尾崎豊と斉藤由貴が別れた理由は?結婚秒読みだった?フライデーの不倫報道は? エンタメ

尾崎豊と斉藤由貴が別れた理由は?結婚秒読みだった?フライデーの不倫報道は?

つい最近も例の「パンツ不倫」で騒動になった斉藤由貴さんですが、実は不倫の女王でもあり、若い頃は尾崎豊さんとの不倫関係が報じられた時期もありました。尾崎豊さんと斉藤由貴さんの不倫報道と別れた理由について掘り下げていきます。不倫芸能人の情報もあるかも?

ホントに不倫してた!尾崎豊と斉藤由貴の報道と別れた理由

今でもワイドショーでは「不倫の女王」として報じられることもある斉藤由貴さん。あの尾崎豊さんとの不倫報道についてはっきりと記憶している方も多いのではないでしょうか。尾崎豊さんと斉藤由貴さんの不倫報道のきっかけと別れた理由、尾崎豊さんにまつわる若干ダーティな疑惑についてまとめてみました。

フライデーにばっちり!尾崎豊と斉藤由貴の不倫のきっかけ

尾崎豊さんと斉藤由貴さんの不倫のきっかけは、ある雑誌での対談企画だったようです。当時はお互いにヒット曲をもつミュージシャンだったふたり。音楽的なリスペクトから異性としての情愛につながっていったのは自然なことなのかもしれません。ただ、尾崎さんにはすでに繁美さんという奥さんがいたため、斉藤さんとは不倫の関係になりました。

別れた理由は覚醒剤?斉藤由貴も知らない尾崎豊の闇

「10代のカリスマ」として絶対的な人気を誇っていた尾崎豊さんですが、いろいろとダーティな噂も多く、過去には覚醒剤所持の容疑で逮捕された時期もありました。斉藤由貴さんもすべてを知ったうえで尾崎豊さんに惹かれたわけですからまさに覚悟の不倫ですが、結果的にはふたりは結ばれず、永遠に別れることになってしまいます。

刑務所でもラブコール?尾崎豊と斉藤由貴の深い絆

一時は略奪愛の噂も流れた尾崎豊さんと斉藤由貴さんですが、最終的には尾崎さんのほうから一方的に別れを告げたようです。別れの理由としては覚醒剤による逮捕歴や不倫そのものの重み、繁美さんへの配慮などいろいろな事情がからんでいるようですが、ふたりの間に「死」というかたちで別れが訪れるとは、神様も残酷ですよね。

現在も不倫の女王!斉藤由貴だけじゃないフライデーの標的

いつの時代も、大物芸能人の不倫は週刊誌やワイドショーの恰好のごちそうです。ただ、本当に大切なのは不倫報道の後始末であり、騒動後にうまく立ちまわることができれば斉藤由貴さんのように女優生命に傷がつかず、むしろ潔い印象を与えることができます。斉藤由貴さんのように不倫報道後も第一線で活躍中の芸能人についてまとめました。

斉藤由貴とも共演?渡辺謙

年下女性との不倫が騒がれた渡辺謙さん。騒動後は南果歩さんと離婚し、娘の杏さんともギクシャクしたようですが、仕事そのものにはそれほど影響がなく、2018年の大河ドラマでも重要な役どころを演じたりと、不倫報道をむしろバネにするかのように精力的に活動しています。損したのは南果歩さんだけだったりして?

斉藤由貴もタイプ?桂文枝

「桂三枝」時代からの長い不倫関係を週刊誌で報じられた桂文枝さん。さすがは上方落語界の重鎮、不倫騒動の渦中にあってもどっしりとしたもので、不倫報道もいつの間にか下火になっていきました。文枝さんといい、三遊亭円楽さんといい、落語界の重鎮はやっぱり色気があってモテるのでしょうか。

斉藤由貴の同志?ベッキー

ここ数年の不倫報道で破格のネームバリューともいえるのがベッキーと川谷絵音さんのゲス不倫でしょう。うっかりLINEを流出させてしまうあたりは脇が甘いと言わざるを得ませんが、騒動後の復活劇は見事というしかなく、ベッキーの底力を感じさせます。ベッキーさんこそ「2代目・不倫の女王」になるべき逸材かもしれません。

まさに明暗!不倫報道の損得は何が違う?

