稲垣吾郎がドラマ撮影終了で感無量!フジテレビでも「ほん怖」で再出発へ!

ジャニーズ事務所を独立して以降、TVの出演が少なくなった元SMAPの稲垣吾郎さんですが、フジテレビ「ほんとにあった怖い話 ー夏の特別編2018ー」にて出演し、話題になりましたね。そもそも稲垣さんが民放TV出演する事はどのような意味を持っているのでしょう?

稲垣吾郎は使いたい俳優?ドラマに引っ張りだこになる理由

「色」がついてないのが決め手

現在、使いたい俳優として現在注目を集めている稲垣さん。その事を「意外だ」思う方も多いのではないでしょうか?というのもSMAPメンバーの時は控え目の印象だった稲垣さんは、「SMAPとしての仕事がなければ脱退後は危うい」と思われていたからです。

しかし稲垣さんは、他のメンバーと違って「色」がついていない…というのが良かったとの事。脱退を機に積極的になったと言われる稲垣さんは「実力派」「注目度抜群」「色がついていない」といった好条件により、制作側の多くは「使いたい俳優」だと認識しているのだとか。

過去に好演した悪役も良い味に

よく木村拓哉さんの演技はいつも「キムタク」だと言われていますが、前述したように稲垣さんは良い意味で「色」に染まっていません。温和な人柄の稲垣さんが過去に映画「十三人の刺客」で魅せた悪役は、天晴の一言に尽きます。悪役をも見事に演じ切る稲垣さんの演技力は折り紙付きで、その面においても注目されているのです。

稲垣吾郎、映画「ばるぼら」に主演決定!あの巨匠からもオファーが!

稲垣吾郎がドラマ撮了で男泣きをしていた!

重いプレッシャーに耐えていた日々

再出発をはかる稲垣さんですが、2019年公開の映画「ばるぼら」の撮影を終了した時に挨拶をお願いされた所、何と男泣きをするという一幕があったそうです。ジャニーズ事務所を退所してから、のびのびと仕事をしている様に見えていた稲垣さんですが、やはり相当な不安や重圧があった様ですね。

異様とも思えるほどのジャニーズへの忖度を目の当たりにしてからか、周囲にも「重圧が辛い」とこぼしていた事もあったそうで、稲垣さんが泣くのを初めて見たというスタッフたちは相当驚いたのだとか。相当の覚悟とやる気で挑んだ「ばるぼら」。どんな稲垣さんが見れるのか、今から公開が楽しみですね。

元SMAP香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の所属事務所CULENとは?!

再出発した彼らが直面した忖度の壁。ドラマなど番組出演が激減。

不自然に終わったレギュラー番組

ジャニーズ事務所を去った彼らには、民放各局の「忖度」という壁にぶち当たっていたのは有名な話ですね。ジャニーズ事務所を退所してから半年の間に、彼らが持っていた3つのレギュラー番組が、あれよあれよと言う間に打ち切りになってしまったのです。

具体的にあげると『SmaSTATION!!』『おじゃMAP!!』『「ぷっ」すま』。特に『SmaSTATION!!』と『「ぷっ」すま』に至っては、それぞれ17年・20年と長寿番組だった為に、その打ち切りを受けて「忖度・圧力」と囁かれた程、不自然な終わり方だったと言えます。

不自然なほどにカットされた表彰式

また、忖度の壁は報道番組にまで立ち塞がります。2017年「今年最も輝いた男」に稲垣さんら3人が受賞するも、フジテレビと日テレはその様子やインタビューを一切流さず、他の受賞者だけをフィーチャーした形で報道していました。まるで「あの3人は最初からいなかった」と言わんばかりの様子でした。

報道直後、この2局は大炎上。確かに関心が高いはずの3人が丸々カットされたのですから、怒るのも無理はないですよね。「スッキリ」においても、3人をスルーする形で報道していましたが、南海キャンディーズの山里さんが独断で3人について言及。その時に初めて事実を知った加藤浩次さんも「何だよそれ」と怒りを露わにした一幕がありました。

稲垣吾郎がフジテレビ「ほん怖」に出演で再出発!

