オカリナの驚くべき経歴!看護師から芸人を志したきっかけとは? エンタメ

オカリナの驚くべき経歴!看護師から芸人を志したきっかけとは?

今や人気お笑い芸人となった「おかずクラブ」のオカリナさん。実は芸人活動をされる前に看護師として働いていた経歴をお持ちであることはご存知でしょうか。この記事ではそんな異色の経歴を持つオカリナさんについて、経歴や家族・彼氏のこともご紹介します。

オカリナの前職は看護師!?意外な経歴!

オカリナさんは今大ブレイク中のお笑いコンビ「おかずクラブ」でゆいPさんと一緒に活動している芸人です。ブス可愛いキャラクターとして定着していますよね。人柄の良さから好感度も比較的高いですが、番組「世界の果てまで行ってQ」では宇宙人扱いされることも。ブス可愛い芸人さんといえば山崎ケイさんも同じことが言われます。

そんなオカリナさんは、吉本興業の養成所に入る前には病院で看護師をされていたというのです!驚きの経歴の持ち主ですが、看護師といえば患者さんや医者を助けるやりがいのあるお仕事。何故看護師から一転、お笑い芸人を目指したのでしょうか?調査をしてみると、オカリナさんの優しい性格と苦悩が見えてきました。

オカリナが看護師を目指したきっかけは、祖母の死

オカリナさんが看護師になりたいと思ったきっかけは、彼女が中学生の時祖母が脳梗塞で亡くなったことだそうです。ある朝リビングに行くと、祖母が床で倒れており、その横でオカリナさんの母親が必死に呼び掛けていたとか。この状況を見たオカリナさんは「人って死ぬんだな」とやけに冷静に思ったらしく、このことは今でも覚えているそうです。

この体験からオカリナさんは「目の前の家族を助けたい」という思いに突き動かされ、医療に携わりたいと考えるようになったのでした。ただ医療といっても、当時のオカリナさんは医者になるのは学力的に無理そうだと思う傍ら、「頑張れば看護師にならなれるかもしれない」と考えたそうです。

オカリナにとって何もかもが辛かった高校と看護学校時代

上記の考えから自分の意志で看護学校に入学したオカリナさん。高校も日南学園高校の看護科で、その後に看護系の専門学校に入学しました。しかし、入ってすぐに後悔するほど辛いことばかりだったそうです。外出する時は制服着用が義務だったり、帰省するのに申請が必要だったりと、厳しい決まりがあったことが伺えます。

また、元々人見知りで他人に興味を持つことが苦手だったというオカリナさん。教員から「看護師に向いていない」と言われたこともあったそうです。その時は憤ったそうですが、実際看護師として働いてみると、言われた言葉の意味を痛感したそうです。

クラスで一人だけ看護師の国試に落ちたオカリナ

専門学校に入って二年後、オカリナさんは国家試験を受験しました。合格率は9割を超える試験のようで、オカリナさん自身も上位三分の一に入る成績だったので大丈夫だろうと思って試験に臨んだようですが、クラスでたった一人だけ不合格になってしまいました。

このことに関してオカリナさんは驚きと共に人生で一番惨めな思いをしたと振り返っています。しかし、「看護師に向いていない」と言った教員は、自分の看護師に対する甘さを見抜いていたのかもしれないと後に感じたようです。

卒業後は准看護師として東京の病院に勤務

国試に落ちてしまったオカリナさんですが、高校三年生の時点で准看護師の資格は取得していたそうです。それを生かして内定をもらっていた東京の病院に4年間勤務しています。新人だった頃は患者さんに治療のサポートをすることはできなかったそうです。

病院では当時仲良くなった患者さんもおり、その方が亡くなった時は人目をはばからず号泣したこともあったようです。先輩からはたしなめられたそうですが、オカリナさんの優しさを感じることができますね。

自発的に頑張るきっかけになったオカリナの国試浪人時代

オカリナさんは一年後の国試には必ず受かろうと自分にプレッシャーをかけて勉強したようです。「受かるまで実家には帰らない」と決めて予備校の講習を受けたり、友人からノートを借りたりするなど、惜しみない努力をしていたそうです。

