坂口健太郎の幼少期はイケメン?クレヨンしんちゃんみたいな子だったってホント!? エンタメ

坂口健太郎の幼少期はイケメン?クレヨンしんちゃんみたいな子だったってホント!?

現在、イケメン人気俳優として大活躍されている坂口健太郎さんですが、幼少期はいったいどのような子どもだったのでしょうか。世間では「まるでクレヨンしんちゃんみたいな子だった」なんていう噂も広まっています。真相はどうなっているのか、まとめていきます!

目次

[表示]

坂口健太郎の幼少期はクレヨンしんちゃん!?

現在は多くのドラマや映画で大活躍しており、なんとなく落ち着いた雰囲気のある坂口健太郎さんですが、幼少期は「クレヨンしんちゃんのような子だった」などと言われているのです。その噂は本当なのでしょうか。この噂についてですが、なんと坂口健太郎さん本人の口から話された内容だというのです。

坂口健太郎さんの口から話されたというのは、過去に雑誌で坂口健太郎さんが自身の幼少期について語った際に、自分で「クレヨンしんちゃんみたいな子だね」と言われていたという内容を話したということなのです。「クレヨンしんちゃん」という例えがとてもキャッチ―で可愛いことからこのことが広まっているようなのです。

坂口健太郎の幼少期のクレヨンしんちゃんエピソード!?

坂口健太郎さんは幼少期に「クレヨンしんちゃんみたいな子」と言われていたようですが、具体的にはどのようなエピソードがあるのでしょうか。たくさんあるエピソードの中には忘れ物がひどかったなんていう可愛いものがあります。このエピソードは小学生時代の頃のことだそうです。

小学生時代の坂口健太郎さんは朝、学校に行く際にお弁当もランドセルも忘れてしまったのだそうです。そして家を出てすぐに気づくわけではなく、電車に乗って座り、シートに寄り掛かった時に初めて、あるはずのランドセル等がないことに気づいたのだそうです。本人は焦ったことでしょうが、なんとも可愛らしいエピソードですね。

坂口健太郎は徒競走でもクレヨンしんちゃん!?

ランドセルを忘れてしまうことのあった坂口健太郎さんですが、徒競走の場面でもクレヨンしんちゃんのようなエピソードがあるというのです。それは保育園の頃のことだそうです。保育園では一大イベントである運動会ですが、その運動会で坂口健太郎さんはクレヨンしんちゃんのようなことをしてしまったというのです。

その内容はただ走り続けたということです。幼少期の坂口健太郎さんは徒競走で無事ゴールするまで走ることができたのですが、どうも走り足りなかったようで、ゴールしたあとにもう一周走り続けたのだそうです。これは坂口健太郎さん本人は楽しかったと思いますが、周りの大人は止めるのに必死だったことでしょう。自由な少年だったのですね。

坂口健太郎の幼少期の寝言がかわいい!?

坂口健太郎さんは幼少期からとてもよく眠る子どもだったそうです。現在、背の高いモデル体型となったのは幼少期の多くの睡眠時間が影響しているのかもしれませんね。そんなよく眠っていた幼少期の坂口健太郎さんですが、もちろん寝ている間に寝言を言うこともありました。その寝言を坂口健太郎さんのお母さんが書き留めていたそうなのです。

このエピソードも保育園の頃のことなのだそうですが、幼少期の坂口健太郎さんは寝言で「僕はお兄ちゃんじゃない。ただの男なんだ!」と言っていたのだそうです。この言葉を坂口健太郎さんは大声で言ったようで、息子のかわいい寝言をお母さんは思わず保育園のノートに書き留めてしまったようですね。

坂口健太郎はイケメンな目立ちたがりやだった!?