稲垣さんが、フジテレビ系特番「ほんとにあった怖い話 ー夏の特別編2018ー」に出演したことが、視聴者の間で話題になりました。ご存知のとおり、ジャニーズ事務所を退所して以来、民放の地上波TVへの出演が極端に減った稲垣さんら「新しい地図」のメンバーですが、今回の出演で少なからず業界に衝撃が走ったようです。

このニュースはファンにとって、かなりの朗報だったのではないでしょうか?ここ1年の「新しい地図」の3人はTV出演よりもどちらかと言うと、WEB番組だったり雑誌での露出の方が多く、ファンの方々もかなり歯がゆい想いをした事でしょう。

少しずつ評価が上がってきているフジテレビのドラマ

ここ数年、視聴率に悩まされ続けていたフジテレビはドラマにおいて少しずつですが再評価されつつあります。フジテレビとしてもこの勢いを逃したくないでしょう。民放のドラマで稲垣さんらが活躍する姿を是非、再び見てみたいですね。

稲垣吾郎やフジテレビにとって、再出発するチャンスとなる?

ジャニーズ事務所へ忖度をすればするほど視聴者からバッシングを受ける事態となっており、各民放局は頭を悩ませている事でしょう。もし、稲垣さんの「ほん怖」出演がきっかけでフジテレビが新しい稲垣さんらの起用に積極的になった時、それは彼らだけでなく視聴率が低迷しているフジテレビにとっても再出発のチャンスになるかもしれません。

独立から早1年…稲垣吾郎らの仕事が急増

ジャニーズ事務所だけではなく、どうやら事務所から独立した後の1年は仕事を自重するという暗黙のルールが存在するそうで、独立してからの1年は、稲垣さんらはネット中心に展開するなど、TVにおいて目立った活動はありませんでした。しかし、退所後1年経過を目前に、待ってましたと言わんばかりに仕事が急増しているそうです。

稲垣さんに至ってはTV出演の他、舞台や映画出演も控えていて、需要は高まる一方です。加えて、現在は露骨な圧力や忖度に視聴者は敏感になり、ジャニーズ事務所や各民放局は厳しい目にさらされていて、いわば「追い風」となっています。

この追い風を、SMAP時代の敏腕マネージャー飯島氏が逃すとは考えにくいです。ジャニーズ退所後1年が経過した暁には、様々な魅力的なコンテンツを引っ提げて、TV業界に舞い戻ってくるのでは…と期待せずにはいられません。

稲垣吾郎らはTV番組の出演は少ないが、意外にTVに出ている?

さて、これまでに何度も「忖度」や「TV出演が激減」と言ってきましたが、「割と3人をTVで見ている気がする」と思いませんか?実は稲垣さんらはCMへの出演が多くあるのです。ジャニーズの影響力も圧力も、広告クライアントにとっては全く関係ないという事ですね。

2018年夏現在で、稲垣さん・香取さん・草彅さんのCM出演は「サントリービール」「ロトナンバーズ」「スカルプD」「伊右衛門」「ファミリーマート」などなど、その他多くのCMに出演しているためTVで良くみかけるんですね。この現象にはファンも少なからず安堵しているのではないでしょうか。

稲垣吾郎の代表作といえば?

演技力に定評がある稲垣さんですが、そんな彼の代表作は何でしょうか?これまでに様々なドラマに出演した稲垣さんでしたが、映画「十三人の刺客」においては、屈折した魅力がぴったりだと太鼓判を押された暴君・松平斉韶役で助演男優賞を受賞したほどの名演技を見せました。

他にも金田一耕助シリーズなど、代表作と言えるドラマは実にたくさんあります。幅広い役を演じ、高評価を受けている稲垣さん。今後どのような作品に出て、どのような演技を見せてくれるのか、楽しみですね。

稲垣吾郎は、再出発後も彼らとの共演も望んでいる

喧嘩別れした訳では決してない

「ちゃんと話し合った上での脱退で、喧嘩した訳でもなく今でも絆はある」と言い切った稲垣さん。そんな稲垣さんは、いつかまた元メンバーと地上波で共演できる事を望んでいるそうです。現在ジャニーズへの忖度が当然の様にまかり通っていますが、稲垣さんの願いがいつか実現して欲しいですね。