実はスタイル抜群の滝沢カレン!身長はどのくらい?キャラは演出?噂の恋人は?

おかしな日本語と奇想天外な発想力で人気爆発中の滝沢カレンさん。その宇宙人級にぶっ飛んだキャラクターばかりがクローズアップされがちですが、モデルが本業だけあってスタイルは抜群です。滝沢カレンさんの魅力についてまとめました。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

モデルでも大活躍!高身長でスタイル抜群の滝沢カレンの経歴

今となってはバラエティで引っ張りだこの滝沢カレンさんですが、原点はやっぱりモデル業です。まずは滝沢カレンさんのプロフィールとデビューまでの道筋についてまとめました。滝沢カレンファンもそうでない方も必見です!

滝沢カレン(タキザワ カレン) モデル・女優。1992年5月13日生まれ。AB型。2008年、雑誌『Seventeen』(集英社)の『ミスセブンティーン2008』で単独グランプリを獲得。同誌の専属モデルとして活動する。2009年に映画『ROOKIES 卒業』に出演。https://www.oricon.co.jp/prof/541739/profile/

本当は水着で勝負したい?高身長を活かしたい滝沢カレン

バラエティに出ていても抜群のスタイルが際立つ滝沢カレンさん。五日のバラエティでも「モデルでやってんで」と発言しているように、御本人としてはあくまでもモデル業のほうにアイデンティティを見出していることがうかがえます。東欧系の顔立ちで、しゃべらなければS級美女なのですから、モデルとしてもまだまだ需要がありそうです。

実はハイスペック!滝沢カレンの身長と気になるカップ数情報

「黙っていれば美人」というイメージが定着した滝沢カレンさん。そのイメージは間違いではなく、グラビアでお目にかかる滝沢カレンさんはやっぱり文句なしのS級美女で、身長170cmのプロポーションは伊達ではありません。バストサイズは81cmと決して巨乳ではありませんが見た目にはボリューム満点で、Eカップぐらいはありそうです。

身長やスタイルだけじゃない!滝沢カレンのここがスゴイ!

バラエティでの快進撃を見ているとついつい忘れそうになりますが、滝沢カレンさんはれっきとしたモデルであり、今でもファッションモデルとしての活動を欠かしません。滝沢カレンさんのモデルとしての活躍ぶりにスポットをあててみました。

水着になってもヤバイ!滝沢カレンの身長と胸にくぎづけ

あまりイメージがないかもしれませんが、滝沢カレンさんは水着になってもすごいんです。もともと身長が高いのでウェストラインや脚線美がぐっと強調されるのはもちろんのこと、おっぱいのほうも予想以上にボリューミーなので、グラビアアイドルとしてもトップクラスのエロさがあるんです。

カップ数はE以上?サイズ以上に大きく見える滝沢カレンの胸

実はスタイル抜群で、しかも巨乳の滝沢カレンさん。バストサイズそのものは81cmとそれほど大きいわけではありませんが、実際にグラビアなどで拝見させていただくかぎりではなかなかのボリュームで、ここだけの話、さわり心地もけっこう良さそうです。これだけのバストがありながら、なぜグラビアアイドルに軸足を移さないのでしょうか。

モデル業に戻る?滝沢カレンができるまで

2016年あたりから一気に人気に火がついた滝沢カレンさん。モデルとしてはけっこうな紆余曲折があったようで、バラエティに出ることにも葛藤があったようです。知られざる「滝沢カレン誕生秘話」について御紹介いたします。

胸のカップ数は?水着でも勝負していた滝沢カレン

滝沢カレンさんのモデルとしてのスタートラインは2008年にさかのぼります。「SEVENTEEN」のモデルとしてデビューした滝沢カレンさんはあくまでもモデルとして地道にキャリアを積んでいきます。ただ、モデルとしては鳴かず飛ばずだったようで、2015年、ついに大きな転機をむかえることになります。

あの大物芸人に大ハマリ!滝沢カレン誕生!

