門脇麦と菅田将暉!!過激なぬれ場・キスシーンの共演が反響を呼んでいる⁈

門脇麦さんと菅田将暉さん。人気急上昇中の2人ですがなんと!!過激なぬれ場やキスシーン、ベッドシーンが話題を呼んでいるとか⁈えっ2人って付き合っていたのでしょうか⁈ではなぜウワサになったのでしょうか?調べてみました!!どうぞ~

門脇麦と菅田将暉のぬれ場・キスシーン・ベッドシーンが反響⁈

門脇麦さんと菅田将暉さんの過激なぬれ場・キスシーン・ベットシーンが流出⁈びっくりしましたか?プライベートではありませんよ(笑)話題になったのは2016年6月に全国公開された映画「二重生活」での超濃厚なシーンの数々が話題になりましたよね。ご存知ですか?

菅田将暉のキスが凄くセクシー?その名も、スダマサキッス!!

門脇麦と菅田将暉のぬれ場がすごい!!「二重生活」監督岸善幸

映画「二重生活」はドキュメンタリー出身の岸善幸監督がはじめて映画作品でメガホンをとった作品です。映画の内容は、大学院で哲学を学ぶ平凡な女性が、修士論文の題材に「理由なき尾行」を選んだことから、他人の日常を覗き見する行為に取りつかれていく物語。

門脇麦と菅田将暉の共演作・ぬれ場がすごい!!ぶっつけ本番⁈

主人公の大学院生を演じた門脇麦さん。その同棲相手の恋人を演じたのが菅田将暉さんです。2人とも不思議な感覚を得た撮影現場だったそうです。本格的な共演はこの映画が初めてだった門脇麦さんと菅田将暉さん。同学年で共通の友人もいた2人は、お互いに知り合いだったような錯覚があったんだとか。

撮影初日から作品冒頭の濃厚なベッドシーンを撮影しても、まるで2人が生活している空気感のようなものに違和感がなかったんだとか。岸善幸監督の手法というのでしょうか、ほとんどのシーンがぶっつけ本番だったそうです。新鮮さを優先させる方法だったそうですよ。

人気俳優・菅田将暉の現在の彼女は!?歴代彼女の情報も紹介!!

門脇麦と菅田将暉のキスシーン・ベッドシーンでカットがない⁈①

岸善幸監督はほとんどのシーンを長回しで撮影をしたそうで、必要に応じて同じシーンを別のカメラワークでも撮影するので芝居の流れの途中でカットをかけることがあまりなかったんだとか!!その撮影についてほとんどに出演していた門脇麦さんは…

撮影を振り返って!!

岸監督は俳優自身の何かを持ち込ませる方。芝居をさせないというか、感情をつかみとりたいのかなと思いました。短時間で、しかもリハーサルなしで撮影するのは、そういうところを引き出したいのかと。『ON』『OFF』の切り替えがわからずテンションが一定!!

どのシーンにおいても、台本に書いてあるストーリーとその場で感じたことを演じていただけだったので、自分の素が出たままなのか、あくまで役を作っているのかがわからず、すごくきつかったですと、撮影を振り返ってコメントしていました。

門脇麦と菅田将暉のキスシーン・ベッドシーンでカットがない⁈②

また、撮影について菅田将暉さんは、撮影期間が短かったことでデビュー当時を思い出したそうです。デビュー作の「仮面ライダーW(ダブル)」の現場も、基本的にはリハーサルがなかったんだとか!!シーンを演じるときの最初の芝居は新鮮な感情とかリアクションがあふれ出てくる。

この映画の現場は、場所の確認とこんな感じのシーンだという簡単な説明だけで撮影が始まり、5分後にOKとかお疲れさまでしたとかっていうこともありました。だからあまり役を作りこんでいくという感覚がなく、かといってもちろん自分のままでもない不思議な感じで、楽しかったとコメントしています。

門脇麦と菅田将暉はトドメの接吻でも共演!!

