ユースケ・サンタマリアさんの妻がうつ病を救った?!子供はいるの? エンタメ

ユースケ・サンタマリアさんの妻がうつ病を救った?!子供はいるの?

ユースケ・サンタマリアさんといえば、バラエティ番組でも大活躍でとても面白い方ですがユースケさんはうつ病だったことをカミングアウトしました、その支えになったのが妻だと言います。子供もいるのか含めて、どんな家庭生活を送られているか調べてみたいと思います。

ユースケ・サンタマリアさんの妻がうつ病を救った?!

ユースケ・サンタマリアさんは、30歳までは仕事が楽しかったそうです。しかし人気が出てくるにつれて、体と心のバランスが取れなくなっていきました。「芸能界に一般人がいる感覚」だったというくらい、居場所がなかったと告白されています。そのことで当時結婚をしていなかったのですが、

献身的に支えてくれたそうです。交際6年を過ぎたころに大分から彼女が上京し、同棲を始めました。体調不良になってしまったことで心配だったのでしょう。看病をして8年間、彼女は支え続けていたようです。2人でうつ病を乗り越えたのです。仕事もかなすことができたのは彼女のおかげです。

ユースケ・サンタマリアさんの妻って誰?

ユースケ・サンタマリアさんの妻の名前は、中山裕利恵さんと言います。2歳年下の一般の方でユースケ・サンタマリアさんが、地元の大分で知り合ったそうです。見た瞬間にお互いに恋に落ちたと話されています。意外とロマンテックな方なんですね。まだ芸能活動を始める前でした。

印象は「ムーミンのミイに似てる。背が低く可愛いタイプでよく笑う明るい子」ということです。しばらく遠距離恋愛で愛を育んでいました。そんな前から彼女一筋だったことに意外性を感じます。ブレイクしたら、芸能人の方と一般の方と別れてしまうことが多いようですが、お互いに本当に信頼していたのでしょう。

ユースケ・サンタマリアさんと妻との家族生活!!

ユースケ・サンタマリアさんと裕利恵さんとの交際はなんと14年続いたそうです。その交際も6年後に彼女が上京してきて同棲生活をはじめます。なぜ同棲生活を始めたかというと、先ほども述べましたが、うつ病になってしまったからでした。その後も順調に同棲生活もしていましたが、

彼女の誕生日の時に彼女から「私ももう35よ」といわれたことにより、2004年に結婚されています。さすがにユースケさんもこれはいけないと思ったらしく、「籍をいれるか」といい結婚をされています。彼女もうつ病の看病に言い切れなかったところもあったのでしょう。

ユースケ・サンタマリアさんはうつ病になぜ?激やせが関係?

ユースケ・サンタマリアさんの激やせがささやかれたのは、草なぎ剛さんとのバラエティ番組「ぷっすま」を休んでしまったり、たびたび体調不良を訴えていたからでした。しかしユースケ・サンタマリアさんがうつ病にかかっていたことをカミングアウトしてから、

この激やせがうつ病によるものだという真実が伝えられたのです。約8年間にわたりうつ病に苦しんでいたのです。激やせした原因は、食事が食べられなかったためのようです。プロインタビュアーの吉田豪さんの取材があった時に、ユースケサンタマリアさんはカミングアウトしています。

ユースケサンタマリアさんのうつ病はなぜ起きた?

ユースケサンタマリアさんはミュージシャンとしてデビューしています。歌での印象は最近では薄く、俳優さんというイメージです。俳優という違うジャンルの仕事で人気が出て生きます。その戸惑いなどが精神的に追いついていかなかったようです。うつ病の特有の精神的なバランスを崩すきっかけになったのです。

面白いユーモアのあるユースケサンタマリアですが、本来は潔癖症で繊細な性格なのです。潔癖ゆえに自宅の掃除も全部自分でするそうです。そんな神経質な方ほど、うつ病になりやすいようです。しかも自分の本来の性格を抑えて、俳優業などをこなされていました。

ユースケ・サンタマリアさんの妻の間に子供は?

ユースケサンタマリアさんと妻との間に子供がいるという情報はありません。付き合いが長かったようですが、結婚は少し遅かったことから、できなかったのかもしれませんが、確かな情報はありません。ユースケサンタマリアさんは、「いつでもオッケー!好きだし励みたい」と答えていました。

ユースケさんは、子供が嫌いなわけではなさそうですので、やはり不妊治療を行なっていたのかもしれません。その奥様も45歳になるとおもいますので、諦めてしまった可能性もありますが、もしかしたら、密かに子供さんがいるのかもしれません。やはり芸能人ですので、覗かれたくない部分かもしれません。

ユースケ・サンタマリアが子供のような人!年齢は?

ユースケ・サンタマリアさんは、うつ病だったということを知らなかった時は、子供のような人だと思っていました。ユーモアをもっていて、お面白いことも考えてコメントや行動できるので、面白いキャラとして定着しました。みんなが見て面白いと思うものは、真剣にやらないと喜劇にならないと本人は言っています。

ユースケさんは、年齢は47歳になります。今から良い役者として味が出てくる年齢でもあります。でも本来はユースケ・サンタマリアさんは、ミュージシャンです。自分が望んでいたことを少しでもできることも年齢とともにできるのではないでしょうか。

ユースケ・サンタマリアさんの子供時代は歌一筋!

ユースケ・サンタマリアさんは、地元大分では、バンドを組んでいます。「XYZマーダーズ」を結成します。コンテストでも人気が出ていたが、高校卒業と同時に解散します。すぐにロックバンドを結成し、CDを出したり、自主製作アルバムも出しています。FM88のラジオでも司会をしていました。

この頃には、しゃべることもお得意だったようです。ユースケ・サンタマリアという芸名もラテンミュージュシャンのモンゴ・サンタマリアが好きで、名前が派手で目立つということでつけたものでした。ユースケの後に・がつくのは、笑っていいともで姓名判断してもらってからつけるようになりました。

ユースケ・サンタマリアさんはドラマで大人気に!!

ユースケ・サンタマリアさんの名前が知れ渡ることになったのは「踊る大捜査線」です。親しみやすい役柄の「真下正義」を演じました。この演技でファン層も増え役者として躍進していきました。演技に定評がありすごく演技がうまいということで、バラエティ番組とのギャップにすごさを感じました。

演技がすごいと絶賛されたのが、「アルジャーノンに花束を」です。幼児並の知能しか持たない青年が手術によって、天才的な知能を手に入れます。その幼児のような演技と天才と呼ばれるほどの青年になったギャップに、役者としての才能を感じました。愛と憎しみ、喜びと孤独の表現力がすごかったです。

ユースケ・サンタマリアのバラエティ番組や俳優業に期待!!

ユースケ・サンタマリアさんは、全く私たちが思っている人とは違い、繊細でとても真面目な部分も持ち合わせていることにびっくりしました。一時期うつ病に悩み、仕事を続けながら大変だったと思いますが、元々の底抜けに明るく、発する言葉に意味もないのが。とても面白い方ですので、

これからの活躍にはかなり期待できます。前回のドラマでもダメ亭主を見事に演じています。色々な役どころを見て見たい役者さんです。音楽も少しずつテレビで見れることを楽しみにしていきたいです。バラエティ番組もどんどん出演して、面白いトークを聞かせてもらいたいです。