滝沢カレンさんのターニングポイントは、後にも先にも「踊る!さんま御殿!!」でしょう。バラエティの主戦場ともいえるこの番組で持ち味である「滝沢カレン語」を思いっきり見せつけた滝沢カレンさん。司会のお笑い怪獣さえもタジタジとさせるほどのトーク術でたちまち人気となりました。その後の活躍はもう、説明するまでもありませんね。

実は演技もできる?水着と身長だけじゃない滝沢カレン

今となっては知る人ぞ知る情報ですが、「滝沢カレン語」で大ブレイクする前のカレンさんはクールなキャラで売っており、有名映画にも女優として出演していました。ルックスも決して悪くはありませんし、もともとは女優志望だったのかも?

スタイル抜群なのに日本語が変!滝沢カレンは演出?

今や「滝沢カレン語」は社会現象にまでなっており、SNSでも「滝沢カレンごっこ」が大ブームになるほどの人気ぶりです。一方で「あのキャラは演出なのでは?」という声もありますが、果たして真相はどっちなのでしょうか。引用記事もまじえつつ検証していきます!

実は天才?異次元の言語を操る滝沢カレン

奇想天外な「滝沢カレン語」が本物ならカレンさんは相当な天才であることになります。何しろあれだけ奇想天外なボキャブラリーを瞬時に操るのですから、これはもうスパコン並み、AI以上の処理能力と言わざるを得ません。破天荒にして論理的、支離滅裂にして哲学的な「滝沢カレン語」は天才だからこそ許される異次元の言語なのかもしれません。

胸と水着だけでは生き残れない?滝沢カレン演出説

もしも仮に「滝沢カレン」そのものが演出だったとすると相当なスキャンダルではあります。演出だということは背後にフィクサーがいるということですから、そのフィクサーのほうが天才である、ということになります。ブレイク前はいろいろと苦労したことを考えると、「滝沢カレン演出説」もあながちデタラメではないのかもしれません。

水着で胸を見せなくてもいい!滝沢カレンの今後

バラエティでの活躍ぶりがすごすぎるあまり、モデルとしてのイメージがどんどん薄れつつある滝沢カレンさん。この先、滝沢カレンさんはモデル業に見切りをつけてバラエティにどっぷり浸かるべきなのでしょうか。

滝沢は「最近、四文字熟語にハマっている」と明かし、堂本光一(38才)やアンジャッシュ・渡部建(45才)ら、出演者に次々と四文字熟語であだ名を付けていったのだ。そのとき堂本光一につけたあだ名は「感情不明」、渡部は「芸風過多」と名付けられた。ものの数秒で四文字熟語が浮かぶ反射神経もさることながら、その言葉選びも巧みなのだ。特に東野幸治(50才)に付けた「薄情大王」には“例えツッコミ”の名人といわれるフットボールアワー・後藤輝基(43才)までが、「ドンピシャ!」と舌を巻いた。http://news.livedoor.com/article/detail/14008149/

あの大物演出家も太鼓判!滝沢カレンはやっぱり逸材!

滝沢カレンさんの才能については、各方面で注目されていますが、ついにあの大物演出家も、彼女の天才ぶりに目をつけるようになりました。大物をもうならせる滝沢カレンさん、やっぱり怪物です!

「櫻井翔くんの『服装迷走』っていいじゃないですか! 今田耕司さんの『独身番長』もうまい! 一生食っていけるんじゃないの、稲川淳二さんみたいに(笑)。いやー、正直、こんなに頭がいい子だったとは知らなかったなぁ~(笑)」http://news.livedoor.com/article/detail/14008149/

水着もそそる!胸も大きい滝沢カレンの気になる恋愛事情

テレビでは支離滅裂なことしか言わないキャラクターの滝沢カレンさんですが、実は最近、ある男性と熱愛中であるという噂がちらほら流れています。滝沢カレンさんは男性の前でも宇宙人のようなキャラなのでしょうか。報道記事をまじえつつ御紹介いたします。

胸とスタイルで誘惑?滝沢カレンの熱愛事情

2017年12月発売の写真週刊誌で熱愛がスクープされてしまった滝沢カレンさん。お相手の男性は元Little Blue boXの保山悠輔さんではないかと噂されています。熱愛報道についてはバラエティ番組でもいじられ、さすがのカレンさんもたじたじだったようです。

