マイケルジャクソン死去!その死因と真相は?マイケル死亡に関した陰謀!

世界的大スターであったマイケルジャクソンですが、彼の死について様々な疑問が挙げられています。彼の死はいったいどんなものだったのでしょうか。マイケルジャクソンはなぜ死んでしまったのか、その死因とは何だったのか、追及していきたいと思います。

マイケルのジャクソンが死去したのはいつ?

マイケルジャクソンは1958年8月29日に誕生しました。そして彼の命日となったのは、2009年6月25日です。50歳という若さでこの世から去って行ってしまいました。世界的大スターであった彼はなぜ死んでしまったのでしょうか。

マイケルジャクソンは整形マニアだった!?整形中毒と顔の変化の移り変わり!!

マイケルジャクソンの死亡時の様子は?

2009年6月25日、マイケルジャクソンは自宅にて心停止・呼吸停止状態になったといいます。マイケルジャクソンのボディーガードが救急に連絡をし、12時26分救急隊が彼の元へ到着しました。約42分ほどの組成処置が行われましたが、カルフォルニア時間の14時26分に死亡が確認されました。

マイケルジャクソンのダンスは何故かっこいいの?その凄さを徹底解析!!

マイケルジャクソン死去!死因の真相とは!

マイケルジャクソンが死亡した原因は、プロポフォールです。そのプロポフォールは外科手術時の全身麻酔の導入・維持に使われるものであり、呼吸抑制作用があります。そのため使用時には、設備の整った環境で麻酔師が監視をする義務がつけられていました。

マイケルジャクソン死去の背景には陰謀があった?

マイケルジャクソンが死亡した後、そのことに関して様々な陰謀説が挙げられました。大スターだった彼を狙う人は多くいたと思われます。陰謀とはいったいどんなものなのか、お話ししていきたいと思います。

陰謀説①主治医のマーレイ医師

調べによるとマーレイ医師には77万ドルの借金があったそうです。マーレイ医師はマイケルジャクソンの治療費として月に15万ドルもらっていたといいます。このことが判明したこともあり、マーレイ医師は有罪になりました。彼は模倣犯であったため、今現在は釈放されているといいます。

マーレイ医師が雇われた経緯にも、マイケルの遺族は「主治医として適格があるかを確認せずAEGライブが雇った」と主張し、反対にAEGライブは「自分たちの反対を押し切ってマイケルが雇った」と主張の食い違いが生じているのです。

陰謀説②遺言書偽造疑い

2002年に書かれたと思われるマイケルジャクソンの残した遺言書が公開されました。しかしその遺言書には偽装されたものではないかという疑いがかかっています。それは「マイケルの著名じゃない」と母が語ったことがきっかけでした。

マイケルの執筆を比較してみると、本人のものとはやはり違うようなのです。書いたとされる日は、マイケルはニューヨークにいたことがわかりました。そして遺言実行任意指名されているのが、解雇した人々というのも疑問の一つになります。

陰謀説はほかにもあった!?その真相は?

マイケルの弁護士を長年務めていたピーター・ロペスが、マイケル死去の翌年、不審死を遂げています。拳銃自殺とされていますが、その拳銃は100mも離れたところで見つかったようです。そのためピーターは本当に自殺であったのか疑問に思われています。

またピーターは、生前テレビで「近々、マイケルの事件について色んなことが判明するだろう」と話していました。ピーターは何かマイケルの死の真相をつかんでいたのではないでしょうか。そしてマイケルの専属カメラマンも不審死を遂げています。

マイケルは生前に母や元妻に「殺される」と話していたそうです。目的は楽曲の版権です。マイケルジャクソンが死亡すれば、その価値はさらに高くなります。そのためマイケルの資産を狙う人物が殺しに来ると、本人は恐れていたといいます。

遺言書の内容・マイケルジャクソンの兄弟は?