その甲斐あって、オカリナさんは二度目の試験には無事合格することができました。その時は上記の准看護師として東京で働いていた時期だったので、働きながら勉強を続けていたのですね。素晴らしい努力です。

オカリナが芸人になりたいと思ったきっかけは看護師として働く前

オカリナさんは看護師として働いた後に突然お笑い芸人に心機一転したわけではないようです。高校時代の数少ない楽しかった思い出として「友達に見せてもらったM-1グランプリ」をあげています。

当時は高校二年生だったオカリナさんですが、「病院奨学金を返したら、芸人になる」と心に決めた出来事だったそうです。後に奨学金が免除になると共にオカリナさんは病院を辞め、お金を貯金して吉本興業の養成所に入ったのでした。

両親に看護師から芸人になったことは内緒にしていた

吉本の養成所に入っていた時は両親に反対されると思って芸人を目指していることは言わなかったそうです。当時は飲食店で働いていると言っておいていたとか。実際アルバイトしていたので嘘ではなかったようですね。

両親に知らせたのは一年後のことだったそうで、売れない時期もあったためずっと心配されていたようです。宮崎県はチャンネルも少なく、テレビに出始めても見てもらえなかったとか。全国ネットにオカリナさんが出演している現在は漸く安心されているようです。

オカリナにとって芸人になっても看護師時代は無駄ではなかった

オカリナさんは自ら「看護師は自分には向いていない」と仰っていますが、医療技術を学べたことは決して無駄ではなかったようです。命に直結することなので、芸人の仕事をしていても生かせる機会はあるそうです。

突然倒れるタレントさんや関係者の方はいらっしゃるようで、医者や看護師はいないかというテレビのような状況は本当に起こるとか。オカリナさんは患者さんにそっと寄り添っていたこともあったそうです。

オカリナの妹が可愛いと話題に

看護師から一転お笑い芸人に転換したオカリナさんですが、売れると共に妹さんが可愛いと話題になっています。同じく宮崎県出身であるとろサーモンの久保田和靖さんが故郷でロケを行っていたところ、偶然オカリナさんの妹さんと遭遇したのがきっかけです。

オカリナさんは「世界の果てまで行ってQ!」という番組で「富士山に登山した際、登山スピードが違いすぎて妹と喧嘩になった」と語っています。その際「オカリナって妹がいたんだ」と盛り上がったそうですが、いつか姉妹で共演する日も来るのでしょうか。

オカリナの彼氏・関根耕平さんとの今

24時間テレビ「深夜の朝まで生しゃべくり」でオカリナさんは一般人の関根耕平さんとお見合いをしています。この方はオカリナさんの彼氏ということになっていますが、どうやらこの関係は番組の中だけのようです。

番組の一か月後、オカリナさんは自分の年齢と同じだけ彼氏がいないと述べており、関根さんとのことはなかったことになっています。残念ながら、どうやらこの関係はおろか番組そのものが茶番のようですね。

オカリナの本名は?プロフィールをご紹介

  • 芸名:オカリナ(おかずクラブ)
  • 本名:稲生 真季(いなお まき)
  • 生年月日:1984年9月28日
  • 出身:宮崎県西都市

オカリナという名前は芸名なのはわかるのですが、本名はあまり知られていませんよね。調べてみると、本名は稲生真季さんというそうです。オカリナという芸名にもインパクトがありますが、本名は女性らしい素敵なお名前ですね。

まとめ・看護師から芸人へ…オカリナの人柄が感じられる経歴

現在お笑い芸人「おかずクラブ」として大ブレイク中のオカリナさんですが、かつては看護師を目指していたという意外な経歴の持ち主でした。しかし、患者さんへの優しい思いやりや冷静な自己分析等、オカリナさんの素顔が透けて見えるエピソードが満載でした。

妹さんの話題や関根耕平さんとの話題もありますし、また何かわかることがあるかもしれません。これからももしかしたらオカリナさんの看護師の経験が生かされる時がまた来るかもしれませんし、活躍から目が離せませんね。