坂口健太郎さんは学生時代、目立ちたがりやだった側面があるのだそうです。そのように言われているのは中学校で生徒会長に就任し、高校では委員会の委員長を務めていたからなようです。たしかに、生徒会長や委員会の委員長というのは学生の中でも目立ちたい人が務める役職ではありますので納得できる理由です。

しかし、中学校で務めた生徒会長ですが、これは部活の顧問の先生からの圧力で任されてしまったようなのです。また、その部活動も担任の先生から「お前はバレー部だ」と言われたことから、特に他の部活動を見学することもなくバレー部に入部したのだそうです。坂口健太郎さんは目立ちたがりやというよりも断れない性格なのかもしれませんね。

坂口健太郎はピアノも弾けるイケメン!?

坂口健太郎さんは見た目だけでも十分イケメンなのですが、なんとピアノも弾けるということなのです。坂口健太郎さんがピアノの腕前を披露したのは舞台「かもめ」やドラマ「ごめん、愛してる」でした。もちろん本番や撮影に向けて練習できるものですので、多少弾けることに対してはそこまで驚くことはありません。

しかし、そこで披露された坂口健太郎さんのピアノの腕前が素晴らしく、素人ではなさそうだということで話題になったのです。そしてやはり素人ではなく、坂口健太郎さんは保育園の頃に2年程ピアノを習っていたようなのです。ただ、幼い頃の経験ですので、本番に向けてかなり練習したのだろうと思われます。仕事に一生懸命な姿勢が素敵ですね。

坂口健太郎は塩顔イケメン!?

坂口健太郎さんといえば、やはり塩顔イケメンという言葉が出てくるでしょう。塩顔が流行るきっかけを作ったのが坂口健太郎さんだと言っても過言ではありません。そしてかなりの塩顔であるため、韓国の血が入っているのではないか韓国で過ごしていたのではないかという噂もありますが、坂口健太郎さんは純粋な日本人で、日本の出身なのです。

坂口健太郎のプロフィール

それではここで坂口健太郎さんのプロフィールを紹介します。生年月日は1991年7月11日生まれですので、現在27歳です。もう20代後半だとは感じさせない若々しさがありますね。血液型はo型なので、幼少期の天然エピソードやおおらかな性格にも納得です。そして東京都の田無出身で、現在でも定期的に実家に帰っているそうです。

所属事務所はトライスト―ン・エンタテイメントです。芸能活動は、坂口健太郎さんが19歳の時に自身から応募した、第25回「メンズノンノモデルオーディション」に合格し、モデルとしての活動をスタートしたときからのようです。そのため、芸能活動開始はの時期は2010年ということになりますね。

坂口健太郎の家族

そんな坂口健太郎さんの家族構成はどうなっているのでしょうか。まず兄弟についてですが、坂口健太郎さんにはお姉さんが1人いるそうなのです。そのお姉さんと両親の合わせて4人家族なのだということです。そしてこの3人の中でもお母さんとお姉さん、という女性陣が坂口健太郎さんに対してはなかなか厳しいということです。

坂口健太郎さんの出演しているドラマや映画を一緒に観てもなかなか厳しい反応が返ってくるようなのですが、一緒に観るという行為に愛情が感じられますね。そして坂口健太郎さんはお姉さんのことも両親のことも尊敬しているということで、良好な家族関係がうかがえます。厳しい家庭の中でも愛のある家族に育てられたのですね。

まとめ

坂口健太郎さんの幼少期のエピソードを中心にまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。可愛らしく、どこか今の天然さを感じさせる幼い時代の坂口健太郎さんについて知っていただけたのではないかと思います。また、ピアノなど幼少期の多くの経験が現在の坂口健太郎さんの活躍につながっているような気もします。

坂口健太郎さんは現在27歳ということですので、まだまだ先の長い俳優さんです。すでに多くの雑誌やドラマ、映画で活躍されていますので、これからも演技力を磨きパワーアップされることでしょう。見た目のカッコよさだけでは終わらない、坂口健太郎さんの今後の大きな活躍に期待が高まります。