石坂浩二の離婚!再婚相手である妻とはいったい誰?子供はいるのか? エンタメ

石坂浩二の離婚!再婚相手である妻とはいったい誰?子供はいるのか?

ドラマや映画、更にはバラエティー番組でも活躍中の石坂浩二さん。長年芸能界で活躍されていますが、実は離婚経験があったことはご存知でしょうか? しかもそのお相手は大物女優さんで、離婚理由にも驚きです。一体何があったのか調べてみました。

石坂浩二さんは妻と離婚していた?!再婚相手とは?

石坂浩二さんは1971年から2000年まで女優の浅丘ルリ子さんと結婚していました。浅丘ルリ子さんは1940年生まれで中学校在学中に映画「緑はるかに」のヒロイン、ルリコ役に応募し約3000人の中から選ばれ女優デビューしました。

石坂浩二さんとは1971年に日本テレビの「2丁目3番地」で共演し結婚しました。石坂浩二さんが猛プッシュしたようです。30年の結婚生活でしたが2000年に離婚しています。そして石坂浩二さんは直ぐに再婚相手との結婚を発表しました。

石坂浩二さん妻の浅丘ルリ子との離婚原因は?

実は結婚して数年後には自分のアトリエが欲しいという石坂浩二さんの要望で別宅を設け別居生活となりました。別居生活ではありますが、これが自分達の夫婦の形と浅丘ルリ子さんは思っていました。

しかし結婚生活30年にして、石坂浩二さんから離婚を申し入れられます。その理由が、大女優である浅丘さんに実母の介護をさせるわけにはいかないということと、子供が欲しいという理由でした。

石坂浩二さん離婚した元妻との間に子供はいたのか?

石坂浩二さんと元妻である浅丘ルリ子さんとの間にお子さんはいません。結婚当初、石坂浩二さんから女優を辞めなくていいし、子供もいらいなと言われていた浅丘ルリ子さん。石坂浩二さんには女性の影も絶えなかったといいますが、そこは黙認しつつ結婚後も女優として映画にドラマに順調にキャリアを積み上げていました。

石坂浩二さんの再婚相手とは誰か?

石坂浩二さんは1988年から1996年まで劇団急旋回という劇団を主催していました。再婚相手はその劇団の元事務員で身の回りの世話をしていたといいます。一般の女性のため名前など詳細は公にされていません。

しかも浅丘ルリ子さんとの離婚した5日後には再婚を発表しています。石坂浩二さんは浅丘ルリ子さんと二人そろって開いた離婚会見で不倫を否定していました。後に浅丘ルリ子さんは恨んではいないと語っています。

石坂浩二さんと妻の年齢差は?

石坂浩二さんが再婚したのは59歳でお相手の女性は22歳年下と言われています。ですのでお相手女性の年齢は37歳です。実母の介護という理由もあったかもしれませんが、石坂浩二さんの子供が欲しいという理由からすると相手の女性の出産適齢期を考えてのことかも知れませんね。

石坂浩二さん再婚相手との間に子供はいるのか?

そんな再婚相手との間にお子さんはいません。石坂浩二さんと再婚相手の女性で不妊治療に挑んだという噂もありましたが定かではありません。子供が欲しいという理由で離婚した石坂浩二さんでしたが、結局子供を授かることが出来なかったわけです。ご本人はどういった気持ちなのでしょうね。

石坂浩二さんは加賀まりこと浅丘ルリ子を二股していたの?