『トドメの接吻』(トドメのキス)は、日本テレビ系列のドラマで2018年1月~3月まで、放送されていました。主演は山﨑賢人さん。ヒロインは門脇麦さん。菅田将暉さんは第9話に登場します。謎のストリートミュージシャンのはるみ(菅田将暉さん)

さいこ(門脇麦さん)の旺太郎(山﨑賢人さん)への気持ちや悩みを聞き、彼氏を作るのはキスが怖いからかと詰め寄りました。そして、いきなり初キスをしてしまうのです。さいこのキスではるみは殺せないことが判明!!はるみの正体は謎に包まれたまま…という展開でしたね。

門脇麦と菅田将暉はトドメの接吻でも共演!!バッシングがない⁈

「この日は門脇演じる宰子は、菅田将暉演じる謎のストリートミュージシャン・春海ともキスシーンがありました。これまでイケメン俳優とキスシーンを演じた女優は、バッシングされることが多かったのですが、このドラマの門脇に対するバッシングは見当たりません。このドラマはスタート当初“イケメン祭り”と呼ばれるほどイケメン俳優が多数出演しているため“イケメンを鑑賞するためだけのドラマ”といった陰口まで叩かれていました。ところが回数を重ねるたびに門脇演じる宰子の旺太郎に対する愛情の深さに、視聴者は釘付けになっていったのでしょう」(引用:エキサイトニュース)

門脇麦と菅田将暉 トドメの接吻の反響とは⁈

  • 菅田将暉がかっこいい!山崎賢人もなんか可哀想だった!
    門脇麦も最初はあれ?って思ったけど今はいい感じ!
    最終回が早くみたいね!!!
  • さいこの神のキスは何故効力消えたのか。屋上でさいこは幸せだと言った。幸せになったから、消えたんだよね。
  • トドメの接吻次でラストかーーもっと見たかったなぁぁぁ!
  • トドメの接吻第9話切なすぎた…
  • 美尊を想うが故に狂ってしまった尊氏も、信じ続けていた兄の真実を知ってしまった美尊も、一途に旺太郎を想う宰子も、宰子が死んでしまって自分の気持ちに気付いた旺太郎もみんな切なすぎる。そして、さよならエレジーの歌詞とリンクする部分もあって、凄かった。

門脇麦 プロフィール

  • 本名 門脇 麦
  • 生年月日 1992年8月10日
  • 出生地 アメリカ ニューヨーク州
  • 身長 160 cm
  • 血液型 B型
  • 事務所 ユマニテ
  • 高校生の時に10代の宮﨑あおいや蒼井優らが出演する邦画作品を見て「私も映画に出てみたい」と高校卒業する頃に芸能事務所に履歴書を送付。高等学校を卒業後、芸能事務所に入る。
  • 2011年。テレビドラマ「美咲ナンバーワン!!」でデビュー。デビュー当初はブルーミングエージェンシーに所属。
  • 2014年。第6回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞(『愛の渦』『闇金ウシジマくん Part2』)
  • 2014年。第36回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞 (『愛の渦』『闇金ウシジマくんPart2』『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』)

菅田将暉 プロフィール

  • 生年月日 1993年2月21日
  • 出生地 日本の旗 日本・大阪府箕面市
  • 身長 176 cm
  • 血液型 A型
  • 事務所 トップコート
  • 2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出される。このコンテストがきっかけで、トップコートに所属が決定。
  • 2013年度
    第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『共喰い』)

門脇麦 これから

出演した映画『愛の渦』では初のぬれ場を経験するということで、監督からダメ出しをいただいてしまったとか…必死にお正月中もずっと練習をしていたんだとか!!声を出すのにわざわざカラオケボックスまで通って練習した門脇麦さん。

何事も「体当たり」というか、すごい演技力ですよね!!独特の雰囲気というか、若手の女優さんの中でも違った印象をもたらす特異な存在です。これからどんな役柄を演じるのか期待したいですね!!また新しい情報が入り次第記事にしていきますね!!