ビートたけしの伝説・フライデー襲撃事件などの様々なエピソードを紹介します!!

様々なバラエティ番組で活躍し、現在はお笑い界だけでなく監督としても世界から評されている大物お笑い芸人・ビートたけしさん!!そこで今回は、そんなビートたけしさんが現在までに残した伝説エピソードをいくつか紹介したいと思います!!それでは行ってみましょう!!!

ビートたけしの伝説・フライデー襲撃事件等のエピソードを紹介!

『元気が出るテレビ!!』『ひょうきん族』などの様々なバラエティ番組に出演し、現在は「世界の北野」として世界からも監督の腕が認められているお笑い界の生きる伝説・ビートたけしさん!!そんなビートたけしさんは、様々な伝説のエピソードを持たれていることをご存知でしょうか?

そこで今回はビートたけしさんの伝説エピソードを厳選し、いくつかのエピソードをいくつかに分けて紹介していきたいと思います!!紹介の前に、まずはビートたけしさんのプロフィールをのぞいてみましょう!!!

ビートたけし、若い頃のまとめ!昔はお笑いを目指していなかった?

伝説エピソードも多数!!ビートたけしのプロフィール!!

名前:ビートたけし 本名:北野武(きたの たけし)生年月日:1947年1月18日(71歳)最終学歴:明治大学理工学部機械工学科 出身地:東京都足立区島根 身長:168cm 血液型:O型 職業:お笑い芸人 事務所:T.Nゴン 妻:北野幹子(元お笑い芸人)です!!

高級車好き必見!ビートたけしの凄すぎる名車コレクション!

ビートたけしの伝説エピソードその①:フライデー襲撃事件!!

まずビートたけしさんの厳選して紹介しる伝説エピソードの一つ目は、『フライデー襲撃事件』です!!『フライデー襲撃事件』が起こったのは1986年12月の事でした。当時のビートたけしさんの愛人であった専門学生の女性の元に、「週刊誌フライデー」の記者がビートたけしさんとの関係について直撃取材を試みたそうです。

ですがその直撃時に「週刊誌フライデー」の記者がビートたけしさんの愛人であった専門学生の女性に対して、手をつかんで引っ張ったりテープレコーダーを顔に突きつけるなどの執拗な取材によって全治二週間という大怪我を負わせたのです・・・。酷いですね。

ビートたけしの伝説エピソードその①:フライデーに激怒!!

この事実を知ったビートたけしさんは激怒。ビートたけしさんは、以前から「週刊誌フライデー」に家族や愛人の写真を掲載されてしまっていた経緯もあったそうなのです。我慢の限界を超えたビートたけしさんは『大切なものを守る権利がある』とし、1986年12月に「講談社」に乗り込んだそうなのです!!

ビートたけしの伝説エピソードその①:たけし軍団が集結!!

愛人の怪我で我慢の限界に達したビートたけしさんは『フライデー襲撃事件』を起こすにあたり、たけし軍団を11人呼び寄せました。そして襲撃の直前にビートたけしさんにその意図を集まったたけし軍団11人に話し、『絶対に暴力だけは使うなよ?』と指示をしたそうです。ですが押し掛けた「講談社」側の「あぁどうぞ殴ってください。」

「これも記事にしますから。」などの挑発的な行き過ぎた言動により、たけし軍団と「講談社」の大乱闘が行われたそうなのです。現場は乱闘の中で使われた消火器などでメチャクチャだったそうで、「講談社」側の人間が助骨を骨折するなど5名の負傷者が出てしまいビートたけしさんは現行犯逮捕されたそうです。

フライデー襲撃事件には「つまみ枝豆」が外されていた!?

前述までの流れがビートたけしさんの伝説となった『フライデー襲撃事件』でしたが、この襲撃した軍団の中に「つまみ枝豆」さんがいなかったそうなのです!!たけし軍団には、井出らっきょさんや当時はそのまんま東さん等の様々な芸人が存在し、所属しているみんながビートたけしさんを親分として慕ってきました。

「つまみ枝豆」さんはその中でも、特筆してビートたけしさんを慕っていたそうなのです!!本来ならこの伝説となった『フライデー襲撃事件』には、ビートたけしさんの一大事には必ず駆け付けるはずの「つまみ枝豆」さんのはずが現場にいなかったのです。それにはある理由があったのだそうです!!

