レディーガガの病気「線維筋痛症」とは!?何が原因?そして症状は?

世界の歌姫、レディーガガさんが自身が難病にかかっていることを発表し、現在活動休止中です。その病気「線維筋痛症」とはどのような病気なのでしょうか?難病とも言われるこの病気は治るのか、その症状や原因についても調べてみました!

レディーガガ、病気を告白!線維筋痛症の症状とその原因とは?

みんなの度肝を抜く奇抜なファッションと音楽性でアメリカのみならず全世界でその名を轟かせた歌姫レディーガガさん。そのレディーガガさんが自らの難病を告白し話題となりました。その病名は「線維筋痛症」であまり聞きなれない名前にあまりピンとこない方もいるのではないでしょうか?

ですがこの「線維筋痛症」という病気、調べてみると恐ろしい病気のようです。どうしてこの病気にかかったのか、その原因や病気の症状はどのようなものなのか非常に気になります。そして現在、活動休止を発表しているレディーガガさんですが、この病気の治療に専念するためでは?とも言われています。

レディーガガの簡単なプロフィール

  • 名前:レディーガガ 本名はステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ
  • 生年月日:1986年3月28日
  • 出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州
  • 職業:歌手、シンガーソングライターなど

レディーガガさんは、19歳でレーベル「デフ・ジャム」と契約。さらに同時期に別レーベルとも契約し複数のミュージシャンに楽曲提供するなど幅広く活動しています。そんなレディーガガさんの才能を認めたのが歌手のエイコンさんで、自身のレーベルと契約しガガさんは歌手としてのキャリアをスタートさせます。

2008年に発売したデビューアルバム「ザ・フェイム」が1500万枚以上もの売り上げを記録するなど大きな成功を収め、その後も世界的ヒットを飛ばしこれまでにシングル8400万枚、アルバム2500万枚以上を売り上げています。まさに世界的な歌姫となったレディーガガさん。日本でもかなりの人気を得ています。

レディーガガの病気「線維筋痛症」の症状とは?

そんな世界的歌姫、レディーガガさんが突然の活動休止を発表。その原因は「線維筋痛症」という難病にかかっているという衝撃的な事実でした。この「線維筋痛症」とは米国で人口の約2%がかかっているとみられており、日本でも約200万人の患者数が推計されているそうです。この病気の症状とは一体どのようなものなのでしょうか?

レディーガガさんが告白した「線維筋痛症」は30代後半~40代前半の女性が発症することが多く、全身に激しい痛みが起こる原因不明の病気です。気圧や気温、光や音などのあらゆる刺激を痛みとして感じるため、症状が進行すると外出なども出来ないほど苦痛を伴うとのこと。普通の生活が困難になるとは、何とも恐ろしい病気です。

レディーガガ活動休止は病気が原因?線維筋痛症の治療に専念!?

症状が進行すると、普通の生活にも支障がでるくらいの病気ですから、音楽活動を行うこともかなり困難だと考えられます。レディーガガさんは活動休止を発表した際、病気は明かさずにこんなコメントをされています。

「活動をスローペースにして、癒されたいの。それが重要なことだから」具体的な理由は明かされていなかったのですが、その後に病気を告白しており、さらには、線維筋痛症の啓発とレディーガガさんの闘病についてのドキュメンタリーを公開するという情報もあるようです。

玉置浩二は病気・統合失調症や躁鬱を患っている?青田典子が献身的に支えている!

鬼束ちひろの現在は坊主!?病気になった人のために!?詳細を調査!!

レディーガガの病気は治るのか?どんな治療法?

去年11月レディーガガさんは自身のインスタグラムで「慢性的な痛み(chronic pain)に悩まされている」と告白しており、病気による体の痛みに辛い思いをしているようです。激しい痛みが伴う線維筋痛症という病気は治療すれば治るものなのでしょうか?またその治療法はどのようなものなのでしょうか?

この病気は心理的な原因による病気と考えられているそうで、主な治療法としては「心理療法」を一般的としているようです。レディーガガさんのように仕事から離れて長期間の休養を取るなど、そのような方法で様子を見ることが一番のようですね。

また、この病気には確実に効く薬というのが存在しないそうです。ですので患者によって治療法も異なるのだとか。ストレスなどの心理的要因が引き起こすとされている線維筋痛症ですので、レディーガガさんも仕事柄、心理的ストレスから発症してしまったのではないでしょうか。

レディーガガの病気に使用している「リリカ」とは何!?

根本的な治療法がなく、さらに病気に効く薬がないといわれている線維筋痛症。まさに手の施しようがない病気という印象に感じますが、レディーガガさんも苦しんでいる「体の痛み」に対してはある薬を使用しているのだそうです。

痛みに対し、使われているのが「リリカ(プレバガリン)」という薬。この「リリカ」という薬は痛みを抑える働きがあるそうです。一方、痛みを抑制する信号を強める働きを持つのが抗うつ剤とされており、どちらの鎮痛剤が効くかは、患者さんによって違うので実際に使ってみないとわからないようです。

レディーガガの病気に使用する薬には辛い副作用も!?

レディーガガさんがかかっている線維筋痛症という病気は痛みを伴う病気です。その痛みに治療として使われているという「リリカ」ですが、実は2012年に認可されており、それまで保険治療で使える治療薬はなかったといいます。この「リリカ」が認可されたことにより、治療も大きな一歩を踏み出したと言われているようです。

しかしこの「リリカ」には痛みを抑える反面、辛い副作用もあるのだそうです。その副作用とは、めまいや眠気、コレステロール値を上げるなど医師の管理のもとで使用しないといけない薬のようですね。ガガさんも痛みを抑えるためリリカを使用し辛い副作用と闘っているのでしょうか?

レディーガガ、過去のPTSDの発症も病気の原因!?

線維筋痛症という病気で治療中のレディーガガさんですが、ガガさんは2016年12月「PTSD」を発症していることも告白しています。その原因というのが、ガガさんが19歳の頃に受けた性的暴力によるものなのだそうです。

PTSDの告白より2年前にガガさんはこの性的暴行について語っており、7年もの間ガガさんは誰にも言わず秘密にしてきたといいます。そして自分を責め続けていたとも。こういった過去の大きな心的要因も今回の病気につながった一つの原因なのかもしれません。

レディーガガの病気について触れたドキュメンタリー映画とは?

レディーガガさんは自身のドキュメンタリー作品の中で話題にもなった恋人との婚約解消や自身の病気についても触れているようです。このドキュメンタリーに関してガガさんはツイッターで「私はこの病気について人々に知ってもらいたい。そして同じ病気の人達とつながりたい。そう願っているわ。」ともコメントしています。

レディーガガ、現在も病気療養中!今後復帰はあるのか!?

自ら難病を告白し、たくさんの人に自分の病気を知ってもらいたいと語ったレディーガガさん。ちゃんとした治療法がないといわれている「線維筋痛症」という病気ですので、今後の復帰はいつになるのかわかりませんが制作活動をしないというわけではなさそうですので、もしかしたらまたレディーガガさんの新曲を聞ける日が来るかもしれませんね。