MayJの現在は!?消えた理由とは?ディズニーソングもバッシング?

カラオケ歌姫として君臨し続けた MayJさん。ディズニー映画の『アナと雪の女王』で知られる『Let it go』を披露していたにも関わらづ、いつの間にか、お茶の間から姿を消えました。大抜擢から姿を消した背景には一体何が起きていたのでしょうか。

MayJさんの現在は?消えたという噂?

関ジャニの仕分け∞歌うま女王MayJ

お茶の間ゴールデンタイムに放送されたテレビ朝日系列『関ジャニの仕分け∞』に突如新星として現れ、カラオケ対決にて初代女王にして長期に亘り君臨し続けていた MayJさん。多くの強敵の前で女王のプライドを賭け毎週多くの視聴者を魅了しファンを増やし続けてきた。君臨し続けた記録は、なんと26連勝。

関ジャニ∞横山裕さんの弟が結婚!弟の彼女にも優しい横山裕さんは愛情深い人?

消えたMayJ、『Let it go』に落とし穴

MayJさんは、ディズニー映画大ヒット作『アナと雪の女王』のエンディング主題歌日本人歌手の一人として起用された。この曲は、彼女自身の最初の持ち歌で、誰が見ても大抜擢と言えます。しかし、この曲には大きな落とし穴が有ったのです。ディズニーも予想しきれなかった落とし穴です。

風間俊介のディズニー愛が止まらない!?リゾート内での目撃情報は?

あまり見なくなったMayJは現在何を??

ミニコンサートなどを中心に活動去れていました。現在、MayJツアー2018・ハーモニーと言うコンサートを公演中。歌唱力に磨きが掛かり更に観客を魅了。そして今回、今迄のバンド4ピースに、弦楽四重奏が加わり8ピースでの生演奏、観客を圧巻させる演出で各地を巡られています。しかし、何故お茶の間から姿が消えていたのでしょうか?

 MayJ消えた理由その①Let it go!!

ディズニーに認められたら世界的歌手に?と思ってしまいますが、彼女の起用されたのはエンディング。日本語吹き替え版の劇中に使用されているダブルヒロインのエルサ役が松たか子さん、アナ役は神田沙也加さんでデュエット。アニメ視聴者からしたら、劇中に歌うエルサの声がオリジナルで他者の歌の些細なズレは違和感と感じます。

 MayJ消えたその理由②松たか子と神田沙也加!!

松たか子

エルサの声をオリジナルとして評価し求めた日本人。ただ声優が、女優歌手としても人気の名高い松たか子さんだから、と言う訳ではありません。松たか子さん自身の歌唱力がこの評価に値する声量と声質を持ち、歌唱力を発揮できる素晴らしい曲だったからです。『Let it go』によって、松たか子さんの人気はさらに拍車がかかります。

松たか子の旦那は有名ミュージシャン?馴れ初めは?子供は何人?

神田沙也加

松たか子さんの歌は少し落ち着いた感じで安定したイメージですが、神田沙也加さんの歌い方は、元気いっぱいのイメージで、喜怒哀楽の表現力はズバ抜けています。その才能はミュージカルでも披露されており活躍。ディズニーソングなら神田沙也加と言われる程。ディズニーイメージソング歌手として、この2人が高く評価されてます。

 MayJ消えた理由その③オリジナルと戦略!!

オリジナル

エンディング主題歌だから MayJさんは世界的に!?と思う方も居るかもしれませんが、日本は日本、アメリカはアメリカの声優歌手、つまり各国での放映は現地の歌手と声優を起用され、オリジナルともオリジナルで無いとも言えます。ディズニーの思惑が裏目に出て大きな落とし穴に、主題歌歌手達がこの曲で世界に出る機会を断たれました。

ディズニーの戦略ミス

このアナ雪に関して、初めて取り入れた方針で、各国のそれぞれの歌手を、世界の歌姫として起用していく方向を示していたディズニー。しかし世界どころか、その国々で留まってしまったのです。他の国でLet it goを歌っても、その国の代表歌手が存在する為、偽物として評価されるからです。

 MayJ消えた理由その④カラオケ対決!!女王敗退!!

カラオケ対決

『関ジャニの仕分け∞』新しい歌手が誕生するかもしれない期待から視聴された方も多いでしょう。MayJさんの伝家の宝刀は『Let it go』。だが、27連勝を賭けた大勝負に選んだ曲が自身の持ち歌『Let it go』対決でした。出してはいけない曲を出した結末は挑戦者のサラ・オレインさんに軍配が上がり、女王陥落。

関ジャニの仕分け∞はカラオケ測定機器が問題?

動画等を見直しても最近のカラオケ測定器は声のアクションが入るだけでポイント加算去れている感じで、オリジナル歌手と同じ本来クリアーに伸ばす所も不要なビブラートで加算、音階変動時の細かなズレや極短いビブラートをコブシ扱い加算、息継ぎの瞬間に入る吐息にシャクリ等で加算等、不要な機能搭載去れている感じです。

風間俊介に再ブーム到来!ジャニーズの異端児の全貌とは?FOUR TOPSって?

 MayJ消えた理由その⑤サービスし過ぎて劣化!!

ディズニー主題歌を軽んじ続けた行為により招いた敗北。自身の持ち歌で勝負をする事自体誤った行為で、当然結果に視聴者は納得する訳無く、一部の視聴者からヤラセ番組との声も上がりました。同時にMayJさんはLet it goをTVラジオ等出演し過ぎて視聴者も聴き飽き劣化、披露数が少ない松たか子さんに人気が流れました。

 MayJ消えた理由その⑥ダブルパンチでバッシング!!

