、モデルとして全盛期だった1994~1999年を羽賀研二さんと交際。しかし、実は、羽賀研二には巨額の借金があり、周囲には「梅宮家の数十億円とも言われる資産目当て」と自慢気に語っていたそうです。公的には『誠意』と売り物にしていたけれども、羽賀研二さんのそれが本音だったのでしょう。

さすがに父親だけあって、梅宮辰夫さんは公然と2人の交際に反対していました。けれど周囲が反対すればするほど梅宮アンナさんは交際にのめりこみ、羽賀さんの甘い言葉を信じていたようです。しかし、羽賀研二さんとの破局後も、結婚した一般人はヒモ男、その次には妻帯者との不倫と、梅宮アンナさんは実りのない関係を繰り返します。

梅宮辰夫の心労?『芸能界一男運が悪い』娘、梅宮アンナ

未公開株における債務をに関して、詐欺・恐喝未遂の罪で実刑判決(懲役6年)を受けた羽賀研二さん。現在は沖縄刑務所に服役中で2019年に、満期で出所予定となっています。梅宮アアンナさんはそんな羽賀さんに対して、「ハッキリ言って、(羽賀は)稀代の悪です」とコメント。やはり迷惑をこうむった実感があるようです。

しかし父親の梅宮辰夫さんも、アンナさんが、元結婚相手や歴代熱愛彼氏と破局したワケを聞けば、父・梅宮辰夫が「もう疲れた……知らない」と、心労を露わにする気持ちがよく分かります。何度も恋愛を繰り広げながらも、実りのない消耗するような恋ばかりを繰り返す梅宮アンナさんは、やはり男性を見る目がないようですね。