指原莉乃が松井珠理奈に放ったとどめの一言とは!?無期限休養事件の真相は!? エンタメ

指原莉乃が松井珠理奈に放ったとどめの一言とは!?無期限休養事件の真相は!?

「第10回AKB48世界選抜総選挙」で1位を獲得した松井珠理奈さん。その後ほとんど露出する事なく活動の休止が発表される異例の事態に様々な憶測が飛んでいます。ライバルと目された宮脇咲良さんへのパワハラ発言や指原莉乃さんが放ったトドメの一言の噂についてまとめます。

指原莉乃が松井珠理奈にとどめの一言?無期限休養に追い込んだ?

6月に開催された「第10回AKB48世界選抜総選挙」で自身初の1位を獲得したSKE48の松井珠理奈さん。総選挙直後から体調を崩し7月7日に無期限休養を発表。その無期限休養の決定打となったのが、前回まで三連覇を達成していた指原莉乃さんの放ったキツい一言だったという噂が!?あまりにもショッキングな展開に物議を醸しています。

前回女王指原莉乃欠場の中、松井珠理奈が自身初の1位を獲得!

世界選抜と銘打たれナゴヤドームで開催された今回のAKB総選挙でしたが、女王の座に輝いたのは地元SKE48の松井珠理奈さんでした。松井珠理奈さんは前回まで三連覇を達成していた絶対王者指原莉乃さん欠場ながらも見事1位を獲得し喜びを爆発させ今後のAKBを背負って立つ意志を感じさせるコメントを発表しています。

松井珠理奈が囲み会見で宮脇咲良へのパワハラ行為を明かし騒然?

その後上16人による写真撮影を終えて囲み会見を受けた松井珠理奈さんでしたが、この場でネット炎上につながる発言をしてしまいます。今回の選挙で自身のライバルと目され3位を獲得しながらも写真撮影に姿を表さなかった宮脇咲良さんについて触れた松井珠理奈さんは開票イベント前のコンサート中に宮脇さんに言った一言を明かしました。

私は「再会の誓い」[曲中の歌詞]の瞬間に咲良たんに「もっとちゃんと踊って」って言いました。じゃないとAKBが終わるから。それを言ったら、咲良たん出れなくなっちゃいました。悲しいです。だから「ごめんね」って言いました。

(引用:文春オンライン)

この「もっとちゃんと踊って」発言がパワハラと取られると運営側はこの部分を報じない様にメディアに要請したとの情報も出ています。しかしこの発言はすぐにネットを中心に拡散される事となり松井珠理奈さんが宮脇咲良さんにパワハラを行い、追い落としたかの様なニュアンスで伝えられる事になり炎上騒動に発展してしまいます。

指原莉乃が泣き崩れる松井珠理奈に放ったとどめの一言とは!?

この囲み取材での衝撃発言の後1位に授与されるマント姿で舞台裏に戻って来た松井珠理奈さんでしたが、この時に運営幹部に先の発言に対してキツく叱責されたのだそうです。すると松井珠理奈さんは泣き崩れてしまくてのだとか、さらにこの場に居合わせた指原莉乃さんが一言辛辣な言葉を放ったのだそうです。

「今回不出馬だった彼女は、テレビの生中継の仕事で現場に入っていました。そして、しゃがみ込んで号泣する松井に『ちょっと、私のマント汚さないでくれる?』と言い放ったのです。指原からすれば、自身が昨年得た約24万票に松井は遠く及ばないし、HKTの後輩である宮脇への“仕打ち”も快く思っていなかった。結果的にこの一言が、松井を長期療養へと追い込んだと言えます」

(引用:デイリー新潮)

指原莉乃さんが「私のマント汚さないでくれる?」とキツ過ぎる発言をしたと週刊誌に報じられ、これが松井珠理奈さんの無期限休養へのとどめの一撃となったとされてしまいました。確かにこの展開が事実だとするなら松井さんからしたらかなりキツいですね。

松井珠理奈の宮脇咲良への発言の真意は報道とは少し違う!?