この質問を受け、ダウンタウン・松本人志(54歳)が「これが悪い女で…前にうち(ダウンタウンなう)の収録に来たときに、彼氏いないんですーっていっておきながら、オンエア明日かな、という時くらいに週刊誌に撮られて…。ギャラ返せっちゅう話ですよ」とコメント。「えー!」「最低!」の声も飛ぶ中、滝沢は照れたように笑いながら「いえいえ…事務所通して聞いて下さい」と煙に巻いていた。Twitterなどのネットでは「滝沢カレンはやっぱ面白いな」「イジられるなら最初がいいよね」「いや、これダメでしょ」「逃げる時はボケずに逃げられるんだ」といった反応が寄せられている。

http://news.livedoor.com/article/detail/14281375/

本当は身長とスタイルで勝負したい?滝沢カレンの葛藤

バラエティに出ているかぎり一生安泰に見える滝沢カレンさんですが、本人としてはやっぱり「モデル業をメインにしたい!」という思いがあるようで、最近では少しずつクレバーな一面を見せはじめています。滝沢カレンさんはなぜ「滝沢カレン」になったのでしょうか。

やっぱり計算?滝沢カレン語の裏に見えるバラエティ病

ひょっとしたら、滝沢カレンさんはもともと寡黙で、しゃべることが苦手な女性なのかもしれません。それが偶然にもバラエティで脚光を浴び、「とにかく何か言わなきゃ!」という焦りを生み出し、滝沢カレン語の誕生に結びついたのだとしたら、彼女もまたバラエティ病の犠牲者なのかもしれませんね。

脳がAI?翻訳機よりかしこい滝沢カレン

滝沢カレンさんのトークを聞いて、「翻訳ソフトっぽいな」と思うのは私だけでしょうか。滝沢カレンさんのトークが不自然なのはボキャブラリーが支離滅裂だからで、そのわりにワードセンスが絶妙なのでどこか人間離れしているように聞こえてしまうのです。顔だちもどこか無機質ですし、「滝沢カレンAI説」もそれなりに説得力がありそうです。

爆笑必至!滝沢カレン語録を一挙大公開!

モデルとしてもタレントとしてもまさに「ゾーンに入った」滝沢カレンさんの爆笑語録をあつめてみました。支離滅裂にして哲学的な滝沢カレンワールドにどっぷり浸ってください!皆さんもお気に入りの語録を見つけましょう。

滝沢は「ダウンタウンDX」に出演したときも、浜田雅功がカンペを見てMCをしていたことに驚愕したことを明かし、「リーダーは浜田さんと松本(人志)さんで、二人が(番組を)動かすものだと思っていた。(ダウンタウンは)ある意味支配されてる」と衝撃を受けたことを告白。ダウンタウンについて「こんなヤバイ二人たちが(全ての進行を)やればいいのに…」と独特の日本語で表現し、ダウンタウンらを爆笑させた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14282232/

スタイル抜群、高身長で下ネタもイケる?

四字熟語で表すなら「爆笑女王」としか言いようがない無敵の滝沢カレンさんですが、最近では下ネタも勉強しはじめているのか、バラエティでもまさかのエロネタで爆笑をさらっています。下ネタでもきっちり笑いが取れるのですから、もはや芸人以上ですよね!

「1月24日放送の『今夜くらべてみました』(日テレ系)で滝沢は、自分の秘所を『ブラックホール、私のやつです』と表現し、爆笑を招きました。また昨年5月29日にはインスタグラムで『生放送のドクドクを見て欲しい』とつづっており、品のないファンから『生でドクドクかよ~!』との声が飛んでいました」(前出・テレビ誌ライター)。これまでの艶ネタは言い間違いが原因だったようだが、さすがに今回の「糸を引いてる」は自分から後藤にツッコみを入れたとあって、事情が異なっている。滝沢にはぜひ、ヤバい時に何が糸を引くのか、ご説明いただきたいものだ。http://news.livedoor.com/article/detail/14469737/

高身長だけじゃダメ!滝沢カレンは第2のローラになれるか

宇宙人的なキャラクターのパイオニアにはローラがいます。タメ口キャラで大ブレイクしたローラさんも、ブームが下火になる前にクールなキャラにシフトチェンジし、今ではハリウッド女優としても活躍しています。滝沢カレンさんがローラさんのように自然にシフトチェンジできるかは、今後のイメージ戦略がポイントになるでしょう。