世間的に見れば不倫はまだまだグレーゾーンの領域ですが、不倫をしたからといってすべての芸能人が芸能生命を絶たれるわけではありません。不倫をして損する芸能人と得をする芸能人では、一体どこがどう違うのでしょうか。不倫報道を何とか無事に乗り切ったあの「オフホワイト芸人」は果たしてどちらなのでしょう?

宮迫といえば昨夏、『週刊文春』でモデル・小山ひかる(26)と30代の美容系ライターA子さんと都内の高級ホテルで密会を重ねていたと報じられた。それから1年、また夜遊びを開始したようだ。所属事務所によれば「この日は男性が3人、女性が1人集まって食事をしただけで、合コンではありません。宮迫はこの店のカレーが好きで、よく訪れているようです」と語るが、芸人仲間は言う。「宮迫さんと松田さんはMBSのラジオ番組で共演しながらも、プライベートでも仲が良く飲み仲間なんです。よくふたりで飲んでいるところやその後輩芸人らを集めて飲んでいるのも見かけますよ。宮迫さんは1年前の不倫疑惑騒動で女の子との飲み会は控えていたそうですが、最近は合コンを再開したようです」

(引用:ライブドアニュース)

不倫してもカッコイイ!尾崎豊の名曲まとめ

不倫報道や覚醒剤疑惑など、若干ダーティな噂がつきまとう尾崎豊さんですが、ちょっぴりアウトローな部分が垣間見えるからこそカリスマでいられるという面もあるのでしょう。尾崎豊さんが遺した数々のヒット曲の中から、時代を超えて歌い継いでほしい名曲を独断と偏見でまとめてみました。

尾崎豊といえばこれ!十五の夜

「盗んだバイクで走りだす~」というサビのフレーズが印象的な「十五の夜」。バイクを盗んでしまうのはもちろん犯罪ですが、そういうちょっとした不良っぽさを歌詞に取り込み、大人たちへの反抗心をストレートに表現したところに尾崎豊さんの凄みがあります。30代以上の方はこの曲がカラオケの定番かも?

尾崎豊らしい!卒業

十五の夜と同じく、大人たちの理不尽な支配からのがれようともがく若者の繊細さを歌詞に込めた「卒業」。バイクを盗み、夜の校舎の窓ガラスを壊してまわるというのはなかなかの不良ですが、ストレートな歌詞にひそかに共感した優等生たちもきっと多かったはずです。斉藤由貴さんにも同じタイトルのヒット曲がありますが、偶然でしょうか?

尾崎豊の繊細さがわかる!僕が僕であるために

「僕が僕であるために勝ちつづけなきゃならない」。直球すぎる歌詞と口ずさみやすいメロディで人気の「僕が僕であるために」。「十五の夜」、「卒業」のようにシンプルに大人たちへの苛立ちや不信感を表すのではなく、自分とは何なのか、これからどういう風に生きていくべきなのかを自分自身に問いかける内容になっています。

フライデーとは無縁?尾崎豊の息子もデビュー!

若者たちのカリスマと言われながら、26歳という若さで惜しまれつつ亡くなった尾崎豊さん。残念ながら尾崎豊さんの新曲を聴くことはもうできませんが、そのエッセンスと遺志は息子である尾崎裕哉さんに受け継がれ、若い世代を熱狂させています。慶應大学出身ということで、歌詞にも知性が感じられますね。

18日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、故尾崎豊さんの息子でシンガーソングライターの尾崎裕哉が、父親との違いを明かした。番組では、裕哉がゲストで登場し、最新曲「Glory Days」を披露した。歌唱前のスタジオトークで、裕哉は「基本的に尖ったタイプではない」と、豊さんとの違いを語る。ハリセンボン・近藤春菜が「盗んだバイクで走ろうとか…」と、豊さんの代表曲である「15の夜」にかけて尋ねると、裕哉は「磨く方ですね」と回答。「15の夜」には、「盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま」という歌詞がある。加藤浩次も「校舎のガラスを割ったことは?」と、これまた豊さんの曲「卒業」の一節を持ち出すと、裕哉も「ないですね。それも磨いています」と返し笑いを誘っていた。

(引用:ライブドアニュース)

不倫は真実だった!尾崎豊と斉藤由貴が別れた理由はタイミング?

尾崎豊さんと斉藤由貴さんの不倫は、当時ふたりとも第一線で活躍していたこともあってフライデーをはじめ、あちこちの媒体で報じられました。尾崎豊さんがもしも今でも御存命だったなら、斉藤由貴さんと結ばれていた可能性もあったかも……?