ヒロミがテレビから消えた理由は何!?親友の死亡が理由だった!?

いまテレビでたくさん見かけるヒロミですが、実は10年間ほどテレビに出ていない期間があったんです。それはなぜでしょうか。また芸能界に復帰できた理由とは何なのでしょうか。今回はヒロミの消えた10年間に焦点を当ててお話ししていきたいと思います。

ヒロミ死亡!?テレビから消えたのはいつ頃?

ヒロミがテレビから完全に姿を消したのは2006年ごろです。ヒロミには約10年間、テレビに映っていない時期がありました。一体それはなぜなのでしょうか。また10年もの間に引退の噂も流れていたといいます。そんなヒロミはなぜ芸能界に復帰することができたのでしょうか。

ヒロミ目黒の自宅がついに完成!リフォーム後の豪邸を披露し視聴率19.9%

ヒロミのプロフィール

  • 本名は小園浩己小園(こぞの ひろみ)
  • 1965年2月13日生まれ 現在53歳
  • 東京都八王子出身
  • 血液型はA型
  • プロダクション人力車を経てビィーカンパニーに所属
  • 妻は松本伊代
  • 2児の父親で長男はタレント

最近では、息子の小園凌央さんがデビューを果たしましたが、「ブサイク」「嫌い」などとネットの一部では言われており、ヒロミさんもそれについてはコメントを残していました。画像などをまとめて記事にしています。

小園凌央はヒロミの息子だった!ブサイクや嫌いと言われる?学歴や学校まで!

ヒロミがテレビに出なくなった理由とは?

ヒロミは絶頂期には週10本のレギュラーを抱え、最高月収は6000万を超えるといわれるほど人気な時期があったのです。しかし、ある時を境にテレビに全く出演しなくなってしまいました。それはいったいなぜなのでしょうか。

その理由として、堺との関係が挙げられていました。なんでも番組の打ち上げの際にヒロミが「堺さん、最近ちょっとも面白くないんですよね。」といったことが、堺本人に伝わってしまったものだといいます。しかし本当の理由は違うことにあったのです。

ヒロミの親友が死亡していた?

ヒロミは放送作家の吉野晃章と親友だったといいます。吉野はとんねるずの木梨憲武と同級生であり、デビューしたばかりのヒロミと意気投合し相談相手として仲良くしていたそうです。ヒロミはそんな吉野を「自分を理解してくれる、頼れる親友」と言っていたようです。しかし2004年、吉野は42歳という若さで死亡しています。

ヒロミの親友の吉野晃章は白血病で死亡していた

吉野晃章を襲ったのは白血病です。ヒロミはそのことを2003年に告白されたといいます。当時ヒロミはレギュラー番組がどんどん減っているような状況でしたが、そんなことは気にせず毎日お見舞いに通ったといいます。

そしてヒロミは吉野晃章を励ますため、メンバーと相談しライブを企画しました。2004年2月に吉野晃章は外出許可を得ることができたそうです。しかしその数週間後、骨髄移植が行われましたが残念な結果となってしまいました。最後は家族や親友が見守る中、吉野晃章の延命維持装置が外されたといいます。

ヒロミの親友、吉野晃章のプロフィール

  • 1962年3月2日生まれ
  • 東京都港区出身
  • 血液型はO型
  • 日本の放送作家・脚本家として活躍
  • 2001年肺癌になり手術を実施したが、その後頸椎に転移
  • 2004年4月に白血病のため死亡

親友死亡後、芸能界復帰のきっかけは「さんまのまんま」

親友の死後、ヒロミはそのことについて、「いなくなった後は気が抜けちゃったような。全く考えられなくて、自分でもどうしようもなかった」と話しています。そしてヒロミのレギュラー番組はすべて終了し、姿を消しました。

それから数年の月日を経て、ヒロミは明石家さんまが司会する「さんまのまんま」に出演します。しかしまだ復帰するには、まだ気持ちの整理がついていないようでした。そんなヒロミを後押ししてくれたのは、SMAPの中居正弘でした。

ヒロミを支えていたのはSMAP中居だった!?

