西野カナが本名非公開なのは父親が住吉会だったから?家族についても調査しました!

今や若い女性たちから注目の的で、共感できる特有の歌詞で数多くのファンを魅了してきた西野カナ。そんな西野カナはラジオやテレビでも母親の話をしますが、父親の話は全くしないのです。何故父親の話をしないのでしょうか?西野カナの父親がどんな人なのか調査してみました!

西野カナの父親や家族って?!本名についても調査!

”平成の歌姫”・”恋愛の女王”と呼ばれている西野カナ。そんな西野カナの父親がどんな人か気になると話題になっています。しかし西野カナ本人は父親を隠しているようです。一体何故なのでしょうか?

西野カナのプロフィール

  • 本名:非公開
  • 生年月日:1989年3月18日(現在27歳)
  • 出身地:三重県
  • 体重:推定40キロ代前半
  • ジャンル J-POP、ポップ、R&B
  • 職業:歌手、作詞家
  • 活動期間:2008年〜
  • 所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

西野カナは2005年に行われた”スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス”という応募総数が40000人という超大手のオーディションにて勝ち抜きデビューが決まったというすごい実力の持ち主である。そんな大勢の中からたった1人選ばれるって本当にすごいですね。

そんな西野カナといえば、失恋ソングがとっても有名。最近では失恋ソングだけでなく明るい恋愛ソングも歌うようになっていますね!共感できる歌詞がとても女性に人気で、現在では”恋愛の女王”と呼ばれている西野カナ!大人気の歌手となっています。女性から男性までも、彼女の歌声に魅了されています。

西野カナのデビュー当時と現在の年齢と本名は?隠された父親の秘密って?

西野カナの父親は財界の大物だった?

西野カナは母親の話題は出しても父親の話題や過去の思い出を全く語りません。触れられたくない過去があるのかもしれませんが、ファンとしてはその理由がどんなものなのかちょっと気になりますね。西野カナの父親についてはいろいろな噂が飛び交わっています。有名だからこそなのかもしれませんが、ファンには気になるところです。

西野カナの父親は、中部地方の財界でかなりの大物だそう。そんな西野カナの父親の職業は建設会社の社長とらしく、財力も資金力も半端じゃないそうです。父は中部地方のお偉いさんらしく、スポンサーがデビュー資金として1億円を払ったなどと噂もされています。

西野カナの彼氏はマネージャー?熱愛が噂された元カレまとめ!

西野カナの父親は住吉会だった?!そのせいで本名が非公開?

西野カナの父親が明らかにされていない理由は何なのでしょうか。隠さなければいけない理由がもしかしたらあるのかもしれません。その一つとしてあがっている噂が、西野カナの父親は住吉会なのではないかということなのです。

これが事実とすれば、タブーであることは間違いありません。闇社会で生きる父親のことを公にすることはできないです。西野カナの人生や芸能生活にも大きな影響を与えることは間違いないでしょう。この真相は明らかにはなっていませんが、噂がでていることもあるので、事実なのかもしれないですね。

西野カナは父親の愛人の子供だった?

しかしこの西野カナの父親には他にも家庭があったのです。西野カナの母親は本妻ではなく、婚外子として生まれた西野カナ。とっても複雑な家庭環境ですね。こういった環境だった西野カナは小学校・中学校時代は周りからよくいじめられていたようです。西野カナはとても辛い経験を積んできているのですね。

小さい子供にとったら父親や母親の存在って偉大ですからいじめられる原因になったようです。西野カナは過去にとても辛い思いを経験されているんですね。戸籍上では母の性になっているという噂もあります。そのため、西野は母親の姓ではないとも言われています。

西野カナの母親は?

西野カナの母親は、西野カナの実家でもある三重県松阪市で美容院を営んでいる美容師のようです。きっと西野カナのようにおしゃれなお母さんなんでしょうね。その母親の影響を受けて、西野カナ自身もおしゃれで美意識が高いのでしょう。ファッションセンスは母親ゆずりなのかもしれませんね。

西野カナさんの母親は、未婚で西野カナさんを生んでいるようです。何故なら、西野カナさんの父親は既婚者だったからです。彼女の母親は、三重県松坂市で美容室を営んでいるそうです。西野カナさんの母親の姓は「西野」ではないと言われています。では本名は何なのでしょうか?

西野カナの兄はニコニコ動画で活躍している赤飯?

ニコニコ動画の”歌ってみた動画”で有名になった赤飯。歌声だけでなく整ったルックスから、今では雑誌の表紙を飾るほどの人気。そんな赤飯が何故石のカナの兄として特定されたのかというと、赤飯の本名は”西野泰広”で、さらに西野カナと同じ三重県出身ということからだそうです。

また、赤飯がニコ生放送中にリスナーに「西野カナの兄って嘘だろ」と言われ、「嘘ちゃうわ!」と本人言っていたので、西野カナの兄としてほぼ確定的なようです。本名と噂されている「西野泰広」も、苗字が西野カナさんと一緒です。「ニコニコ大百科」の西野カナさんのページをはじめて作ったのは赤飯さんとの情報もあるそうです。

西野カナは本名を非公開にしている?

本名は公式では非公開となっていますが、ネットで高校時代の卒業アルバムの写真が出回っていてそこに書かれていました。「西野カナ」さんの本名は「西野加奈子」さんです。母親の姓は「西野」ではなく、「西野カナ」さんは「西野加奈子」が本名でしたら、父親は西野カナさんを認知していないという噂はガセネタのような気がします。

母親の姓が「西野」ではないなら、彼女は父親から認知されていて、父親の戸籍にもちゃんと入っていると考えられるのではないでしょうか?その父親のことを思っているからこそ、芸名でも西野という名前を使っているのかもしれませんね。西野という名前にとても愛着がわいているのかもしれませんね。

西野カナは父親のことを想ってあの曲を作詞していた

西野カナのヒット曲として知られている”会いたくて 会いたくて”。この曲は恋人に会いたいという女性像を想像されていますが、実際はこの相手は、恋人ではなく父親だったそうです!父親と一緒に住む事もできない、また養子縁組もしていないので父親と頻繁に会う事もできないため、会いたい父親に対しての気持ちを綴ったと言われています。

また、西野カナの過去に発売された失恋ソング“さよなら”も父親に向けて書いた歌のようです。西野カナの父親は逝去してしまったようで、“さよなら”の「10年後も逢えるよ」という歌詞は、父親の墓前で誓ったものだそう。自分を可愛がってくれた父親へ「いつまでもパパを忘れないよ」との思い出感謝を示したようです。

西野カナは父親や家族に感謝している

そんな父親には、とても多額の援助をしてもらっていた西野カナ。父親への感謝からか、芸名だけでなく、ファンクラブ名も”西野家”と、西野を使っているようです。西野カナは父親と一緒には過ごせなかったけど、こんなに思っています。本当に父親のことが大好きだったんですね!

西野カナの父親や家族のまとめ

西野カナはデビューの際に芸名として、母親の姓ではなく、父親の姓を名乗りました。そんな父親の姓である”西野”にこだわり続けている西野カナの気持ちには、父親に対する感謝や、大切に思っている気持ちなどが伺えますね。

父親の話は全くしないことから父親とは折り合いが悪いのかと思っていましたが、心の中ではとっても大切に思っていたのですね!そんな家族思いの西野カナが、今後もたくさんのヒット曲を生み出してくれるのを期待しています!