MayJさん自身も著書『私のものじゃない私の歌』で書かれている通りで、求められて歌っていたカバー曲を歌う度に多くのバッシングと成りMayJさん自身に帰って来た事で、彼女はスランプと化し歌えなく成っていたのです。広い世界感を表現する歌唱力の音域を持ちながら、大好きなカラオケに執着した結果と言えます。

 MayJ消えた理由その⑦ファンの減少!!

宣伝効果の失速

関ジャニの仕分け∞は、連続出演していたMayJさんにとってレギュラー番組と同じで、ファンを取り込む為の、とても大切な出演番組でした。しかし不敗神話が崩れると同時に出演数は減り、その後番組終了、不定期特別番組に成ってしまったのです。

アーティストとして見ていたファンの反乱

アーティストとして評価していた一部のファンはオリジナル曲だけを期待していた。しかし、期待とは裏腹に、カバーソングに対する発売は減りませんでした。その評価はSNS等にも書き込まれ、「単なる芸能人のカラオケ」や「他人の曲で便乗している」等、次第に彼女の人格に対する批判と成りました。

成海璃子がいつの間にか消えた理由はやっぱり激太り?喫煙彼氏との現在は?

 MayJの活動、ファンからの要望だったのに??

歌手として見ていたファンの要望

MayJさんは何もこの曲だけで活動されて居た訳ではありません。当然歌手として音楽活動されています。しかし、歌うまカラオケ女王は大失敗、ファン要望のカバーゾング活動です。そして残念な事に、歌に込める感情が原曲のイメージからズレたり、原曲に対するアレンジが無かった結果、カバーはカラオケとして非難。

オリジナル曲より強いカバーイメージ

当然ですが彼女は多くのオリジナルヒット曲も出されました。ジャンルとしては多いのがバラードです。結婚式にも使用される多くのとても素晴らしい曲を出されました。しかし、ファンの間では、オリジナル歌手のイメージでは無く、カバーソング歌手のイメージが定着してしまい離れません。

カバーソングはダメなのか??

そんな事は御座いません。しかしカバーと言って同じ歌い方をしていてはオリジナル評価が上がるだけで、オリジナルを聞ける間は単なるカラオケとしてバッシングを受ける為アレンジが必要です。とは言え原曲の詩の内容を理解した上で歌手の特徴を活かしたアレンジしなければ、こちらも原曲作品を汚したとバッシングに成りかねません。

カバーソングコンサート。現在現役歌手の曲??

カバーゾング

多くの歌手の方が、コンサート等でもカバーソングを使用される事が有ります。その使用頻度は少なく、有名アーティストとの想い出や、エピソードを準備した上で使用されています。そして曲も民謡だったり、既に他界された方の生演奏が聴けない曲や、急遽出演者変更で折角来たファンの為に歌われたりしています。

歌手年齢層

カバーだけならカラオケ、歌うだけなら歌手、作詞作曲含めてアーティスト、基本的に若い歌手アーティストはコンサートで歌いません。カバーソングを使用する時は独自のアレンジされたカバーです。中高年やシニア世代等をターゲットにしたグループコンサートがカバーソングを歌われる頻度が多いのです。

変化!!意外!!あの人とコラボ!!

2015年辺りからMayJさん自身のオリジナル曲も更にチラホラと目立つ感じに成ります。『ふたりのまほう』こちらは『ガンダムGのレコンギスタ』の主題歌として起用されました。その他にも『母と娘の10,000日~未来の扉~』こちらの曲は、なんと八代亜紀さんとコラボ去れていたのです。

Zガンダムに復帰!32年ぶりにガンダムの歌姫、森口博子が帰ってきた!!

八代亜紀とMayJ深み有る美声デュエット!この曲は一押し!!

『母と娘の10,000日~未来の扉~』八代亜紀さんとMayJさんのコラボ、まさに演歌とポップの融合をさせた印象です。跳ねやすい声質MayJさんの歌声を八代亜紀さんの沈みやすい声質で調和する、だが、お互いの歌唱力は落ちる事無く幅広く伸び伸びとした感じ。この曲を知らない方には是非聴いて頂きたい作品でした。

今迄まだ無い、このコラボ!!ちょっぴりファンも期待!!

ディズニーはただ歌手声優芸能人を起用しているだけでは有りません。当然個々の音域を計算された実力者です。ディズニーソングで世界がダメなら、ディズニーが認めたスタジオジブリで、 ディズニーが認めたMayJさん・松たか子さん・神田沙也加さんで幻想的世界観を表した作品を制作して3人で歌って欲しいですね。

 結論

MayJさん自身は消えていたのでは無く、体調不良で声が出なくても涙を流しながらでもファンの為に歌われ、バッシングに悩み著書を執筆。対策として日本だけに縛られず、自身の持ち歌制作と練習に励み、チョコチョコ出演しながら頑張られています。お茶の間アイドルからアーティストとしての階段を一歩一歩進まれています。

ファン希望のオリジナルソング続々配信中!!

まだカバー曲が多いMayJさんですが、歌われて配信している曲のダウンロード数は伸びているます。これから更に自身のオリジナル曲と言える持ち歌を増やし、綺麗な美声をどんどん配信して頂きたいですね。皆さんで応援しましょう。