ガダルカナル・タカの相方・つまみ枝豆は何故現場にいなかった?

何故、ビートたけしさんを一番慕っていたつまみ枝豆さんは『フライデー襲撃事件』に参加しなかったのでしょうか?つまみ枝豆さんは相方のガダルカナル・タカさんに誘われてコンビを組み、芸能界デビューしました。そしてビートたけしさんとの出会いでたけし軍団に入団し、暫くはビートたけしさんの付き人をしていたそうです!!

実はつまみ枝豆さんは元々、暴走族や右翼団体「防共挺身隊」に所属していた過去があったのです。当時は仲間と共に地元の市役所に押し掛けたり、木刀を持ってソ連領事館を襲撃していて右翼時代には逮捕されて服役経験も持つたけし軍団きっての武闘派だったのです!!

ビートたけしさんが・・・

この過去を知っていたビートたけしさんはつまみ枝豆さんの気性を考慮し,あえて『フライデー襲撃事件』には呼ばなかったそうなのです!!!つまみ枝豆さんが事情を知って「講談社」に乗り込めば、ただ事では済まないことを予測しての事だったようです・・・。

そのまんま東はフライデー襲撃事件に乗り気じゃなかった!?

もはや現在では考えられない伝説を過去に作っていたビートたけしさん!!事件後暫くして、当時たけし軍団の一員であったそのまんま東さんは『フライデー襲撃事件』の当時の心境を話していました。そのまんま東さんは『当時の襲撃は僕だけ冷めていて、引いて、俯瞰で見ていました。12月と1月は芸能界の書き入れ時です。』

『その当時はレギュラー番組が10本くらいありましたね。暴力沙汰になったらエライ事じゃないですか。もう嫌でしょうがなかった。』と当時を振り返り、一人だけ「講談社」襲撃には乗り気ではなかったそうなのです。ですがそんなビートたけしさんも今や監督としても認められています。芸能界でお仕事が出来るまでに復帰できてよかったです。

ビートたけしの伝説エピソードその②:バイク事故で死にかけた?

次にビートたけしさんの厳選して紹介しる伝説エピソードの二つ目は『バイク事故』です!!1994年8月2日の午前1時40分、原付バイクで東京都新宿区の安鎮坂付近を走行していたビートたけしさんが自損事故を起こして頭部に重傷を負う怪我をしたそうなのです!!

事故後は「東京医科大学病院」に救急搬送されて一命を取り留めたものの、長期の入院などにより約半年間に渡ってテレビ出演ができなくなりました。この事故で生死を彷徨ったビートたけしさんでしたが、後遺症で顔面麻痺が残ってしまったことは退院会見が報じられた視聴者や芸能界からは衝撃の強い報道となりました。

ビートたけしの伝説!?:アウトレイジでバカヤローコノヤロー!

様々な伝説を残してきているビートたけしさん!!そんなビートたけしさんが監督を務める大人気シリーズの映画『アウトレイジ』。実はこの作品にはビートたけしさんも出演しているのですが、モノマネなどでも良く言われる『バカヤローコノヤロー』というビートたけしさんの口癖がこのシリーズ作品でも多く使われ話題になったそうです!!

全編を通じて『バカヤローコノヤロー』と口癖をいうビートたけしさん。「一体何回言ってるんだろう?」と思いませんか?調べて見たところ、映画『アウトレイジ』シリーズで『バカヤローコノヤロー』を発している回数は合計「109回」もあったようです!!この事がネット上でビートたけしの伝説として語り継がれているそうです!!

最後に

最後までご覧頂きありがとうございました!!いかがだったでしょうか?楽しく読まれて頂けたでしょうか!?あくまでも全てが真実ではなく、噂もありますので全てが事実ではりません!その辺りはご了承ください!!

ビートたけしさんの伝説エピソードに関して、新しい情報が入りましたら是非ともまた記事を追加していこうと思います!!またその時は読まれていただければ幸いです!!本当に最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!