玉置浩二は整形で目を全切開していた!?昔と現在の画像とともに検証しました! エンタメ

玉置浩二は整形で目を全切開していた!?昔と現在の画像とともに検証しました!

タレントの青田典子さんと結婚し、ライブでの奇行や整形、夫婦間の喧嘩などでお茶の間を騒がせてくれる玉置浩二さん。そんな玉置浩二さんは、統合失調症!?昔は現在とは違う、小さな目。整形したの?など、いつも明るい玉置浩二さんの、意外な一面をご紹介します。

玉置浩二は整形していた?!昔と現在では顔が違う?

1973年に結成したロックバンド安全地帯。玉置浩二さんはそのボーカルであり、伝説的ロック歌手です。近年では、青田典子さんとの結婚が話題となり、たびたび夫婦でテレビに出演しています。玉置浩二さんには整形疑惑があり、統合失調症という精神病であると自ら告白しています。

昔の安全地帯のころの玉置浩二さんと現在の玉置浩二さんとでは全然違っていると話題になっています。どうやら、目を整形しているのではないかと噂されています。それを今回は画像とともに検証していきたいと思います。その整形をするきっかけとなったのが、病気なのではないかとも言われています。合わせてみていきましょう。

玉置浩二のプロフィール

  • 出生名:玉置浩二
  • 生年月日:1958年9月13日
  • 出身地:北海道旭川市
  • 職業:歌手、作詞家、作曲家、編曲家、俳優
  • ジャンル:ロック、フォークロック、カントリー、J-POP

1973年に安全地帯を結成し1982年にはメジャーデビュー。2003年には1度安全地帯としての活動を休業しましたがその後は6年ぶりに安全地帯としての活動を再開。現在でも音楽活動を続けています。

玉置浩二は目を全切開の整形をしていた?!

昔は細い目と、黒髪のこんもりした髪形が印象的だった玉置浩二さん。現在の目はパッチリとして大きく、髪形も明るくすっきりとした印象です。同じ人物とは思えない程、垢抜けた印象。整形しているとしか思えません。現在の玉置浩二さんとは、目元が完全に違います。現在の玉置浩二さんは、目が大きくクリッとした印象ですよね。

ネットでは、玉置浩二さんが度重なる整形により、目が大きくなり過ぎて整形失敗では?と話題になっています。整形のし過ぎで老けたという声もちらほらでてきています。整形が本当なら、少しやりすぎてしまったのかもしれませんね。真相はどうなっているのでしょうか。

玉置浩二の整形疑惑を検証!昔と現在の画像を比較!

まずは昔の玉置浩二さんの画像です。爽やかな好青年といったところでしょうか。きりっとした目が特徴的となっていますね。ほっそりとした顔にめもくっきりとして細い目をしていますね。どちらかといえばツリ目な印象がします。クールな感じの玉置浩二さんです。

そして、こちらが現在の玉置浩二さんです。昔の画像と比べると全然違いますよね。一部を切っただけではなく、全切開している感じです。それくらい目の印象が違って見えます。昔に比べると可愛らしい目になっているのがわかります。今どきの若い子にありがちなくりっとした真ん丸な目になっています。

玉置浩二が整形をするのには精神的な理由があった?

福岡サンパレスで行われたライブ中、終始様子のおかしかった玉置浩二さん。ファンのヤジに本気でキレる、歌詞が出てこない、ステージで寝ころんでしまうなどの奇行を連発し、ライブを途中で中止するという騒動がありました。ライブの冒頭から様子がおかしかったこともあり、この一件は玉置浩二さんの奇行として騒ぎになりました。

ファンや関係者の中には、玉置浩二さんは違法薬物の中毒ではと疑う人もいたよう。しかし、実際はあのような奇行をしてしまったのは統合失調症が原因であると、玉置浩二さんご本人が著書の中で告白しています。奇行の原因は、違法薬物ではなく統合失調症であると告白しました。過去には精神病院への入院経験もあるそうです。

玉置浩二は統合失調症の症状で整形をしていた?

整形や奇抜な恰好、話が通じないなど、ちょっと変わった行動をしてしまうのも統合失調症の症状だと言います。日本ではおよそ100人に1人の割合で発症する統合失調症は、珍しい病気ではありませんが、常軌を逸した行動を取るなどの症状が激しいと、入院や投薬治療をするのが一般的です。

度重なる整形も、統合失調症のため不安定な心がそうさせるのでしょうか。安全地帯の曲がヒットし、玉置浩二さんが有名になるのと比例して、玉置浩二さんの心が疲弊していった様子や、統合失調症での入院経験など、赤裸々な告白がされています。精神的な病気から整形に走ってしまったのでしょうか。

玉置浩二の病気を現在は妻・青田典子が支えている

玉置浩二さんと青田典子さん(バブル青田さん)は、2011年に結婚。普段は24時間行動を共にする程ラブラブな玉置夫妻ですが、喧嘩をすると大騒動に。喧嘩をすると、玉木浩二さんが結婚指輪を投げ捨てて無くしてしまうため、結婚生活3年半で結婚指輪は4つ。激しい喧嘩も、躁うつ病の鬱状態がそうさせているのでしょうか。

玉置浩二さんご本人が告白している統合失調症と、周囲に疑われている統合失調症は、遺伝的な要素が多分に影響する脳と精神の疾患です。しかし、遺伝的な要素があるとしても、重篤な症状を発症するかどうかは、環境やストレスの影響が強いのも事実です。それを支えている青田典子さんは本当にすごいですよね。

玉置浩二の奇抜な髪型も病気のせい?

人気歌手としてヒット曲を出すことが、必要以上に玉置浩二さんの心に重くのしかかり、ストレスとなってしまったのではないかと推測されます。躁うつ病の症状には、無敵に感じる、なにをしても問題ないと感じるという心理的な症状が含まれるため、整形や豪遊をする人も多いとか言われています。

玉置浩二さんも、デビュー当時とは目の大きさが全く違うため、整形疑惑があります。全体を金髪に染め、片側を刈り上げた玉置浩二さん独自のヘアスタイルも、「鳥になって飛びたいんだ。」というご本人のコメントから、躁うつ病や統合失調症独自の考え方がきっかけだと思われます。

玉置浩二は整形も病気も歌手としての強みとなっている?!

芸能人、タレント、歌手という職業の方は、多かれ少なかれ一般人とは異なる特殊なパフォーマンスを求められることも多いです。現実感が薄く、妄想が見えるなど、ある意味特殊な病気を患っていることも、心に響く歌を歌える玉置浩二さんの魅力に貢献しているのかもしれません。

また、整形や奇抜な髪形など、独特の造形美に関しても、歌手という職業を考えれば有利に働くかもしれません。一般人と違い、話題の提供も芸能人の仕事の一部に含まれるため、話題に事欠かないという意味では統合失調症も整形もプラスに活かせると思っているのでしょうか!?

玉置浩二の昔と現在では顔が違う?のまとめ

玉置浩二さんの整形疑惑について検証してきました。昔の画像と現在の画像を見比べると、明らかに違うのがわかりましたね。目がぱっちりと大きな目に変わっていました。昔のきりっとしたクールな玉置浩二さんも素敵だったのに、なぜ整形をしてしまったのでしょうか。

それは、精神的な病気にありました。統合失調症という大きな精神的な病気を抱えていたのです。そのせいで、数々の奇行を起こしていたことがわかりました。整形というのも一種の病気からの行動だったのではないでしょうか。いずれにしても妻の青田典子さんの支えで乗り越えているようです。これからも頑張って欲しいですね。