綾瀬はるかは昔坊主にしたことがあった!理由はドラマでの役作り?

国民的女優として親しまれている綾瀬はるかさん。実は、かつてドラマの役作りで頭を丸めたことがあったんだとか。しかし役が役なら坊主にすることも辞さない女優さんというのは他にもいらっしゃるんだとか。今回は、綾瀬さんやそんな女優さんたちを紹介していきます。

綾瀬はるかさんが坊主にした理由は役作り

女性が坊主にするというのは何か特別な理由がなければしないものですが、綾瀬はるかさんが坊主にしたのはドラマでの役作りだったそうです。女性の命ともいわれている髪をすべて剃り落として撮影に臨むというのは、女優としてのプロ根性を感じますね。

他の理由で坊主にした女性有名人といえば、数年前の峯岸みなみさんなども記憶に新しいですね。最近は男性でも、自ら坊主にするのは野球部やお坊さんくらいで、ファッションで坊主にする方は見られなくなりました。覚悟がなければできない髪型ですよね。

綾瀬はるかさんプロフィール

1985年3月24日生まれの今年33歳。出身は広島県広島市。2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界入り。女優としては2001年、日本テレビ『金田一少年の事件簿』でデビューします。現在はドラマやCM、映画とあらゆる映像作品に引っ張りだこです。

2007年、日本テレビ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。パート2や映画も制作されるほどのヒット作になります。綾瀬さんと言えばこのドラマを連想する方も多いのではないでしょうか?2013年には『八重の桜』でNHK大河ドラマ初出演及び主演。また、同年末にはNHK紅白歌合戦で紅組司会も。

綾瀬はるかさんが坊主になった作品とは?

片山恭一さんのベストセラー小説世界の中心で愛を叫ぶのドラマ版で綾瀬さんは坊主にしました。柴咲コウさんが「泣きながら読みました」と帯を書いたことや書店でのPOP、口コミなどで一気に話題になり、2004年に映画化されると当時ブームが巻き起こったのだとか。

インターネットもまだ今ほど普及していない時代にこれだけ話題になるのは凄いですね。POPや口コミ、というところに時代を感じます。また、この作品は「セカチュー」と略され当時のブームは「セカチューブーム」と呼ばれていたそうです。略し方にも時代を感じますね。

NEXT 長澤まさみさんも「世界の中心で愛を叫ぶ」で坊主に