デヴィ夫人の若い頃に整形疑惑?ティーンエイジャーで入れ歯にした噂も!

「芸能界のご意見番」という肩書でワイドショーでも常連化している「世界のデヴィ・スカルノ」。歯に衣を着せぬトークで人気がありますが、実はご本人もかなりアブナイ過去があるようで、真偽のほどははっきりしていませんが、どうも整形しているという疑惑があるようです。

上沼恵美子が暴露!?デヴィ夫人は目を整形している?

関西では怖いもの知らずの上沼恵美子さん。1ラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』で、デヴィ夫人にケンカを売ったと話題になりました。「健康が一番」というテーマの流れの中で、デヴィ夫人の「整形」について言及。「こっちだって言いたいことありますよ。『目ぇイジったね』って言いたいですよ。あんな整形せんでも若いとき綺麗

妙な顔になりましたね。しすぎやわ。ヒアルロン酸やら何やら顔に打っとんのやけれども、そんなことせんでも、もともと綺麗でしたやんか。スカルノ夫人の時は。技術があんまり優れてない時に整形しはってるから、目がフレンチブルドッグみたいになりましたね。フレンチブルは犬だから可愛いけど、デヴィさんは人間だからよくないですね」

小柳ルミ子と大澄賢也の結婚!離婚理由は格差婚が原因だった?!真相は!?

デヴィ夫人、若返りの整形だけ?もともとの顔も整形している?

上沼恵美子スカルノ夫人の時はさんが言及しているデヴィ夫人の整形は、『ヒアルロン酸』といっている部分はどうも若返りの整形のようですが、「技術があんまり優れてない時に整形しはってるから」といっているのは、明らかにまだ若い時に、技術的に優れていない時代に整形をしているといっていますよね。

御年70歳を過ぎていながら、お肌がつるつるというよりは、なんだか突っ張っている感じのデヴィ夫人。どう考えても若返りの整形はされていそうですが、まだお若い時にも美容整形をされているということなのでしょうか?今でも美しいデヴィ夫人ですが、あの若い時の美貌は美容整形の賜物なのでしょうか?

鈴木京香に整形疑惑?ドラマで共演の鈴木保奈美とはどちらが劣化している?

デヴィ夫人の整形疑惑、ネットでは何と言われている?

「デヴィが今出してる中学生の頃の写真は、全部修正してあって不気味だけど、 この頃は自分の母親の写真に鉛筆で二重の線を書いてるだけで、 そこまで修正してなかったんだよね。他にも学芸会で踊ってる写真、二重の線を書き込む前と後、両方見つけてしまったw デヴィったらもう・・・」

「デヴィ婦人って昔の写真は輪郭丸いし、かなり整形してますよね?10年前に出した写真集見たら、かなり綺麗になってる。」「デヴィ夫人って昔 美人だったとか 言ってたけどあれも整形じゃねえかよ 嘘つき 詐欺師」「学生時代らしき写真見たらただの田舎の日本人だった」と、デヴィ夫人は若い頃も整形したとおもわれているよううです。

若い頃から大変綺麗だったデヴィ夫人

写真で見てもわかるように、若い時から美しかったデヴィ夫人。本名・インドネシア名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)、旧名・日本名:根本 七保子(ねもと なおこ)。大工の父親と病気がちな母との 間に長女として生まれ、兄弟は弟一人(八曾男)。父親は中学時代に亡くなります。

家計を 助けるため生命保険会社に勤務。三田高校の定時制に通いながら、休日は喫茶店でバイト。赤坂でホステスに。当時から日舞、英語塾にも通い、訪日中のインドネシアのスカルノ大統領と、ティーバーティで運命の出会い。3回目のデートでブロポーズされ、インドネシアに波り、40歳年上の大統領との恋が話題になりました。

若い頃高級クラブに勤めていたデヴィ夫人、接待のため入れ歯に?