この一連のパワハラの応酬ともいうべき騒動ですが、囲み取材に参加したある記者はニュアンスが少し違うのでは?と疑問を呈しています。前述の囲み取材での「もっとちゃんと踊ってと言いました」発言の後にはもう少し言葉が続いていた様です。

だから「ごめんね」って言いました。だけどそれは咲良たんが好きだからだよって。咲良たんは48グループを盛り上げるには必要な存在です。だから本当は来年も総選挙に出てほしい[宮脇は今回の選抜総選挙で、立候補するのはこれが最後と表明していた]。だって私が出るんだから。本当のライバルになってもらわないと》

(引用:文春オンライン)

これを読むと少し印象が違って聞こえます。あたかも一方的なバッシングをしたかの様に報道されていましたが、どうやら真相は松井珠理奈さんのAKBへの責任感の強さから思わず出てしまった一言だと捉える事ができます。また、この囲み取材での松井さんの発言は自身の事よりもAKBのこれからへの言葉が大半を占めていたのだそうです。

松井珠理奈の無期限休養もファンからは辛辣なバッシングの嵐?

この様に真相は少し違う様ですが、世間的には松井珠理奈さんが悪者という雰囲気が強くなってしまっています。これにはこの発言以外にも様々な要因がある様に思えます。一つは宮脇咲良さんの3位が確定した時に同じSKEで2位が濃厚となった須田亜香里と抱き合ってガッツポーズを見せた事が品位がないと叩かれた事。

松井珠理奈は実質指原莉乃に遠く及ばないという空気感も?

また、前回王者である指原莉乃さんが不在であった事と得票数も前年の指原莉乃さんの24万票に対して松井さんは19万票と遠く及ばない事、地元名古屋の開催で出来レースが疑われた事などがあげられそうです。しかしほとんどのバッシングは他のメンバー推しだったファンからの八つ当たりに感じてしまいます。

松井珠理奈の無期限休養理由、元々精神的に追い詰められていた?

この様に過剰とも言えるバッシングが飛び交う中松井珠理奈さんは無期限の休養を発表、指原莉乃さんの一言がとどめを刺したかの様に報道されていますが、実際には今回の総選挙中松井さんは過呼吸の様な状態になって倒れて運ばれるなど、かなり精神的に追い詰められていた様子が見て取れます。

指原莉乃のとどめの一言ではなく激しい批判が本当の休養理由?

それに加えて、総選挙後に激しいバッシングの嵐を受ける事となり、活動困難なほど精神的なバランスを崩してしまったと考えるのが合理的かと思います。一連の流れを見ているとかなり慌ただしい展開に対応出来ていない様子に見えます。一度ゆっくりと休む事を選択したのは正解ではないでしょうか?

指原莉乃がとどめの一言「私のマント汚さないで」発言を否定!

そもそも指原莉乃さんのとどめの一言も本当にこんな事言ったの?と疑っていたら案の定指原莉乃さん本人が否定のコメントを出しています。この「私のマント汚さないでくれる」発言自体が捏造されたのだとしたら、さすがにこれはメディアとしてやり過ぎかと思いますね。さすがに0から1を作ってはあかんと思います。

「私が珠理奈のこと怒ったって週刊誌に載った件なんですけど、“私のマント”っていうワード、ダサすぎる問題。私のマントって……年に1回か2回着るか着ないかのマントを……恥ずかしい、あんなこと言うやつだと思われたくない。言ってないけど、私のマントって言ったって思われていることがメッチャ恥ずかしい。

(引用:女性自身)

指原莉乃と松井珠理奈のパワハラ騒動についてのまとめ

今回は松井珠理奈さんの突然の長期休養についてまとめて来ました。真相とはニュアンスが違う内容が過激に脚色されて報道されている面は否定できない様です。これに関してもAKBグループの人気低迷が関係している印象も受けます。かなりの数のアンチがここぞとばかりに攻撃している構図が見えなくもありません。

そもそもこの人気低迷の現状こそが松井珠理奈さんを追い詰めてしまったと取るのが正解な気がします。失礼ながら少し前の人気メンバー達に比べると現状メンバーは知名度も低く指原莉乃さん以外のメンバーの認知度はかなり低い気がします。松井珠理奈さんをこの現状を打開する事への期待を込めて応援していきたいと思います。