2017年4月7日、ヒロミは中居正広の「金スマ」にて消えた10年についての真相を語りました。親友の死やそれを支えてくれた人について、ヒロミは涙を流しながら語りました。そういった姿をテレビで見せるのは、ヒロミにとって珍しいことでした。

中居はヒロミがさんまのまんまに出演しているのを見て、『今見てます。もう出てもいいんじゃないですか』と電話をしたといいます。しかし当時ヒロミはそんな気は全くなかったようで反論していたようです。しかし番組内で「中居はちょこちょこ連絡くれた」と感謝の言葉を述べていました。

ヒロミがテレビから消えた時、芸能界を引退しなかった理由とは?

親友の死後、芸能界から姿を消したヒロミは、実業家としてトレーニングジムの経営を行っていたようです。しかし芸能界引退宣言はしていませんでした。その背景には、とんねるずの木梨憲武の一言が関係していました。

「そういうことは言わなくていいんだ。お前が決めることでもないから、いちいちそういうことを言うな。わざわざ言わなくていいんだよ。お前なんか好き勝手に生きてるんだから、また好き勝手生きてりゃいいんじゃん。」

ヒロミは消えた10年間何をしていたのか?

ヒロミはテレビから離れた後、毎日飽きるまで遊んでやろうと考え、様々なことに挑戦したようです。実業家やトライアスロンなど幅広いジャンルに挑戦したようでした。そしていつか、また芸能界に呼ばれる日が来る、と思っていたそうです。たくさんの人脈を持っていましたから、可能性はとても高く、実際に今こうして復帰することができています。

ヒロミは復帰後も大活躍!その理由は?

ヒロミの奥さんは芸能人の松本伊代です。ヒロミが芸能界を離れた後も、松本伊代は芸能界で活躍していました。そこで注目を集めたのが、ヒロミと松本伊代のプライベートな話です。長年の夫婦ですからたくさん結婚エピソードがあるようです。

そしてそこから、ヒロミのリフォーム術に注目が浴びせられました。今では番組「有吉ゼミ」でたくさんの家をリフォームしてきたりと、その腕前を披露しています。また24時間テレビでは本銚子駅のリフォームに取り組むなど大活躍することができているのです。

ほっこりするヒロミと松本伊代のエピソード!

ここでひとつほっこりするエピソードをご紹介します。それはヒロミの結婚生活内での話です。ヒロミには子供がいます。家の壁に落書きをしてしまうらしく、松本伊代に「新築なんだから落書きしちゃダメって注意して」といったそうです。

そしたらなんと、松本伊代は壁に「ここに落書きしちゃダメ」と書いたそうです。なんとも天然なお話ですよね。でもさすがのお二人、20年以上も連れ添った仲です。きっとこういうことも楽しく乗り越えてくることができたのです。ヒロミは中居はもちろんですが、妻の松本伊代にもたくさん支えてもらっているのです。

いがだったでしょうか?

今現在活躍しているヒロミですが、ここまで来るのに10年もの空白があったのです。親友の死はとてもつらいですよね。それを何とかたくさんの人に支えられ、無事に芸能界へと復帰することができました。きっと天国にいる吉野晃章もそのことを喜んでいることだと思います。

そしてぜひ一度、吉野晃章の作品に目を通してみてください。知っているものもいくつかあると思います。有名なところですと、「とんねるずのみなさんのおかげでした」でしょうか。ヒロミが親友とした方の作品は、もちろんとても素晴らしいです。

最後に、ヒロミが親友の死から復活できたように、死って意外と近くにあったりするんです。もしかしたら明日、大切な人が事故にあってしまうかもしれません。だけどめげずに前に進んでいってください。周りにはたくさんサポートしてくれる人がいます。ヒロミのように時間をかけてゆっくり自分らしく進んでいってください。