デヴィ夫人は16歳で赤坂の高級クラブ「コパカバーナ」で働き始めます。この店が超のつく高級クラブだったのは有名らしいです。がただの高級クラブではなかったと言われています。当時から超VIP御用立つで外国人VIPに人気の夜の本格的な接待もあり?のS〇Xでの売〇行為がOKなクラブとして有名だったとの噂が根強くあるんだそうです。

政界人や財界人に海外の要人も多かったその店であの若さと絶世の美貌でデヴィ夫人がその海外ゲストの為に歯があたらないように入れ歯にしたとか。若い時のデヴィ夫人を取り上げたYouTubeの動画にも、『金のためなら何でもやる女』というコメントがありました。

デヴィ夫人!16歳で総入れ歯にしたという疑惑が?

赤坂の高級クラブ「コパカバーナ」は、ホステスの収入も半端なく高いことで有名だったとか。なんと650万~780万円だったとか。ホステスは当然他の店のホステスとは違うことをやるわけで、ベッドの中でも接客をするらしく、外国要人に奉仕するとき歯が邪魔にならないように総入れ歯にしたとか。

ベッドの中では、どうもデヴィ夫人は入れ歯を外して『接客』をしていたとも。そして、デヴィ夫人が総入れ歯にしたのは16歳の時だったという話です。ですが、このあたりの話しはあくまで噂話。ただもしそこまでやるとしたら、若い時にも整形していたと信じられていてもおかしくはありません。

モデルはデヴィ夫人?!閣に葬られた梶山季之の『生贄』。

実はかつてデヴィ夫人に訴訟を起こされて絶番にされた書籍があります。閣に葬られた梶山季之の『生贄』という書籍です。あらすじは、「貧しい家庭に育った有名になりたいとの野望を抱く笹倉佐保子という女性が、日本企業の利権と引き換えにアルネシア連邦のエルランガ大統領のもとに生贄として送り込まれる、というストーリー。

しかし彼女は単なる操り人形にはとどまっておらず、やがて逆に日本の政財界を手玉に取り始めるという展開だが、後半部は駆け足となる。これはモデルとされたデヴィ夫人からの抗議などによるものだろう。彼女はすぐに第三夫人の地位を得たわけではなく、逃亡、自殺未遂などの様々な苦闘ののちに獲得したのだ。」

連載中から、圧力がかけられていた『生贄』!

某出版社編集者によると、「この『生贄』は、67年、徳間書店から出版された小説。『アサヒ芸能』に連載中から、 デヴィ夫人をモデルにしていると、話題になってました。実際、連載中から圧力がかか り、突然、終了したかと思えば、今度は単行本発売直後にデヴィが名誉毀損で訴え、絶版 になった”幻の本”です。

作者の梶山季之さんは、週刊誌でデヴィ関連のスクープも飛ばすほど精 力的に取材をしていただけに、信憑性は高いと評判だった」この著書の内容は、 主人公の名前は笹倉佐保子。金ど名誉に執着した女性が、自らの肉体を最大限に利用 し、アルネシア連邦の第3夫人、ビデ夫人(笑)に収まるまでの経緯を描いたもの。

若い頃のデヴィ夫人がモデル!?整 形手術を受けた人工の美女

この『生贄』は、主人公と大統領の関係がアルネシアの賠償間題を有利に解決するため、政商や 総会屋、政治家たちが暗躍し、”生贄”として献上されたものだと暴露している点であろ う。しかも主人公の佐保子は、先行したライバル政商の”生贄”女性を出し抜くため、整 形手術を受けた人工の美女として、大統領を籠絡したというストーリー。

前述のように、デヴィ夫人について徹底的に取材を行っていて、『生贄』の内容はかなり真実に近いかも。それだけでなく、この小説で登場する政商や総会屋を、デヴィ自身、『デヴィ・スカル ノ自伝』の中で認めているそうです。それなら、デヴィ夫人が主人公を同じように、ライバルを出し抜くために整形したのもありうる話です。

デヴィ夫人、実はヌード公開したコトも!

「お金のためなら何でもやる」などという失礼な枕詞を付けている人もいるデヴィ夫人。若い時の写真はビックリするほど美しいので、例え第3夫人でも国家元首の妻になるのはわかりますが、その正統派セレブのはずのデヴィ夫人。実はヌードを披露したこともあるのです。デヴィ夫人がヌードを載せたのは1974年の総合男性誌GORO。

デヴィ夫人のヌード写真を見ると、出産経験があるとは思えないほどスタイルは良いのですが、仮にもかつてはスカルノ元大統領の第3夫人だった女性がヌードになるとは、ちょっと二の句がつげないような振る舞いのようにも思います。お人柄を考えると、整形の噂も、総入れ歯の噂も信憑性があるような気がしますよね。

スカルノ元大統領存命中に、浮気疑惑のあったデヴィ夫人!