2002年に作成されたと思われる遺言書が2009年7月に公開されました。その内容は、推定5億ドルの財産は、キャサリンに40%・子供たちに40%・チャリティー団体に20%の寄付を明記し、キャサリンが死亡した際の後継人としてダイアナ・ロスが指名されているものでした。

先ほどお話ししたように、マイケルジャクソンの母は「字が違う」と偽装を訴えました。マイケルジャクソンの兄弟たちも合同で文章を公開し捏造されたものとしました。しかしマイケルジャクソンには兄弟が多くおり、遺言書に名前のない兄弟もいたことから意見は割れているそうです。

マイケルジャクソンの死因とは?

マイケルジャクソンの死因は、不眠治療に使われていたプロポフォールによる急性中毒としたうえでプロポフォールとロラゼパム複合使用と指摘されています。またそれが外的要因であることも指摘されました。

マイケルジャクソンの死因は自殺?

マイケルジャクソンの担当医は、コンラッド・マーレイ医師でした。マイケルジャクソンは不眠で悩んでおり、マーレイ医師はプロポフォールという薬剤を処方していたそうです。この薬は依存性が高いため、他の鎮痛剤へと変更されていました。

しかしこれでも眠ることができず、マイケルジャクソンはプロポフォールの処方を要求しました。そしてマーレイ医師がトイレへといった数分の間に事は起こってしまったのです。医師が駆け付けた時にはもう心停止状態でした。

このことに関してマーレイ医師とその弁護団は、医師が席を話した際にマイケルジャクソンが自らそこにあるすべてのプロポフォールを注射したとして、マイケルジャクソンは自殺をしたと訴え、無罪を主張しました。

マイケルジャクソンの兄弟たちとは?

マイケルジャクソンにはたくさんの兄弟がいたのです。上から順に行きますと、長女のリビー、長男のジャッキー、次男のティト、三男のジャーメイン、次女のラトーヤ、四男のマーロン、五男のマイケル、六男のランディ、三女のジャネットの6男3女という兄弟構成です。

マイケルジャクソンの死後、5年経過した際に次女のラトーヤが心境を語っていました。「マイケル、永遠に愛しているわ。今日あなたがここにいたら私はこういうでしょう。『あなたのことをもっと愛しているわ。』ってね。」

マイケルジャクソンの兄弟!ジャクソン5とは?

ジャクソン5とはキャサリン・ジャクソンとジョセフジャクソンの息子たちによってつくられたバンドグループです。メンバーは、ジャッキー・ティト・ジャーメイン・マーロン・マイケルの5人でした。その後ジャーメインに変わりランディが加わり、ジャクソンズへとグループ名を変更しています。

ジャクソン5が活動を始めたのは、1962年からです。彼らの才能はどんどん開花していき、たくさんの人を魅了しました。そして数年たち、彼らの女性関係や結婚、またグループの低迷ののち解散となってしまいました。2001年にはその時限定の再結成がされたといいます。

マイケルジャクソンが音楽を始めたきっかけとは?

父親のジョーが音楽をやっていたことがきっかけで、兄弟たちは音楽の道へ進んでいきました。父親には内緒で兄弟のうち3人は無断でギターを借りたといいます。そのことを他2人の兄弟も黙ってみていました。

後日、父は弦が切れていることに気付き、兄弟たちの行動を知ることになりました。そしてその才能を知った父親は音楽活動をさせることを決意したそうです。このようにしてマイケルジャクソンは小さいときから音楽に携わってきました。しかし彼が死去した今では、ジャクソン5の再結成も果たせなくなってしまったのです。

マイケルジャクソンの死の真相と今後

今までマイケルジャクソンの死因やその真相についてお話してきました。しかしいまだにはっきりはされていません。そして陰謀説も可能性としてなくないことばかりです。その真相はいったいいつになったら判明されるのでしょうか。

マイケルジャクソンは死去し、その真相もわからないままですが、彼の曲は今現在でも多くの人に好まれ、聞かれています。このことで少しでも彼が報われることだと思います。ぜひ一度これを機に、マイケルジャクソンの曲を聞いてみてはどうでしょうか。