石坂浩二さんは浅丘ルリ子さんと結婚する前に加賀まりこさんと交際していたと言われています。同棲生活であったとも言われています。浅丘ルリ子さんさんが加賀まりこさんから石坂浩二さんを略奪したのか?と思いましたが事実は違うようです。

もともと浅丘ルリ子さんと加賀まりこさんは友人関係だったそうです。そして加賀さんは石坂浩二さんと別れた後に、浅丘さんと石坂さんがドラマで共演。加賀さんが石坂さんと浅丘さんのデートの橋渡しをしたそうです。

石坂浩二さんの若い頃って?プロフィールや趣味など

プロフィール

石坂浩二さんは1941年東京生まれ田園調布で育ち、慶応義塾大学法学部を卒業しています。高校時代にドラマのエキストラでデビューし、演出家の浅利慶太に誘われて劇団四季に入団しています。演出部に所属して演出助手として浅利慶太さんのサポートをされていました。

芸名の由来

石坂浩二という名前は芸名です。本名を武藤兵吉といい、かつて大橋巨泉が「へいちゃん」と呼んでいたのは本名だったというわけです。しばらくは本名で活動していたそうですが、TBSプロデューサーの石井ふく子さんに芸名をつけるように薦められ、石井ふく子の「石」と作家の石坂洋次郎と俳優の鶴田浩二から取ったと言われています。

絵画やプラモデル

開運なんでも鑑定団へ出演されていたこともあり絵画や芸術品に対して薀蓄もあることで有名ですが、絵も描かれる石坂浩二さん。ご自身で展覧会を開催されるほどです。他にも異種格闘技の広告ポスターを制作されたこともあります。同じ異種格闘技の際にはアントニオ猪木さんのリングガウンもデザインしたそうです。

また共演した女優の友人でもあった山岡久乃さんが亡くなった際には、山岡さんが入居する予定だった有料老人ホームに山岡さんの肖像画を描いて贈ったという逸話も残されています。他にもプラモデルを愛好している石坂浩二さん。「日本プラモデル工業協同組合」の特別顧問を務めています。

石坂浩二さんの数々の出演作品

ドラマありがとう

TBS系で1970年から1975年まで放送されたテレビドラマです。第1シリーズから第3シリーズまで製作され、特に第2シリーズの視聴率56.3%は民法ドラマの史上最高の視聴率を樹立した国民的ドラマでした。石坂浩二さんは全てのシリーズに出演されており、水前寺清子演じる主人公の相手役として重要な役を演じていました。

開運!なんでも鑑定団

役者以外でもバラエティー番組でも活躍される石原浩二さん。開運なんでも鑑定団は1994年からTXN系列で現在でも放送されている鑑定バラエティー番組番組です。石坂さんはスタートの1994年から2016年3月まで出演しました。最初に一緒に司会をした島田紳助さんをして石坂さんなしに番組は成功しなかったと言われています。

水戸黄門

日本の国民的時代劇では第29部から第30部まで水戸光圀として出演されました。史実に忠実な水戸黄門を目指し、これまでの顎髭をなくしたり、白髪の割合を減らしたりと伝統的な作品の中で石坂さんらしい革新的な水戸黄門となりました。

金田一耕助シリーズ

数々の映画にも出演されてる石坂浩二さんですが、特に市川崑監督の金田一耕助はシリーズ化されて6本製作されています。なかでも犬神家の一族は1976年に上映され、30年後の2006年にも同じ監督と主演のコンビで再映画化されるほどでした。

石坂浩二、元カノと元妻との共演?まとめ

テレビ朝日系列で2017年に放送されたドラマ「やすらぎの郷」は石坂浩二さんが主演されました。その中で離婚された浅丘ルリ子さんと1986年の映画「鹿鳴館」以来31年ぶりの共演となりました。また元恋人である加賀まり子さんとも共演されました。

「やすらぎの郷」はお昼のドラマで元芸能界で活躍された方だけが入居できるという有料老人ホームの設定で、倉本聰さんが脚本を担当されました。3人の共演も話題となり2019年4月からは続編が放送されることが決定されています。

年齢を重ねて益々のご活躍を続ける石坂浩二さんです。離婚理由に驚きますが、その別れた妻とも、更には別れた彼女とも一緒に共演出来るとは流石の大物俳優と言えるのではないでしょうか。これからも活躍が楽しみな石坂浩二さんでした。