1965年9月30日、軍事クーデターが勃発し、スカルノ元大統領はその地位を追われました。デヴィ夫人は日本への政治亡命を望みましたが叶わず、フランスへ亡命します。この時フランスの社交界へデビューし、『東洋の真珠』と呼ばれます。

そこまでだったら良いのですが、まだスカルノ元大統領が存命であるにも関わらず、デヴィ夫人は数々の浮き名を流し、数度にわたり婚約発表の噂さえ流れました。『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)にて、 再婚の可能性を聞かれると、「そうね……私より1000倍お金持ちの人が現れたら」と返答も。

デヴィ夫人のスキャンダラスな半生

スカルノの死後、デヴィ夫人 は完全にバリ社交界のヒロインになったと自慢しているが、実際はどうだったのか。「バリの社交界には二種類あって、彼女が入り浸っていたのはドミモンドという裏社交界 の方。本当の社交界には元大統領夫人でも貴族じやないと入れない」とどうも社交界デビューも美化された話のようです。

1992年1月2日にアメリカ合衆国のスキー・リゾート地コロラド州アスペンで、セルヒオ・オスメニャ第4代フィリピン大統領の孫娘のミニー・オスメニャ(Minnie Osmena)の顔をシャンパングラスで殴打し、37針縫う大けがを負わせて傷害罪で逮捕され、禁固60日・罰金700ドルの実刑判決が出て、34日間収監されたことも。

重大な詐欺騒動まで起こしている、すごすぎる実話も!

翌93年には、重大な詐欺騒動も。これはホテルオークラで国連環境計画支援チャリティを開催。収益金の10万ドルを寄付 したと出席者に手紙を出しながら、出席者が国連に確認したところ、寄付していなかった ことが発覚、大騒動になったようです。

ある雑誌編集者によると、「大体、デヴィ夫人の動物保護の見識など、オスロットという豹の貴重種の毛皮を自慢そ うに着ていることで分かる。このチャリティも主賓に国運環境計画北米局長が来るという のがウリだったのに、実際は呼んでもいなかった。騒ぎにならなかったら着服する気だっ たと言われても仕方ない」

都合の悪いことには訴訟を起こす、醜聞だらけのデヴィ夫人

ちょっと調べるだけでポロボロと出てくる醜聞にもかかわら ず、なぜ、デヴィ夫人の”素顔”は、触れられることがないのだろうか?実はデヴィ夫人は、都合が悪いことが暴かれると、とにかく容赦なく裁判に訴え、都合の悪い情報を封じ込めてきたのだ。過去、デヴィ夫人に告訴されたことがあるのは、『週刊新潮』、共同通信、朝日新聞など など。

「都合の悪いことを載せると、デヴィはすぐに裁判に訴えますからね。この『生贄』のと きも、デヴィ夫人の記事を載せた『週刊サンケイ』『アサヒ芸能』『ヤングレディ』『女性自身』『週刊大衆」『週刊実話』と軒並み、訴えましたからね。(中略)それでビビッて、誰も書けなくなったんです」(芸能記者)

整形も総入れ歯もありうる?すごすぎるデヴィ夫人のお人柄!

都合の悪いことが暴露されると訴訟を起こしてねじ伏せてきた、たたけばいくらでもホコリが出てきそうなデヴィ夫人の素顔。傷害罪で逮捕さた過去や、ヌード写真を雑誌に載せたことや、詐欺騒動のことを考慮に入れれば、とてもレディと呼ばれるにはかけ離れたお人柄と見受けられます。

デヴィ夫人の様にファーストレディであったジャクリーヌ・ケネディやグレース・ケリーが傷害罪で逮捕、拘留されたり、ヌード写真を披露したりといったことをするとは思われません。ファーストレディというよりはやはり「タレント」的なデヴィ夫人の人柄を考えると、整形疑惑も入れ歯の噂も、信憑性のある噂と思われます。